小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カムカムの今までの経緯

20070917010656.jpg


いつか今までのこと時系列に表にまとめようと思いながら
なかなかできないので、ザっと並べてみます。
また落ち着いたら本館にでもちゃんとした表で作ろうと思ってるので、
とりあえず簡易版。

20070917010704.jpg


■2002月5月頃(あくまで推定)
 カムカム誕生☆

■02年 不明
 大阪のとあるペットショップにやってくる。
        ↓
 カムカム、どこぞの誰かさんに飼われていく。
        ↓
 が、しかし!!噛み癖が酷い為、ペットショップに返品される。
        ↓
 ペットショップのスタッフにより、噛み癖矯正奮闘。
        ↓
 が、噛み癖治らず、あまりに噛んでばっかりなので
 ショップの中で「カムカム」と命名される。
        ↓
 返品当初よりは、噛み癖が少しマシになったものの
 それでもかなり噛むらしく、負傷者続出。
        ↓
 ショップで飼い主さん探しを始める。

20070917010717.jpg


■02年10月
 ショップで働いてた友達から、私の元に「フェレット飼えない?」との連絡が入る。
        ↓
 ぶっちゃけると、私は犬が飼いたかったので、フェレット飼える人をあたってみることに。
        ↓
 当時の彼(今でいう元相方さん)が、一人暮らしを始めたところで
 寂しいからペット飼いたいという理由で食いつく。
        ↓
 フェレットの情報収集(飼い方など)を私もお手伝いしながら勉強する。

20070917010737.jpg


■02年11月某日
 ペットショップへそのフェレットを見に行く。
        ↓
 生カムカムにご対面。カムカムの生い立ち(返品の話)を聞き、
 この子を幸せにしてあげたいと思う。が、実際に飼うのは彼という予定だったので
 そのお手伝いをしようと思った。
        ↓
 カムカムを連れて帰ることに。
        ↓
 彼と相談したトコロ、飼育する上で私の方が適してるんじゃないか?
(職場環境とか、残業ないとか、仕事に慣れてるとか)
 とのことになり、私が飼うことになる。
        

20070917010746.jpg


■02年11月 お迎え翌日
 覚悟はしていたが、あまりの噛み癖に自信がなくなる。(コレ初めて書くかも…)
        ↓
 ショップのスタッフだった友達が、心配して急遽バイト終わって家に来てくれる。
        ↓
 噛まれないようにする方法をレクチャーしてもらう。
        ↓
 ぎこちないながら、噛まれまくってなんとか触れるようになる。


*その後暫くの間、毎日カムカムに手を噛まれまくりボロボロの傷だらけの手で生活をしていました。


20070917010759.jpg


■02年12月
 カムカムの噛み癖、ちょっとはマシになる。

         ↓
 以降、カムカムとのラブい生活ーーーーーー♪

*お迎え後に気づいたことですがカムちゃん、舌がザックリ切れていて
 病院で確認してもらったら、どうもうちに来る前に鋭利なもので
 ザックリ切ったようなカンジってことでした。
 傷口も完全にふさがっていて、食事など生活には全く支障はありませんが、
 前の飼い主さんのところでケージに閉じ込められるなどでストレスから
 ケージを噛みまくって、その際にザックリ切れたのではないか??
 とのことで、推測でしかないんですが、なんかその時のカムカムのキモチを考えると
 本当に可哀相でたまりません。カム、辛かったね…。
 

20070917010823.jpg


■04年8月 カムカム2歳3ヶ月(推定)
 腎臓の数値が正常値内であるものの、若干高めになる。
         ↓
 今から腎臓治療始めると進行を遅らせることができるとのことで、
 療法食(ヒルズのk/d)に切り替え。
 定期的な通院で、腎臓関係の値のチェックを開始する。
 オヤツもこの時点からほぼ禁止。

         ↓
 その後、ガクンと下がったり、また上がったりを繰り返す。
 BUN34から治療開始、18に下がったり40に上がったり。

20070917010843.jpg


■06年7月 カムカム4歳2ヶ月(推定)
 体調崩し始める。療法食を一切受け付けなくなる。が、BUNは21で正常値内。
 慢性的な下痢が始まる。
        
■06年8月 カムカム4歳3ヶ月(推定)
 下痢の症状が全く改善されない。でも元気はある。
 尻尾の毛が薄くなってくる。副腎腫瘍の可能性があるが、腎臓が悪いので
 手術の選択肢が取れない。

20070917010904.jpg


■06年10月 カムカム4歳5ヶ月(推定)
 元気がない(ほとんど寝てる、放牧中も5分もしたらグッタリ)。
 体重減少。900gに(普段は1.2~1.5キロ)
 慢性的な下痢は相変わらず続く。
 尻尾の毛が薄くなる、毛がパサパサになる、毛が黄色くなる。
 GPT:307
 ALP:211
 BUN:49.4

 慢性的な下痢は肝臓から来ているようなカンジで、
 肝臓治療始まる。順番に原因を探っていくことになる。

 腎臓の療法食、ヒルズのk/dを全く受け付けないので、
 ウォルサムの腎臓サポートに変更。(サンプルの時は食べた)

          ↓
 下痢の症状が多少改善される。

20070917010918.jpg


■06年11月 カムカム4歳6ヶ月(推定)
 変更した療法食(ウォルサム)も全く食べなくなる。
 体重、一度1.1キロに戻るがすぐに900gに落ちる。
 肝臓の値が悪くなり、腎臓の数値も50台に。

 GPT:747
 ALP:373
 BUN:50.2

 腎臓に負担を掛けるのを覚悟で、麻酔をして検査を行うか、
 推定でステロイドを使うかの究極の選択を迫られる。
 ステロイドを使うと、今後抗がん剤が必要な際、効かなくなるデメリットがある。

 結果、ステロイドのお薬をイチかバチかで試すことに。

            ↓

 ステロイドの効果が出る。体重も戻り、元気が出てくる。

 GPT:285
 ALP:186
 BUN:54.4

 この状況を見ると、肝炎だった可能性が高く、ステロイドを採用した
 決断が吉と出て、喜ぶ。
 ステロイドと肝臓のお薬は今後も続行。

            ↓
 その後も好調。元気が出てきた。
 GPT:145
 ALP:135
 BUN:26.5
 
 全て正常値内に戻り大喜び♪

 
20070917010932.jpg


■06年12月 カムカム4歳7ヶ月(推定)

 フードを全く受け付けなくなった。体重減少850gへ。
 お水も全く飲まなくなる。


 肝臓・腎臓関係の値が、1週間で元(異常値)に戻る。

 GPT:270
 ALP:156
 BUN:54.7

 結論から言って、ステロイドの効果が出なかったということ。
 リンパ腫の可能性が出てきたが、ステロイドを使ってしまった為、
 抗がん剤が効かなくなってしまう。
 更に抗がん剤を使用するには、検査で確実に断定されないといけないそうで、
 結局腎臓に負担を掛けて検査をしないといけないそうで、
 前回の選択(ステロイドを使ったこと)が悔やまれる。
 検査もできない為(というか、腎臓に負担掛けて検査する選択は取りたくなかった)、
 成す術がないと言われるが、この状況でも頑張って1年くらい
 持つ子もいるそうで、頑張りましょうとのことデシタ。

 強制給餌開始。ステロイドの量を増やす。

 会社を休職して、カムカムの看病にあたる。
     
           ↓

 相変わらず肝臓関係は改善されず。腎臓の値が下がる。
 GPT:273
 ALP:188
 BUN:37.1

*この辺、06年の闘病記を見てもらえれば、色々書いてます。
 かなり精神的にボロボロだった時期。

20070917010944.jpg


■07年1月 カムカム4歳8ヶ月(推定)

 ステロイドの量を増やしたことで、落ち着く。
 元気も戻り、体重も戻ってきた。療法食は相変わらず食べない。
 この状態を見てると、どうやらリンパ腫ではなかったカンジ。
 肝炎っぽいので(あくまで推定で治療を行ってるので)
 ステロイドの選択が間違いではなかったと再び確信。
           ↓
 が、しかし!!胸部から腹部にかけての異様な脱毛。

 肝臓関係は高めであるものの、大幅に上がることなくなんとか落ち着いてます。
 腎臓の値は50台でした。

 GPT:290
 ALP:205
 BUN:52.5
 
 脱毛の件は、副腎腫瘍の可能性が極めて高いが、腎臓が悪いので
 手術の選択肢は取れない。

 体重は1.3キロまで戻る。ブラボー!!

20070917010955.jpg


■07年2月 カムカム4歳9ヶ月(推定)

 相変わらず軟便~普通の便を繰り返す。
 元気は元気。フードもよく食べるが、療法食は全くダメ。
 脱毛は日に日に進行中。

 GPT:380
 ALP:239
 BUN:22.7

 肝臓関係はまた再び上昇。腎臓の数値は下がったけど、
 上がり下がりの変動がある時点で、悪くなってるってことで、
 多分またすぐに上がるから喜んでる場合ではないそう。

 肝臓は今の薬では改善が見られないので、種類を変えて対応することになる。


■07年3月 カムカム4歳10ヶ月(推定)
 体重が950gまで落ちるが、ササミ&食いつきの良いフード&強制給餌で
 1.1キロまで戻す。
 元気もいっぱい、便も普通の便に戻る、脱毛は進行中。
 
 GPT:369
 ALP:204
 BUN:32.5


■07年4月 カムカム4歳11ヶ月(推定)
 脱毛はかなり進行中。

 GPT:336
 ALP:138
 BUN:36.7

■07年5月 カムカム5歳(推定)
 脱毛はかなり進行中。ホルモン剤の注射は秋頃から検討の方向で。

 GPT:326
 ALP:173
 BUN:19.1


■07年6月 カムカム5歳1ヶ月(推定)
 脱毛はかなり進行中。

 GPT:360
 ALP:226
 BUN:48.4

20070917011008.jpg



■07年7月 カムカム5歳2ヶ月(推定)
 異変を感じて(意識朦朧、後足が立たない、宙をみつめる)病院へ。
 インスリノーマと診断される。

 GPT:234
 ALP:191
 BUN:28.1
 GLU:54


■07年8月 カムカム5歳3ヶ月(推定)
 重度の発作が頻発して起きるが、病院に行く時は元気で
 先生に発作の状況を確認してもらえない。

           ↓
 8/10近所でフェレットさんの応急処置ができる病院を探す為、
 蘭丸が第二で使ってた病院へ相談へ行く。
 待ち時間に重度の発作が起きる。先生に確認してもらう。
 重度の発作と判断される
 この時の検査の結果でGLUが16まで下がってて、発作の状況から見て末期だと告げられる。


 GPT:216
 ALP:244
 BUN:29.8


 静脈注射ができる先生で、フェレットの応急処置で使える病院を確保。

 選択肢は2つ。家で最期まで看てあげるか、入院させて点滴つなぎっぱなしで
 延命処置を行うか。

           ↓
 お盆休みに入った為、家で看てあげたいとつきっきりで看病開始。
     
           ↓
 重度の発作が連発(1日に2~3回連続、処置に1時間~1時間半かかる)
        
           ↓
 8/12近所の病院にて半日入院でカムカムの体力を回復させてから主治医の元へ。      

           ↓
 8/12カムカムを病院に預けて主治医に報告に行く。
 ここまで来たら、最後のチャンスに賭けて手術をして1年でも
 生き延ばしてあげれる可能性にかけるのも手かも…とのことで
 今まで取れなかった手術の選択肢が追加される。
 腎臓が悪い為、かなり危険な手術になるので、術中に亡くなることも
 覚悟してくださいとのこと。
 手術は成功しても、インスリよりも腎臓の方が手遅れになる可能性が
 高いといわれる。
 あくまで私の意志に任せるとのこと。
 肝臓・腎臓の数値が今のところ落ち着いてて、やるなら今しかない!と
 悩んでる時間もなかった為、翌日には決断を迫られる。

           ↓
 8/13 カムカムの回復を待って、手術の決断を下す。
      半日入院が良かったのか、ビックリするくらい元気になってた。

           ↓
 8/13 急遽緊急手術で夜10時から手術実施。
 

           ↓
      夜中12時半に手術終了。カムカム無事に手術を乗り越える。報告を受ける。
      インスリの親玉らしいシコリは取れたが、膵臓の一部がかなり
      進行していて手の施し用がなかったとのこと。
      副腎腫瘍は左側でかなりの大きさに膨れ上がっていたとのこと。
      今まで手術した中で一番大きかったそう。
      術中もかなり濃いブドウ糖を流し込んだが、術後のGLU(血糖値)はそれでも35.
      これでどこまで改善されるかは分からないとのこと。

           ↓
 8/14~ 朝2時間・夜3時間の面会を続ける。
       血糖値は残念ながら更に下がる結果になってしまい28.
       手の施し用のなかった部分が影響していて、期待していた効果は得られなかった結果に。

           ↓
 8/17  状況によって1度退院。退院前の検査で血糖値が87にまで
        上がってここへ来て、奇跡的な回復を遂げる。
       私も先生も大喜びーーーーー♪
       カムカムを迎えに行く。

           ↓

 8/19~ お盆休みが明けて、仕事が始まり通常の生活に戻る。
       お昼休み、3時の10分休憩でカムカムの様子を確認する毎日。



           ↓

 8/26  こん睡状態の発作再び。
       GLU:31
       BUN:42
       87まで上がった血糖値が、31と元に戻る。
        こんなに早く元に戻ると思わなくて、愕然とする。
      
       カムカム抜糸。
       フードを食べなくなってきたので、ササミと強制給餌開始。


 8/29  フード全く食べなくなる。強制給餌も苦痛に歪んだ顔を見るのが辛くて、
       カムカムが自分から食べてくれるお肉を与えることにする。
       ササミ+牛赤身+レバー+たまに卵黄+免疫サポートを続けることに。
       これだと嬉しそうに食べてくれて空腹時を凌げてよいカンジ。

       1日でも長く生き延ばす考え方を止めて、カムカムに少しでも
        幸せな時間を与えてあげたいとの方向で、お肉を与えることにする。
       これからも強制給餌などの嫌がることは一切止めることに。
       極力カムカムに苦痛を与えない方法を採用していくことを決める。



       病理検査の結果が出る。
       膵臓はインスリノーマで確定。副腎腫瘍は良性でした。
       現在の状況を見てると、進行して手の施し用がなかった部分もインスリノーマっぽい予感がする。
            
             ↓
       お肉に変えてからモリモリ嬉しそうに食べてくれて、低血糖の発作なども起きず落ち着く。



 9/3   通院日。      
       GLU:26
       BUN:88.1
       GPT:517
     ALP:287

       血糖値も20台に戻っただけでなく、肝臓関係の数値も上昇。
      恐れていたBUNが80台まで上がり、腎臓が急激に悪くなる。手術の負担が表れてきた模様。
      インスリもさることながら、このままでは腎臓の方が手遅れになりそうな勢いなので、これから毎日点滴に通うことに。


*9/3~ 12日連続点滴実施。点滴とステロイドの筋注を毎日。


 9/4 点滴2回目 いつもの病院行き。帰りの車の中で発作が起きる。
     何気にこの日、蘭丸の肝臓も悪くなってカムカムと並行して
     蘭丸の肝臓治療も再開することになり、結構大変なことに。


 9/5 点滴3回目 いつもの病院行き。

       GLU:87
       BUN:66
       PCV:29

     血糖値が上がって喜ぶ。BUNは前回から下がったものの、
     やはりこのままでは腎臓の方が手遅れになりそうな勢いなので
     点滴は止めれないことに。
    

 9/6 点滴4回目 近所の病院行き。


 9/7 点滴5回目 いつもの病院行き。

*ちょっと調子が良いので、久しぶりに3匹で遊ばせてあげることに。
 今まで安静令が出てたので、放牧は一切させてなかったけど
 様子みながら少しだけさせることに。発作なども起きず少しなら大丈夫なことが分かる。


 9/8 点滴6回目 いつもの病院行き。

     体重は1.2キロで維持できてます。
     BUNがまた80台に戻ったので点滴は止めれないことに。
       BUN:83.3


 9/9 点滴7回目 近所の病院行き。


 9/10 点滴8回目 近所の病院行き。


 9/11 点滴9回目 いつもの病院行き。急遽入院。

       PCV:42%
TP :96
       GLU:127
       BUN:101.6

     血糖値が127とかなり良いカンジになったけど、
     BUNがとうとう100超えてしまう。
     100超えたら、一度入院させて下げれないかカムカムに
     頑張ってもらおうと思ってたので、急遽入院へ。
     急に決まったので、入院準備ができず、一度家に帰って
     カムカムの食事(肉類しか食べれないので)を用意して病院へ。
     夜から翌日の夜まで静脈から点滴を開始。


 9/12 点滴10回目 カムカムの面会。BUNが下がって退院。

     静脈からの注射は、カムカムが自分で抜いてしまった為、
     骨髄からの点滴になりました。

       GLU:83
       BUN:46.9

     カムカム頑張ってくれて、なんとBUNが40台に改善される!!
     翌日、休診日で面会にいけないので、家に連れて帰ることに。
     カムカム退院♪おめでとう!!!

     *しかし、退院後から急にグッタリして体調が崩れる。



 9/13 退院翌日、朝から昏睡状態になっていて会社を抜けて近所の病院へ。
     点滴してもらうつもりが、先生の好意により半日入院で
     仕事中カムカムを預かってくれるとのことで、急遽半日入院へ。
     点滴11回目。お迎え時にはちょっとマシになる。
     夜はまた大分とグッタリしている。
  
    *どうも、前日の骨髄からの点滴が負担だったと思われる。


 9/14 前日にミルクを大量に飲ませてしまい下痢してしまう。
     点滴12回目 いつもの病院行き。

       GLU:140
       BUN:52.3

     血糖値はかなり安定中。BUNも上がることなく落ち着く。
     下痢止めの薬を出してもらう。
     下痢になった為、お肉禁止令が出て、強制給餌に戻す。
     今までフード全く食べなかったのに、なぜか急に食べ出す。
     コーヒーミルですり潰したフードに水分多めの流動食作りを開始。
     私の手からだとバクバク食べてくれるようになる。


 9/16 点滴13回目 いつもの病院行き。


 9/17 カムカムなんと自分からフード(ふやかし)を食べる!


 9/18 点滴14回目 いつもの病院行き。体重が1.3キロに増える!


 9/21 点滴15回目 いつもの病院行き。


       PCV:38%
TP :8.6
       GLU:120
       BUN:69.5
GOT:214
       GPT:1000
       ALP:312
       CRE:1.1

     血糖値は120と安定しているものの、またBUNが高め。
     更に今度は肝臓(GPT)が過去最高の1000を超えてしまいガックシ。

     点滴が2日に1回に戻る。ステロイドで肝臓が悪くなっていると
     考えられる為、ステロイドの筋注を中止。
     投薬のステロイドの量も減らして2日に1回で対応することに。


 9/21 点滴16回目 近所の病院行き。


 9/22 昏睡状態の低血糖の発作が再び起こる。
    ステロイドの量を減らしたことがモロに身体に表れる。
     処置(改善されるまで)に1時間半くらいかかる。
     手術前の重度の発作が起きていた状態に戻ってしまう。
     病院に電話⇒ステロイドを毎日に戻す。発作後すぐに飲ませる。


 9/23 点滴17回目 いつもの病院行き。

       GLU:40台
       GPT:500台

     ステロイドを減らしたことが血糖値に表れ、あんだけ安定してたのが
     この何日かで40台に下がる。
     その代わり、ステロイドを減らしたことによってGPTが
     1000⇒500へと確実に効果が出てる。

     *カムカムの場合、どちらかを改善しようと思えば、もう一方が
      改善されない為、どうしようもないとのこと。
      様子みながら血糖値と肝臓の改善を検討することに。
      ステロイドの投薬は毎日に戻る。
      家に帰ってまた発作が起こる。今の量のステロイドでは
      対応できていない模様。


 9/24 点滴18回目 いつもの病院行き。
     診察中に軽度の発作が起きて、処置をしてもらう。


 9/25 点滴19回目 近所の病院行き。


 9/26 点滴20回目 近所の病院行き。

*これ以降の内容は、順次追加していきます。



テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/17(月) 03:10:46|
  2. カムカム*プロフィール

15日の観察日記

20070917002554.jpg


15日は3連休突入の1日目。
もちろん、この3連休はカムカムについててあげるって
決めてたので、予定入れてませんでした。
この日、夕方にキラを連れてドッグランには行ったナァー。

20070917002606.jpg


というわけで、昨日の通院で点滴を2日に1回にしてみましょうかって
言われてたので(ただし、水分補給こまめにする条件つきで)
調子が悪くならないとイイナーって、
こまめに水分補給頑張ってみました。

20070917002619.jpg


やっぱりもう自分からは一切水を飲まないの…。
お水を口に近づけても絶対に「イヤイヤ」ってする。
だだっこカムちゃんめ!!!

20070917002635.jpg


シリンジでの水分補給ももちろんだけど、
昨日からふやかしフード、私の手から食べてくれるようになったので
(強制給餌もできるだけ頑張ってまっするヨ)
たまに、水分を大目にして、一緒に水分補給できないかも
企んでたりする。

20070917002646.jpg


やっぱりーーー!!!フードなんでかよく食べてくれるようになった。
今までのアレは一体何だったんだろう…。

20070917002655.jpg


だから、結構良い状態を保ててます。良かったー!!カム♪
便も下痢が治って、すごい良い便してくれてるー。
お肉の時は、やっぱり黒っぽくて軟便気味みたいな便だったから
なんかすごい嬉しいーーー!!

20070917002706.jpg


15日はね、結構意識がある時間が長くて
(今まで、目は開いててもボーっとしんどそうなのが多かった)
なかなか動く元気もあるようでした。
寝てる時も、すごいキモチ良さそうにスヤスヤ寝てたよ♪

20070917002715.jpg


なんか良いカンジに復活してきたみたいー。
というわけで、15日は点滴止めることにしました。
一応1日あけていいよって言われてたけど、心配だったら
点滴行こうと思ってたんだけど、15日のカムカムを見てると
大丈夫そうー♪って思えたので。

20070917002726.jpg


本当に穏やかに過ごせました。
でもBUNに関しては、今までも元気そうに見えて、
調子良い!って思ってた時でも数値が高かったので、
今どういう状態なのかは分からないんだけど…
でも表面上はすごくよくなったカンジスルンダケドナ。
表情も明るくなったように思えるし。

20070917002738.jpg


カムカムは本当に良く頑張ってくれてると思います。
本当に強い子!!!!
近所のフェレ飼いの先輩さんに
「カムカムくんは、生きることに対してすごく強い気持ちを持ってるんだよ」って言われた。
うん、私もそう思える。
カムカムーー♪頑張ろうネ。

20070917002748.jpg


カムカムに出会えて、本当に本当に幸せデス。
カムちゃん、本当にアリガトウ♪
これからも一緒に頑張ろうネ

  1. 2007/09/17(月) 00:41:08|
  2. 観察日記

あゆみ☆はまさき

去年のアユのアリーナツアーで買った
私のお宝タオルを、カムちゃんにあげました。
カムカムだから、あ☆げ☆る♪
だから元気になってーーーーーーーーー!!!

↓↓↓ [あゆみ☆はまさき]の続きを読む
  1. 2007/09/17(月) 00:25:01|
  2. カム写真

14日のカムカムⅡ

君 を 知 っ た そ の 日 か ら

僕 の 地 獄 に 音 楽 は 絶 え な い


↓↓↓ [14日のカムカムⅡ]の続きを読む
  1. 2007/09/17(月) 00:19:09|
  2. カム写真

14日のカムカム

一万年と二千年前からカムカムを愛してるううううぅぅぅぅ♪

一億と二千年あともカムカムを愛してるううううぅぅぅぅ♪

↓↓↓14日のカムカム写真たち。


[14日のカムカム]の続きを読む
  1. 2007/09/15(土) 23:39:57|
  2. カム写真

14日夜~強制給餌復活

20070915231006.jpg


というわけで、久々に強制給餌を復活することになったので
封印していたコーヒーミルを引っ張りだしてきました。
フード潰すのにコーヒーミル使ってます。
久しぶりの登場。後ろにキラくんとポロンちゃんが写ってました。
よし!!コーヒーミルちゃん、カムカムの為に頑張ってやってよ!!

ところが、この後大事件勃発!!!
なんか久しぶりに使ったら調子悪くて、
ボタン押しても開始されんくて、イライラしてフタを自分で抑えて
無理矢理スイッチ入れたら、ふたごと吹っ飛んで
フードが部屋中にばら撒かれました。イヤーーーー!止めてーー!!
一目散に蘭丸とキラがフードにつられて飛んできて、
必死でサークルに閉じ込めて(だって、蘭丸肝臓治療中だから、
フェレットフードなんてダメすぎる!!!)
必死に掃除して、大変ムダな時間を費やしましたよ、ハイ。

20070915231024.jpg


ちょっと息抜き。カムカムを心配してるコナンくんッスヨ。

20070915231040.jpg


というわけで、完了でっするー♪よし、準備完了!!!

20070915231131.jpg


いくぜ!!カムちゃん!!!準備はいいか??

20070915231141.jpg


とりあえず、シリンジで入れる準備する前に
カムカムの前に置いてみる。完全に無視…ガックリ。

20070915231150.jpg


と思ってると、ちょっと興味を持ってくれた。
よし!!手からだったら食べてくれそう。久しぶりのフードで新鮮じゃない?

20070915231159.jpg


ギャーーーーーーーーー!!食べた!!!!!!!

20070915231207.jpg


強制給餌させるまでもなく、自分から食べた!!(ただし、私が手であげた時のみ)

20070915231214.jpg


ちょっと、いや、かなり嬉しい。
どうしたん!?カムカムーーーーーー!!やっぱりフード新鮮にかんじる?
下痢を治すためにも、お肉は中断して今はフード食べようネ!!!

20070915231224.jpg


ちょっとこの調子だと、なかなかスムーズにいけそうかも!?うふふ♪

20070915231234.jpg


ビックリすることに、思った以上に食べる!すごい!嬉しいーー

20070915231242.jpg


でも、こうなると…今までお肉で頑張ってたのは一体何だったの?と思う。
でも確かにあの時は、フード関係一切食べなかったのに。
もちろん、強制給餌だって本当に嫌がってた。

20070915231251.jpg


この短期間でカムカムに何が起きたのかな?
単にやっぱり嗜好の変化かな…。

20070915231302.jpg


というわけで、なかなか良いカンジ!!これからも頑張ろうネ!!

20070915231310.jpg


残った分は、強制給餌で食べさせました。
あれ?あれれ?やっぱり強制給餌も上手に食べてくれる。
やっぱり私のやり方は以前から何も変わってないし、
カムが食べてくれるようになったってことなんだけど。

とりあえず頑張ろうーーーー!!!!
ちなみに!!!下痢は14日の夜の段階で無事に
普通の便に戻りました♪良かったー
でも念の為、下痢止めのお薬は5日続けますー


  1. 2007/09/15(土) 23:26:12|
  2. 食事関係

点滴12日目(14日の通院内容)

20070915221011.jpg


というわけで、1泊入院の後から体調悪いカムカムを早く
いつもの病院に連れて行きたくて、仕事終わって急いで病院へ。
12日の退院後から13日のこと、半日入院したこと、
詳しく説明して、診察を受けました。

20070915221033.jpg


あのね、これいつも書いてると思うんだけど、
カムカム、なんでかいつもの病院に行くとソコソコ元気になって
ヒョコヒョコ動いたりしてるんだよね…。
だから先生も「あれ?でも見た感じ元気そうやんね」っていつも言う。
で、そのたびに「家ではこんなんじゃないんですー!!」っていつも説明してる。
もー…カムちゃん…。なして!?
なんとなく、その理由が思い当たることがあって…
それはまた後でジックリと。とりあえず診察内容ね。

20070915221044.jpg


とりあえず、言われてた通り血液検査することになりました。
100超えてしまってたBUNが一泊入院で40台まで下がったけど、
それでも腎臓がかなり悪くなってると1日やそこらで
すぐにまた元に戻るからって言われてたので、今日の結果にかかってました。
どうかーーーーーーーーー!!!ちょっとでも低い状態でお願い!!って祈ってました。

20070915221056.jpg


検査結果待ってて、診察室呼ばれたんだけど、
先生がいつもに比べて、深刻そうな顔してなかったので
(なんか最近先生の表情で、結果が良かったのか悪かったかわかるようになってきた…)
ちょっとコレはもしや!!良かった??って期待してたら

良かったーーーーーーーーーー!!!!

20070915221107.jpg



BUN:52.3
GLU:140


やったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!
もうちょっとこれだけで、なんか幸せになった♪うっひょ。
ちなみに、良かった良かったっていってもBUNが50台は
別に普通に考えると決して良いワケではないんですけどね。
正常値は超えてますけど…それでも、こないだの100に比べたら
50でも半分になったし!!良かったよかった!!なのだ♪

GLUも、140!!ありえないーー♪
今まで20台~30台(最低16)で苦しんでたカムカム…。
ここ最近ずっと良い数値を保ててます!!

仕事終わってまったくご飯食べてなかったので、
免疫サポートだけ飲ませてから病院来たん。
だからそのせいもあると思うんだけど、それでも高い数値を保ててるのは
本当に嬉しい限りです。やっほーーーーーー!!

やっぱりアレかな…。インスリ(低血糖)の件は、そこそこ落ち着いてきたので
それよりも今は腎臓に的を絞った方がいいかもしれないと思った。

20070915221115.jpg


先生も「うーん、数値見るとかなり良い方向に向かってるけどね」って。
やっぱり骨髄からの点滴などで、負担が掛かってたんでしょうか?とか
色々気になることを聞いてきました。
だってもしそれが負担なんだったら、これからの対応も考えなきゃいけないし。
でもこうやって良い結果が出たことは(検査の結果的にね)
入院させてでも頑張ってもらってよかったと思う。
ただ、これを今後も何度もカムカムに続けてもらうことになった場合(今後ね)
本当にそこまでするのが正しいのか?とも思ったりする。
またそれでグッタリするような状態にさせてしまうんであれば、
その選択は取らないほうがいいかな?とも。
とりあえず、今は落ち着いてるので、その件に関しては
またそうなった時に、カムカムの状態を見て検討したいと思います。
とりあえず今日も点滴とステロイドの注射を打ってもらいました。

20070915221124.jpg


下痢についてですが、とりえず当分ミルク関係は与えないこと…で、
下痢止めの薬5日分出してもらうことになりました。
肝臓のお薬は今も続いてるので、今日からお薬2種になります。
ステロイドは今のところずっと注射で入れてもらってるので
このまま当分お休みです。

下痢は、人間と一緒で結局下痢することでお腹の調子が良くなくて
食欲もなくなるってことでした。
今はとにかく下痢を治すことを最優先にしましょうって。
だからミルク禁止なので、お水はシリンジでこまめに注入してあげてって。
最低1日70ミリ?CC??だそうです。
仕事があると時間が限られるんだけど、明日から3連休なので
この休みの間は、こまめに水分補給しようと思います。

で、もうひとつ。下痢してるので、お肉止めて
1回普通のフードに戻してあげてって。
もうずっと強制給餌するのが嫌で(カムカムが嫌がることをしたくなくて)
だからあえて中断して、もう8月末からずっとお肉で対応してきたんだけど、
やっぱり下痢してる状態では、無理してでも強制給餌で
フードを与えてあげてって指示が出たので、
ちょっとまたカムカムに負担掛けるけど、心を鬼にして暫く頑張ろうと決意しました。

でもさーーーーーーーーー!!ちょっとありえん事態が起こる!!!

あんまりにもカムカムの強制給餌の時の反抗が酷いので、
(だから私、苦痛に歪むカムカムの顔みたくなくて、止めることにしてたのに)
先生が、1回試してみるってことになってね…。
強制給餌の用意してくれて、見本見せるって。
今までも何度も見本は見せてもらったことあるけど、とりあえず
カムカムがどんだけ嫌がるかを確認したいってことで。

そんじゃらさーーーーーーーーー!!
もうビックリすることに、カムカム!!!
なんやえらい、先生にやったらされるがままなんですけど(汗
先生も「あれ?カムカムくん、上手に食べれるね」って。
いやいやいやいやいやいや・・・・

ちょっと待ってよ!!!カムちゃん!!!
アンタ!いつもそんな態度じゃないやん!!!
私の時は、そんな大人しくないやろ!!!!
何猫かぶって大人しくしてるんよ!!!!!!


先生もなんやら、えらい調子抜けしとった。
「ちょ!!!いつもこんなんじゃないんですよ!!」って
めっちゃ必死に弁解してました。
ちょっと、私おおかみ少年みたいやんかぁーーー!!!

別に先生のやり方と、私のやり方にそこまで差があるようにも
思えんかったし。私も同じようにやってましたヨ、今まで。
私もめっちゃ口の奥の奥までシリンジ突っ込んでましたよ。
なんでーーーーーーーーーー!?

私なりに考えられる原因は2つ。
まず1つ…。
最近、肉類食いつき悪くなってきてたので、久しぶりのフードが
新鮮だったのかもしれない…ということ。
インスリノーマになってから、やっぱりコロコロ嗜好の変化を繰り返してて
お肉を食べなくなってきたから、今度は肉⇒フードに好みが変わったのかな?

もう1つ…これ本当だったら、カムカムは相当賢いと思う。
さっきも書いたけど、カムカムね、ここの病院に来ると
急に元気になるんよね。で、先生は「カムカムくん、いつも病院来たら元気やね」って。
これってさ、もしかして…

病院でグッタリしてる(体調悪いのがバレル)⇒痛いことされる、もしくはママと離れ離れにされる…
ってことを分かってるんちゃうかー!?って。
私の妄想??でも、なんかそうと思える行動が多くてね。

以前のインスリノーマの重度の発作の時もね、
ずっとここの病院では絶対に発作おきなかったんよ。
だからずっと先生に酷い発作が起きてるって、その症状そのものを確認してもらえなくて
で、近所の応急処置してもらった病院(カムカムにとっては、初めて行った病院)では
重度の発作が起こって、確認してもらえたんだけど。
あれって、カムカムが初めて行った病院やったから、病院ってわからなくて
油断して発作になったんちゃうか?とか。
いつもの病院に来るときは、必死に元気を装ってたんちゃうか?って。

そうやって、カムカムなりに病気を隠そうとしてるんちゃう?って。
はい、私の妄想です。
でもさー。今日の強制給餌にしても、何よ!?コレ!?って話なんよね。
今まで私が散々苦戦してきたことをなんで、病院だったら
こんなにされるがままになって、大人しくしてんのよ?って。
あれちゃうん?ここで強制給餌拒んで、ゴハン食べないって判断されて
また入院ってなるのが嫌やったんちゃうかーって。
だからカムカム、「あかん!ここはちゃんとゴハン食べれるところ見せとかな、
また入院させられる。痛いことされる」って分かったんちゃうかー!!!

って、思わざるを得ません。だって、ありえない。
まるで別人…カムちゃん。

まぁそんなこんなで、また強制給餌復活することになったので、
これからがんばりまっせ!!とりあえず下痢を治すことを最優先で。

お薬出してもらって帰りました。
点滴は今回始めて、1日空けてみましょうってことで。
検査の結果もそこそこ良かったので。
ただ、水分補給をしっかりすること、強制給餌をこまめにすること…
という条件つきで。水飲めなかったり、体調悪ければ
明日も点滴来てくださいってことで。

20070915225632.jpg


↑下痢止めのお薬5日分と強制給餌用のシリンジもらってきました。

次回の通院は日曜日です。

本日の費用(領収書が2枚に分かれてました)

再診:700円
採血:500円
生化学2項目:1000円
注射2本:2000円
消費税:210円

合計:4400円

内服:720円(下痢止め5日分)
消費税:36円
合計:750円

トータル:5150円でした。

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/15(土) 22:57:17|
  2. 通院(点滴)

14日 朝~夕方まで

20070915214040.jpg


昨日の夜から下痢をしてたので、ミルクで水分補給は
もう絶対にできないと思ったので、代わりに何かお水飲んでくれる
方法を模索してたんだけど…。

こないだいつもの病院に行った時に、採血を院長先生じゃない先生が
やってくれてた時に「水飲んでくれません」って相談してたら
「お肉茹でる時の煮汁をお水に混ぜてみるとかも、試してみる価値ありかも」
みたいなことをおっしゃってたので、
とりあえずそれで試してみようと…。
今日の仕事中の水分補給はこれで凌げないかなー?と。
珍しがって飲んでくれないかな??と期待してみたり。
ゴハンはいつもどおり、お肉です。でも微妙に肉の食いつきが
ものっそ悪くて…。1泊入院から帰ってきてから…ネ。

20070915214113.jpg


ちょっと写真は昨日の夜の分だと思います。
なんか記憶があやふやで…いつのか正確に覚えてない。
お肉はね、私が一切れづつ口に入れてあげるとちょっと
食べてくれるんだけど、容器に入れておいておくと
一切口をつけないようなカンジです。

20070915214122.jpg


今日はいつもの病院やってるので、元から点滴と検査に来てねって
言われてたので、そのつもりだったんだけど、
それでもここ最近様子がおかしいので、仕事中がすっごく不安で。
なんとか頑張って欲しいなーと思いながら
朝から水分補給(シリンジ使用)と、お肉を食べさせて出勤。

20070915214130.jpg


昨日の夜から、オシッコはいっぱいしてるカンジだったけど
(点滴してたしね)やっぱりちゃんとした便が出てないので
(あんまり食べれてないから、便も出ないだろうし)
まだ下痢が続いてるのか確認はできなかったんだけど、
あんまり食欲ないってことは、やっぱり便の調子も良くないんだと思う。

20070915214140.jpg


お昼休み、カムカムまぁそこそこ落ち着いてる。
グッタリも昨日ほどではない。
でも生気がない表情は相変わらず。
今日から期待して試してみた、『煮汁入りの水』も
全く口をつけてくれてなかった。
仕方ないので、お昼もまた水分補給。
でもこの程度じゃ、たかがしれてるんじゃない??って思う。
どうやったらお水飲んでくれるんだろう…
お水飲んでくれないことには、腎臓が悪くなる一方だよ、カムちゃん。

20070915214200.jpg


3時の10分休み帰りたかったけど、最近ずっと言ってるように
私の仕事が追われすぎてて、不可能でした。
カム頑張れー!ってひたすら祈るしかない。

20070915214209.jpg


仕事終わって、今日は一刻も早く病院へ行きたかったので
蘭丸たちのお散歩待ってもらって、すぐに病院へ行く。

通院内容(今日で、なんだかんだと点滴12日目に突入)へ続く。

  1. 2007/09/15(土) 22:07:27|
  2. 食事関係

13日の夜

20070915211700.jpg


カムカム半日入院から帰ってきてからの夜のこと。
家に帰った段階では、まぁ元気はなかったけど
朝ほどのグッタリはなくて、そこそこ意識があったカンジ。

20070915211716.jpg


なんかね、今まで検査の結果あんまり良くなかった時期でも
カムカム自身はここまでしんどそうなカンジじゃなかったので
私の方もそこそこ安心してたんだけど、
ここ最近(1泊入院後~夜~朝~半日入院後)は、本当に見るからに
すんごくしんどそうなカンジで、
なんかこのまま亡くなってもおかしくないんじゃないか?って
くらい、すごいなんかビクビクした。

20070915211745.jpg


いつも不安は不安だけど、それでも別に会社に行ったりすることに
そこまで不安じゃなかったけど、この時は
なんでかは分からないけど、蘭丸の散歩に行くちょっとの時間でも
躊躇してしまうくらい。
別に低血糖の発作が起きてるとか、そういう具体的な症状はないんだけど、
怖いくらい嫌な予感がして、気持ち悪かった。
でも蘭丸たちの散歩さぼるわけにもいかんくて、
すごい気になりながら、散歩に行った。

20070915211835.jpg


家帰ってきてもカムカムやっぱりグッタリしてて、
いつもみたいに、自分からもなかなかお肉も食べてくれんで。
ちょっとづつあげたら食べてくれるけど、
やっぱり1泊入院終わったあたりから、なんか変。
ゴハン食べてくれないので、免疫サポートでなんとか凌ぐ。
そのグッタリしてた時のカムカム。
これもある意味、昏睡状態に近い!?ってくらい微動だにしなかった。

心配してたトイレの件ですが、結局蘭丸たちの散歩帰ってきても
全然トイレしてなくて、心配になった。
もしかして、本当に腎臓がもう働いてないとか!?って不安になる。
でも1泊入院後のBUNは40台まで下がってたのに、
この1日の間でカムカムに一体何があったというんだ!?

でもその後、カムカムがグッタリしてた謎が解けました。
カムカムがトイレに行く体勢になったので
「ヤッターーーーーー!!」って見てたら、
まっ黄色の水状の下痢をしてた…。ガーン…
やっぱり、病院で飲ませてもらってたミルクがダメだったのか…と思う。
ちょっと量が多かったから、嫌な予感はしてたけど。
ばっちり下痢してしまった。

多分、それもしんどかった原因なんだろうなって。
でもミルクは今日の話なので、一泊入院の後のグッタリには
全然関係ないと思う。一泊入院の後のグッタリは
やっぱり骨髄からの点滴と、環境が変わったストレスかなーとも思う。

実は、今日の病院でミルクがぶがぶ飲んでるのを見てて、
今からは腎臓だけの改善に的を絞るとすれば
(最近、インスリノーマ=低血糖の件は、そこそこ安定してきたから、
 今度はそっちよりも腎臓の方が先に限界に達してしまいそうな勢いだからね)
ミルク溶いたものでも、水分補給になるのであれば
これからも様子みて、ミルク使っていこうと思ってたん。
もうとにかく水だけは絶対に自分から飲まないし、私が
シリンジで水分補給させてるけど、やっぱりそれも
仕事中とかはできないし、限界があるから…
仕事中は、ちょっとこの病院で貰ってきたミルクと
1回試してみようと思ってたんだけど…。

とりあえず、下痢してしまったのでまず目の前の問題はそれだ…。
今までも、下痢になるとゴハン食べなくなってたから
明日から心配だなー…と。
なんか一難去ってまた一難な状態で13日が過ぎました。

カムカム!!頑張れ!!!


  1. 2007/09/15(土) 21:37:41|
  2. 入院・手術

13日半日入院 お迎え

20070915204130.jpg


記録、13日まで戻って書きます。
えぇっと。3個下の記事↓13日昏睡状態⇒急遽半日入院の続き。

カムカムを預けて、会社に戻ってそこから宣言どおりに
お昼休み返上して仕事してました。
やっぱりね、カムカムを家に残してきて心配しながら仕事してるのと
病院で見ててもらって仕事してるのとでは、
私の気持ちの上での負担が全く違う。
会社終わったらすぐにお迎え行くからねーーーーー!!!!って思いながら
モクモクと仕事してました。
お迎えも、ちょっとでも早く会社終わったら飛んで行きたかったから
病院にカムカム預けた後、車のままで会社戻ったんです。
私、家⇔会社、原付で2分の距離なんで車通勤なんてありえない!!
んだけど、今日はどうしても!!お☆ね☆が☆い♪ってことで。
あとで、上司に「すいません、車で直接戻ってきたんです、すみません」って
謝ってたら、「駐車場いっぱい空いてるからいいやん、気にしな」って言われて
嬉しかったーーーーーーーーーー♪

20070915204138.jpg


というわけで、仕事終了のチャイムが鳴ったと同時に
サッサと帰りました。
もちろん病院直行ーーーー!!!!!!!
カムたんーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
お迎えに参上するぜよ!!待ってんしゃい☆

20070915204230.jpg


というわけで、6時前にはお迎え行けました。
診察室に呼ばれて、8時間ぶりにカムカムと再会♪
カムちゃんは、グッスリ寝てました。
「カムーお迎えきたよ!!」って声掛けたら「あれ?ママ?」って
顔してたー。カムちゃん、なんかワケわかってなかったように感じた。
そりゃそうだ…なんか朝からバタバタしてたもんね。

20070915204238.jpg


でもって、せんせぇから今日のカムカムの様子の説明を受けました。
「カムカムくん、よく寝てました」って。
なんかそれだけ聞いてると、良かった~ってカンジだけど、
やっぱりそうではなくて、もうほとんど寝てたみたいで起きてる時間が
めちゃめちゃ少なかったって。
そんだけ、やっぱりしんどいっていうか…うーん。

それは私もずっと分かってて、いくらフェレットさんがよく寝る動物だって言っても、
カムカムの寝てる時間は、ポロンちゃんやコナンくんとは
比べ物にならないほどです。
起きてるカムを見れることが貴重なくらい。
構ってあげると起きやるけど、ほっとくとずっと寝てるカンジ。
ポロンちゃんやコナンくんは、そこそこ物音で起きやるし、
ケージの中にいても動いてるの確認できるけど、
カムは本当に起きないからね…。

20070915204253.jpg


だから先生が、「本当に見てるだけやったけど」って言ってた。
特に変わったことはなく、ただひたすら寝てたよって。
でも朝私が預けてからすぐに点滴してくれたそうなんだけど、
トイレシーツにまったくトイレしてなくて、
それが気になるって。やっぱり腎臓の働き悪いのか、
環境が変わってなかなかトイレできなかったのか…って。
腎臓も末期になってくると、もう自分でオシッコ作れなくなってきて
そこまでくるともう終わりみたいなことを説明された。
家に帰ってオシッコしてくれることを願う。

20070915204303.jpg


でもって、今日は急遽だったのでゴハン用意できなくて
ミルク系なら飲めますってことで、病院のミルクでなんとか
空腹時を凌いで下さったそうです。
朝とお昼と2回、すごいおいしそうにガブガブ飲んでたよって。
ちょうどまた時間空いたので、夕方の分も用意するから
飲んで帰りーって、用意してくださいました。

犬猫用のミルクみたいなんだけど、ブドウ糖混ぜて作ってくださいました。
カムカム!見た瞬間から嬉しそうに、ガブガブ飲みにいってました。
こんなに食いつきの良いカムカムを見たのは久しぶり。

あんまりにも嬉しそうに飲んでたので、「これ、購入できますか?」
って聞いたら、袋売りしてるよって。
ウォルサムの免疫サポートみたいなカンジで(どうも成分は全然違うっぽい)
袋に入った粉ミルクで、ぬるま湯で溶いてあげてって。
とりあえず、カムが自分から進んで飲んでくれるものは
色々と準備しておきたいので(最近免疫サポートも飽きてきたのかあんまり自分から飲まないん)
購入させてもらいました。
でもどうも、本当のミルクミルク!!なカンジなので
あんまり飲ませると下痢しそうな予感がしたので、
本当に何かあった時の為においておくか、少量づつ使うことにしました。

20070915204318.jpg


↑というわけで、それがコレです。1袋300円。

で、カムカム連れて帰ってきました。
先生ーーーーーー!!本当にありがとうアリガトありがとう。
もうねーーー!!!大好きーーーーーーーーーー!!!!!!!!!


本館の病院通院記、もうだいぶんとほったらかしですが
また後日一気にUPする予定なので、
とりあえず本日の費用覚え書き

■9月13日■
入院料   :1300
ミルク   : 300
点滴剤   :1000
消炎剤   : 200
皮下・筋注射: 900
消費税   : 180

合計:3880円でしたー。

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/15(土) 21:10:26|
  2. 入院・手術

9月13日頃のカムカム

13日のカムカム。

↓↓↓


[9月13日頃のカムカム]の続きを読む
  1. 2007/09/15(土) 20:40:27|
  2. カム写真

カムの看病と私の仕事と私生活

20070915090758.jpg


13日の半日入院お迎え以降からの観察日記まだ書けてないけど
ちょっと余談で、最近の私のこと。

20070915090830.jpg


毎日のカムカムの看病が続いてる中、自分の生活に影響が
出てないか?と言われると…
ハッキリ言うと出まくってます。体力的にはかなりキツイ。
でもねー、なんだろうね。
やっぱり通院も毎日のことになると、体も多少慣れてくるっていうか。
生活のリズムは、今までに比べると更に(というか比べられないくらい)
ハードになってることだけは、絶対に言えるんだけど。
でも精神的な部分での負担がなくなったので、
本当にあとは、体力勝負ってトコロかなー?と思ってます。

20070915091041.jpg


カムカムがインスリ発病した当初(7月末)~重度の発作が
頻発されてた頃~手術くらいまでにかけては、
精神的にかなり落ち込んでたし、ズタボロだったし
毎日泣いて泣いて泣いて生活してたから、本当にしんどかった。
今は、ウダウダ考えたり泣いたりしてないし、
「カムカムと今を楽しく過ごそう」って心の底から思えるようになってからは
本当にキモチは落ち着いてます。
これもアレだけどねー。
カムカムが手術を無事に乗り越えてくれてから、
私も気持ちが切りかわったってカンジかなぁ。

20070915091031.jpg


私の本音の部分100%で語ってみると、
本当はね、1ヶ月前の手術の段階で、カムカムはもうダメだと思ってたんだー。
手術自体も元々乗り越えられるか分からない危険な状態で
手術はなんとか乗り越えてくれたけど、
その後も改善されなくて、もうダメだって思った。
一度はもう本当にカムカムとお別れだって覚悟したから。

だから今こうやって、カムカムと過ごせてる時間は、本当は
存在しなかったかもしれないなんだって思う。
だからなんだろー。
カムカムがいなくなったらどうしよーとか、
カムカムの具合が悪くなったらどうしよーとか、
そういう精神的な部分での悲しさや不安とかが
全くなくて、本当にただ「カムカムと過ごす今を大切にしよう」って思う。
今のこの時間は、私が今までカムカムから与えて貰ってきたものを
少しでも多くお返ししなさいよって言われて
与えられた時間なのかも…って思うし、
私にとってもカムカムにとってもご褒美的な時間だと思ってる。
私はたいして頑張ってないけど、カムカムは本当に今まで
よく頑張ってくれたから、きっとカムカムへのご褒美なんだって思うんだ。

でも、できることならこのカムカムとの生活を、
カムカムに負担を掛けない程度に、無理強いしないように
1日でも長く続けばいいなぁーと思うので、
私ができることはやっぱりできる限り頑張ってあげたいと思う。

20070915091018.jpg


前はねー、頭の中では「今を大切にしよう」とかそんなのも、
もちろん分かってるんだけど、それでも毎日
悲しくて悲しくて、不安で不安で泣きじゃくってた。
どんなに明るく楽しく過ごそうとしてもやっぱりいつも
ウダウダ考えこんでたし、意識しないと笑えてない自分がいた。

今はねー、本当に穏やかな日々が続いてます。
表面的には、9月からほぼ毎日通院が続いてるような状態で、
私の仕事も毎日あって、以前に比べたらそれこそ
一番ハードな事態になってるけど、
それでもキモチの上では、全然違う。だから疲れも全然違う。

20070915091009.jpg


おおざっぱに考えて私の寿命が約80年として、
フェレットさんの寿命が約8年としたら
私にとっての1時間は、カムカムにとっての10時間で。
1日は10日で、1ヶ月なら300日(約1年)ってことで。
この生活がいつまで続くかは分からないけど
今はカムカムと少しでも一緒にいてあげたいと思ってる。
7月末から、仕事と看病で手イッパイで、友達とも
全然遊べてないし、自分の自由な時間がなくなってるけど、
それは別に今じゃなくても、またこれからなんぼでも
できることだと思うし、どうってことない。
でもカムカムのことは、今しかないっていうか…
今じゃないとダメっていうか…
だから、何を差し置いても、我慢をしてもカムカムを優先してあげようと思ってる。

20070915090958.jpg


仕事はね…、ぶっちゃけ大幅に遅れまくってます。
元々、今月なんかかなり苦戦してるのも
とてつもなくやることイッパイありすぎて元々
いつもに比べてバタバタしてるのもあるんだけど
それに加えて、カムカムのことでちょこちょこ抜けたりとかもしてるし。
もうダメダメです。
どのくらい遅れてるかというと、だいたい月の1週間目(7日)くらいまでに
来月の生産計画の仮予定立てて、10日くらいには
原料関係の発注かけてもらってたんだけど、
今月ね、14日を過ぎた今でも、来月の仮予定が全く立てれてなくて…。
私の仕事、困ったことに私しかできないので、
誰かに頼んだりとか、代わりにやってもらうこととかもできなくて
私の仕事が遅れてたら、そのまま全て遅れるっていう…。
だからキモチはあせってるんだけど、その分余計に
空回りしてて、すっごく毎日バタバタしてるわりには
全然進んでないという…。

うちの会社、トップの考えが「社員の健康と家族サービスを第一に」
ってことで、基本的に残業・早出一切禁止の方針なんです。
私もその部分で、家族サービス⇒うちの子達へのお世話の時間
をきっちり取れてすごく快適だっし、有難い会社だといつも思ってます。
でもこんだけ仕事が遅れてくると、迷惑かけるわけにも行かなくて
これから仕事の遅れを取り戻すまでは、7時出勤で
頑張ろうと思ってるんですよね…

と、いいつつ早速金曜から7時に会社行くぞー!!ってはりきって
早くから寝たものの、あまりに疲れすぎてて
結局いつもの時間になってしまって、また自己嫌悪に陥っていたという…。
でも来週からは、本気で7時出勤で頑張ろうと思います。
会社に迷惑掛けられへんし、カムカムの看病もきっちりしたいけど、
自分の仕事に、責任もプライドもそれなりに持ってるので。
長期的には考えてなくて(だって体がもたないもん…)、
あくまで自分の仕事の遅れを挽回するまで!!って思ってます。

20070915090948.jpg


前から「カムカム闘病記」読んでくださってた方はご存知だと思うのですが、
以前にもカムカムの看病で会社には迷惑を掛けてしまったことがあってね。
去年の12月の話です。
この時は、肝臓の件でカムカムがかなり大変な時期だったんだけど、
実はその時に、私12月中ほとんど休業してたんですよね。
一度は退職も考えたくらいでした。
やっぱり初めてのことで、精神的にもイッパイイッパイで
カムカムの看病と仕事の両立ができない!!って限界を感じたので、
一度退職を申し出ようと思ってたところ、
「休業しても、戻って欲しい」って声を掛けて頂いて。
それに甘えて、休業させてもらうことにしたんです。

そのことがあったからかもしれないけど、
もうこれ以上迷惑を掛けるわけにはいかないっていうのと
カムカムのこういう状態は2度目になるので、
そこそこ精神的には強くなれていたのもあって。
だから、今はカムカムの看病も仕事も、どっちも全力でこなしたいと思ってる。
というか、もう次はない(仕事投げ出すことに関して)と思ってるので
自分に言い聞かせて頑張ってます。

20070915090933.jpg


あと、お金の件かなー??
お金の件に関しては、会社の人にも友達にも、散歩仲間にも
「よくお金続くなー」とか「すごい出費やなー」とか
絶対にその話になるんだけど。
お金に関しては、もともとペット貯金もあったし、
それ以外にも「お金は残すものじゃなくて、使うためにある!!」っていうのが
私の基本的なお金に対する考え方なので、
別にいくら掛かろうがあんまり動じてません。
そりゃ使う金額がウン百万円単位になってきたら、さすがに
考えるかもしれないけど、私が働いてる限りは
使ったら使った分だけまた稼げばいいジャンって思うから
私にとって金銭的な面はさほど問題ではないかな…。
ただ、こんな生活できるのは一人で好きなようにお金使える
生活だからかなー?とも思う。
これが結婚してたり、そこに子供がいたりしたら
間違いなくこんな考えでは通用しないんだろうとは思うけど。
貯金なくてもいいじゃんー。給料入ったら入っただけ使ってもいいじゃんーって考えではね。

ただ、今回ペット貯金の大切さはしみじみ感じました。
今はできるだけ貯金崩さないで、自分の給料の中で
やりくりしてるけど、それでも貯金なかったらきつかったと思うし
これからもこのペースで治療費が掛かるのであれば
絶対に給料だけではやりくりできないと思う。
お金を気にして治療を進めるのと、そうでないのとでは
絶対にキモチが全然違っていたと思うので、
その部分では本当に救われてます。

20070915090924.jpg


だからその為にも、仕事も頑張らなくっちゃー♪デス。

20070915090849.jpg


と、結局何が書きたかったのか分からないけど、
とりあえず今の私はそんなカンジかなー??

20070915090839.jpg


これからも、カムカムの為に全力でがんばりまっするー!!イエイ
  1. 2007/09/15(土) 11:48:04|
  2. 闘病生活について

昏睡状態⇒急遽半日入院へ

20070913204347.jpg


昨日退院してきて絶好調だ!と喜んでいたら、今朝から大変なことになってしまい、
急遽半日入院で、仕事中カムカムを病院でみててもらうことになりました。

20070913204358.jpg


写真は昨日の夜のカムカム。ずっとダッコして様子みてたんだけど、
私の中では、安心してスヤスヤキモチ良さそうに寝てるんだと
勝手に思ってしまってました。もしかしたらこの時から
かなりしんどかったのかもしれない。

20070913204410.jpg


今日の朝からカムカム、様子がおかしかったんです。
朝起きた時点で、まだグッスリ眠ってるようなカンジ。
最初は疲れ取れてなくて、まだ眠たいんだろうって思ってたん。
でも散歩帰ってきても、カムカムは一向に起きる気配がなく…。

20070913204421.jpg


出勤準備もほったらかしで、ひたすらカムカムを起こそうと
頑張ってました。でも全く起きないん。
意識がないようなカンジ。
低血糖の発作の時みたいに、完全に意識が飛んでるような昏睡状態に
陥ってました。
もうすごいショックだった。「えぇー!?昨日の今日で!?」って。
でも、低血糖の時の発作のような昏睡状態ではなく
(痙攣も、ヨダレもそういうのは全くない)
単に意識がないってカンジでした。

20070913204430.jpg


結構長い間、カムの意識が戻らんか(というか、寝てるのかも!?とか
勝手によい方に考えたりもしてた)
色々試してみたりしました。
それでね、ちょっとだけ意識が戻って目を開けてくれてさー。
でもあんまり動けない状態。
グッタリ首はフラフラしてるし、仰向けになって寝転がってる状態。

20070913204438.jpg


ちょっと意識が戻ったので、お水飲ませようと試みたものの、
シリンジで入れた水が全部口から漏れて出てくるようなカンジ。

20070913204518.jpg


グッタリはしてたけど、とりあえず目は開いて、意識は戻り、
私のほうも出勤時間になってしまったので、
このまま会社に行ってもいいのか?ってすごい迷ったけど、
会社は会社で私の仕事が遅れまくってたりで、
もうこれ以上迷惑かけるわけにもいかん…と、
出勤することにしました。会社に行ったものの、やっぱりこのままでは
仕事が手につかん!!!ということで、先に指示出すことなどを
全部済ませて、他の人に任せてから会社抜けさせてもらうことにしました。
お昼休み、返上して仕事しますんで、1時間ちょっとだけ抜けさせて下さいって。
病院開くまでにどっちにしてもまだ時間があったから、
それまでにできる部分の仕事は済ませてきた。

20070913204532.jpg


9時20分に会社を抜ける。
帰ってきた時には、カムカムちょっと落ち着いてました。
まだ動ける元気はあるみたい。
でも、気になるから病院行こうって。夜に点滴(今日で11日目)に
近所の病院(いつもの病院は休診日だから)に
行こうと思ってたので、その点滴を朝からやってもらえないか?と思って。

20070913204544.jpg


急いでカムカム、病院に連れて行きました。
でもここで、だいぶんとキッツイことが!!!!
あのねーあのねーあのねー。
ここの病院、駐車場が限られてて、私が行った時ね
駐車場がイッパイで止めれなかった。
会社抜けてるし、一刻も早く会社に戻らなきゃってキモチはあせるし…

で、結構長い間、駐車場あかないかなー?って待ってたんだけど
一向に空く気配がなくて、これはダメだ…と
1回家帰って原付に乗り換えてこようと、家の方向に引き返したんです。
でもその家までの間の距離(ちょっと別の方向だけど)に動物病院があって、
フェレット診れないかな?って(もう時間が本当になくてさ…)。
早く会社に戻らなきゃ、仕事に追われてるし…で、
応急処置できないかなって。

とりあえず、相談だけしようとカムカム連れて行きました。
事情を説明して、可能ですか?と。
なんかね…。ほんま、ゴメンね。今日の私は辛口ですが、
ここの先生、ほんま態度が何様やねんお前!!ってくらい
なんか偉そうで。イス(受付の)に腰掛けながら(イスに座ってんのは何もイワンけど)
なんかあんまり真剣に話聞いてくれてるようにも思えんかったし、
患者さんも誰もおらんかったし、
ちょっとこの病院大丈夫なんかよ!?って思うくらい
なんかカンジ悪かった。
挙句の果てに「そんなのやっても、良くなる保障はありませんけど
それでよければ別に」って
なんかね、この状態やったら気休めにしかならんでみたいなことを
遠まわしに言われて、もうブチ切れ。
今までもそれでカムは頑張ってきてんから!!
何が気休めやねん!!!!って思った。ありえん。カンジ悪っ。
なんか『やってやってもええけど』みたいな態度がほんまに
腹立って(ごめん、私ものっそ短気なん)
誰もお願いしますって言ってないのに、「じゃあ、カルテ作りましょうか」とか
言ってきたので、「別の病院行くから、もう結構です」って
半分逆ギレで帰った。
もうーーーーーーー!!!貴重な時間をムダにした。

私がとにかく感じたことは、ここの先生は小動物を
軽く見てるっていうか…。犬猫専門なんか知らんけど…。
もう他にも腹立つことはいっぱいあったけど、
会話の節々に、「フェレットにそこまでしても」みたいな
言い方をトコロドコロに感じてさ。
私がピリピリしてるからそう感じただけかもしれんけど、
すっごいなんか腹立った。
後から冷静になって考えたら、なんか普段はいつも違う病院に行ってて、
応急処置はまた別に違う病院があって、
それもダメだったから、ここの病院に来ましたってことに
対して、先生も良いキモチしなかったのかなって。
私も失礼なことしたのかな…とかも思うけど、
それでもやっぱりおかしいわ!!!
下調べしてなかった私も悪いけど…。
でもそのくらい時間なくてあせってたんダ!!!
もう2度と行くかーーーーーーー!!!!

というわけで、ムダな時間を使ってしまい、
微妙に家からまた別の方向に行ってしまってたので、
家に帰るよりも近所の病院に戻るほうが早かったので、
もう一度だけ車で近所の病院の駐車場が空いてるか
見に行ったら、運よく空いてましたー☆ヤッタ!!

というわけで、診察してもらいました。
それまですごい腹立ってたけど(その病院のことで)
看護士さんと、先生がすごいカムカムの様子気にしてくれて、
(他にも診察あったので、待ってたんだけど、途中に
 先生が「大丈夫?大丈夫?」って待合室にカムの様子を
 見に来てくれてた。看護士さんも、ずっとカムを見ててくれた)
キモチが落ち着きました。
やっぱり、普通の病院は(というか、いつもの病院も、ここの病院も)
こういう対応してくれるから、それが普通だと思ってたけど
私が行ってる病院が珍しいだけなのかな?
そんなことないよね…。普通だよね。

で、診察。
この病院来る前のムダな時間の間にカムカムは、
なぜかすごい回復してて、ヒョコヒョコ動いてた。
一応免疫サポート持参してたので、落ち着いたら飲ませようって
思ってて、待合室で待ってる時に飲ませてたら、
全部飲んでくれた。良かったーーーー。

で、診察になったので状況を説明して、
いつもは点滴夜だけど、今から点滴してもらえませんか?って
お願いしたら、先生が
「りーさん、仕事中に抜けてきたんでしょ?」って。
仕事抜けてきたとは言わなかったけど、何もかもお見通しだったみたいで…。
「もし良かったら、仕事終わるまでカムカムくん預かるよ」って。
静脈からの長時間の点滴などは、昨日静脈使ってしまってて
もう使えないし、やるなら骨髄からになるんだろうけど、
先生も骨髄は無理だっておっしゃってたので、
そういうのはできないけど、いつもの点滴して
私の仕事の間、カムカムのこと見てることくらいはできるからって。
「りーさんも、仕事手につかないでしょ?」って。
もう泣きそうになった。本当に。

で、私も本当に仕事中、カムを見てあげれないことが
不安なので、そのまま預けることにしました。
今日はお肉とか持ってきてなかったので(急遽だったし、
時間がないので、家に取りに帰るとかもできなくて)
免疫サポート系(ミルク系)なら飲んでくれるってことで、
病院のヤツで試してみるよって言って下さった。
とりあえず、いつもの点滴は今から入れておくねって(ステロイドの注射も)

「安心して、仕事戻って」ってことで、会社終わったらすぐに
お迎え来ますってお伝えして、会社に戻りました。
本当にアリガトウございます。もーーーーーーーー!!!

先生が「リーさんは一人で頑張ってるんだから、
これからも心配な時はいつでも預かるから遠慮しないで
言っておいで」って。どんだけ優しいんだろ、先生。

で、そのまま会社に戻りました。
カムカム頑張れーーーーーーーーーー!!!

お迎え内容に続く♪  

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/13(木) 21:26:49|
  2. 入院・手術

毛がだいぶ生えてきたヨ

20070913204158.jpg


昨日のカムちゃんのお腹写真ー。
縫い目も綺麗に分からなくなりました。
毛もだいぶんと生えてきた♪

20070913204207.jpg


副腎腫瘍も摘出できたし、尻尾の毛もこれから
ちゃんと生えてきてくれるとイイナ♪

  1. 2007/09/13(木) 20:43:21|
  2. 副腎腫瘍

退院後のカムカム その2

退院後のカムカム写真その2.

↓↓ [退院後のカムカム その2]の続きを読む
  1. 2007/09/13(木) 20:41:18|
  2. カム写真

退院後のカムと私の反省

昨日、無事に退院してこれて、勝手に舞い上がってた時(私が)に
撮ったカムちゃん写真。
でもいまはかなり反省している。
きっとこの時から、カムは調子が悪かったんだと思う。

↓↓


[退院後のカムと私の反省]の続きを読む
  1. 2007/09/13(木) 20:36:16|
  2. カム写真

昨日’退院)の記録

昨日グッタリしてしまってたので、もう一度記録。
なんかあんまり覚えてないけど…
とりあえず、状況によっては(BUNが下がらなければ)
当分入院続けて、点滴した方がいいと言われてたので、
一応、新しいお肉と免疫サポート(肝臓のお薬入り)を
用意しました。これを持って病院へ。

20070913194835.jpg


昨日用意した分のゴハン。ササミを大目に、ちょと見えないけど
いちお牛赤身も入れてますのだー。
点滴ですごい負担かかってて、免疫サポートも自分から
飲めそうになかったらシリンジで飲まそうと用意していきました。

病院に着いたのが、9時前カツカツでした。
先にカムカムを連れてきてくれるとのことで、
待合室でカムカムに会えました。
静脈からの点滴はやっぱりカムカムが自分で抜いてしまったそうで
骨髄からの点滴になってました。
すごい痛々しそうでした。
多分、ビッコ引くから…って言われてたんだけど、
もうなんか怖くてダッコできなかった。

ちなみに、また後で詳しく書くけど、
カムカム今日はかなり調子悪くて、会社抜けて急遽近所の
病院に連れていって、半日入院で預かってもらうことになったんだけど、(また後で、書きますね)
こっちの担当の先生が「カムカムくんの骨髄の点滴は僕にはできないからねぇ」って
おっしゃってたので、結構難しい部類に入るのかなー?って。
そう思うといつもの病院の院長センセはすごいなぁーと
改めて思いました。

でもって、その時のカムカムのこと。
点滴がもうちょっとで終わりそうな段階でした。
でね、検査の結果の説明を受けて、100⇒40台に下がったのです。

この後の内容は、昨日の記事に書いたので、そんなカンジーかにゃ。
カムちゃん連れて帰ることにしました。
とりあえず次回の診察は明後日(金曜)ってことでしたが、
できれば明日も近所の病院で点滴してもらってって。
もう点滴はずっと続けてあげるほうがいいねってことで。

家に帰ってからのカムカムは、
またお肉を結構食べてくれたー♪カム、本当によく頑張ったね。

20070913194858.jpg


家に帰ってからのカムカム。

20070913194911.jpg


この時まだ意識あるけど、この後だいぶんとグッタリしてて、
ただ爆睡してるのか、調子悪いのか、私の中では判断に困るようなカンジで。
検査の結果も良くなってたし、単に環境変わったりで
疲れてたのかなー?って。
骨髄にずっと点滴1日ぶっとおしで入れられて、しんどかったんだろうなって。
家に帰ってきて安心して寝てるんだろうなって勝手に思ってた。
はっきりとは分からないけど、実はそうではなくて
本当に体調悪かったのかな?って、今日になって知ることになるのでした。
今日(13日)の話に続く。

20070913194921.jpg


↑骨髄から点滴した痕。あんまりわかんないけど、
黄色いお薬塗られてる部分に点滴入れられてました。


20070913201310.jpg


11日と12日の検査結果

■9月11日(入院前)
PCV:42%
TP :96

GLU:127
BUN:101.6


■9月12日(退院時)

GLU:83
BUN:46.9

20070913201330.jpg



■今回の入院費
入院・入院治療   :4500円(1日)
血管留置&骨髄内留置:3500円
採血×2      :1000円
血液検査一般    : 500円
生化学4項目    :2000円
特殊注射      :1300円
消費税       : 640円

合計:12440円でした。

ちなみに、特殊注射とは、腎臓の値を下げる為の
ものだそうです。

  1. 2007/09/13(木) 20:20:25|
  2. 入院・手術

ちょっと前のカムカム

9月10日頃のカムちゃん達。


↓↓↓↓


[ちょっと前のカムカム]の続きを読む
  1. 2007/09/13(木) 19:46:09|
  2. カム写真

奇跡再び

ちょっとまた私がグッタリしてるので、明日にはきちんと
しっかり記録するとして…今日も簡潔に。

なんとーーーーーーーーーーーー!!!!!!
カムカム!!!やりましたヨーーー!!!!!

私はまた奇跡を感じました、ハイ。

カムちゃん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
BUN(腎臓の数値)が

101.6⇒46.9
に下がりましたーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

ブラボー!!ブラぼー!!!!ぶらぼーーーー!!!!

でもって、血糖値も今日も83で安定していました!!
やべぇやべぇやべぇ!!!!マジっすか!?

しかも、昨日から病院ではあまりお肉食べてくれなかったんだって。
やっぱり環境変わるわ、痛いことされてるわ、
ママンはいないわ…で、ストレス掛けてしまってたんだろうね。
というか、今まで結構食べてくれてたのは、
本当に一切れずつカムのお口に入れてあげてたのでよく食べてくれてたんだけど、
やっぱりそこまでしてあげないと、なかなか食べてくれないってことなんだろうね。
でもその状態で血糖値が80超えなのは、最高に嬉しいです。

ちなみに、昨日の夜から今日の9時まで点滴だったんですが、
腕の静脈からは、やっぱり暴れて自分で抜いてしまったみたいで…
骨髄からの点滴になってしまってて、
本当に痛そうで、しんどそうで、動きづらそうで、可哀相でした。

でもって、BUNに関しては、今は点滴でこんだけ下がったけど
もう悪くなってしまってると1日やそこらで
すぐに元に戻るそうなので、今日の結果だけでは安心できないって
言われたけど、それでも嬉しいんだもんーーーーーーーーー!!!

でね、このまま入院させて念のため、もう少し点滴続けるか、
一旦家に連れて帰るか?の選択だったんだけど、
明日病院お休みでさ、このまま入院させたら明日面会行けなくて
カムに会えないので、とりあえず今日は連れて帰りました。

明日も水飲まなければ、近所の病院で点滴は続けてあげてって。
で、金曜日また病院で検査してみましょうって。

うーん。このまま少しでも良い状態を保ってくれるとイイナ。
今はカムちん、爆睡してます。
もうね、昏睡状態みたいになってるかの如く、爆睡中です。
最初、ドキドキして(体調悪くて、本当に意識が飛んでるのかと思った)
ずっとダッコしてみてたんだけど、どうやら普通に寝てるだけみたいです。
骨髄からの点滴がしんどくて、ゆっくり寝れてなかったのかな…

カムにまた負担をかけてしまったけど、こうやって頑張ってくれてるので
私も頑張りたいと思います。

カム♪本当に本当にアリガトウね。よく頑張ったね。
明日も頑張ろうネ♪

1泊入院、費用は1万2000円くらいでした。
また詳細は明日でも。

とりあえず、
カム!!退院おめ!!!!!!!!!

  1. 2007/09/12(水) 23:48:45|
  2. 入院・手術

もうすぐ面会☆てへ

もう少ししたらカムカムの面会に行ってきます☆
遅くまでずっと点滴落とすので、8時半頃来てねって言われてたので、
蘭丸&キラの散歩を済ませて待機中。

一応ね、もし何かあった時の為に、緊急連絡先として
会社の電話番号を病院に教えてたんだけど、
仕事中も連絡なかったし、カムは今も頑張ってくれてるんだと思います。

今日は、カムカムがいなかったので、お昼休みゆっくりできるし
資金調達に銀行へ行こうと思ってたんだけど…
なんか仕事が忙しくて行けなかった(涙

というわけで、あわよくば会社抜けてカムカムの面会にいけないかなー?
と期待してたのですが無理でした。
しかも、今日の帰り間際にトラブルが発生してしまったし
私の仕事も遅れに遅れているので、当分抜けられないようなカンジです。くすん。

会社で「カムちん入院したん」って話してたんだけど、
「ほんまによく一人でやってるよなー」って言われた。
こないだ「もし、私が会社来なくなって、連絡も取れなくなったら
家の中で倒れてるかもしれないので、警察か救急車呼んで下さいね」って
冗談で笑ってたんやけど、
本気でありえへんことでもないんで、笑えネェーーーーー

でもって「最近、全然仕事終わってからゴハン行かれへんなー」って
話してて、今までしょっちゅう会社帰りにゴハン行ってたんやけど
そういえば最近外食してる暇もないなーって。
私自炊しないので、外食がコンビニ弁当か…ってカンジなんだけど
ここ最近外食をしてないということは、
いつも何食べてるんやろ??って。
しかも何食べて生活してるのか、全然記憶にないし…

そういえば!!昨日のお昼休みにスーパー寄って
カムカムの肉と私のお昼ご飯を買ってたら
偶然上司(うちの役員)もお昼ご飯を買いに来てて、
なんでかお寿司を買ってくれちゃったりして♪きゃはっ。
しかも、スーパーの寿司なのに、いっちょこ前に中トロとか入ってる
豪華なヤツを買ってくださったりなんかしてー。
ギャホーーーー!!とかなり嬉しかったです。
なんて優しい上司なのでしょう。
で、その話を休憩終わってから自部署のメンバーに話してたら
これから上司がスーパーに行く日は一緒についていかなアカンなぁーとか
言われたりして…。さすがに私はそんなにガメツクないで。

おっと脱線脱線…。
ほなら、カムちゃんに会いに行ってきまっする☆


  1. 2007/09/12(水) 19:55:55|
  2. 入院・手術

点滴9日目⇒急遽入院へ

かなりグッタリしてるので(私が)
また詳しくは明日記録しようと思います。

簡潔に言って、本日急遽カムカムの入院が決まりました。
本日も、いつものように点滴(今日で9日目)に連れていきました。
今日はいつもの病院に戻ったんですー。

検査の結果がね…腎臓の値BUNが、前回の80台から
更に上昇してしまい、ついに100を超えてしまいました。
私の中で、100超えたら何日間かでも入院させて
いったんBUNを下げれないかカムカムに頑張ってもらおうと思ってたので、
ちょっと予定外でしたが、今日そのまま病院に預けてきました。

でもね、嬉しいこともあったんだよ。
血糖値がなんと!!!!!!127(8だったかな?)まで
上がってたーーーー!!!!!
先生も驚いてました。やっぱり、私の手作りフードの成果ですねって
褒めていただけたのだーー。ブラボー!!

しかし、予定外の入院になった為、
静脈からずっと点滴を流し込む形になるんだけど、
それでゴハン食べれなくて大丈夫なんですか?って聞いたところ、
それはまずいですね…って。

しかもカムちゃん、もうフードは一切食べれないから、
病院のフードで…とかの代用もきかなくて…。

そのままカムカムを預けて、肉を取りに(というか入院準備しに)
家に帰りました。
今日はね、雨ふりそうだったから、先に蘭丸たちの散歩
軽く行ってたのね。
で、6時過ぎから病院⇒7時半に病院出る⇒8時過ぎに家につく
⇒必死で肉を湯掻く⇒8時半に家を出る⇒9時に病院
⇒病院でカムカムにゴハン食べさせる⇒9時半に病院出る⇒
で、帰ってきたのが10時過ぎ。

何気にこの短時間で病院⇔家を2往復ってバリしんどかったー。
でもそうも言ってられない。
カムの為なら頑張るのだーーーーーーーー!!!!!!
だからカムも寂しいだろうけど、頑張ってね。

これだけ覚え書きしときます↓↓今日急いで用意したカムのゴハンたち。

20070911223634.jpg


病院行く前に、今日はゴハン食べさせないでいったので
(それで血糖値127ってすごいよね!?前回の87の時は
 病院の前にササミいっぱい食べさせて、ある部分、偽りだったからさー)
お腹減ってるだろうなーって、今日の夜の分のゴハンを。
もうこれは、病院についたらすぐに食べさせようと思ってたので、
いつものフード入れです。
ちなみに、写真撮るの忘れたけど、このフード入れの裏にね、
私の手書きメッセージが入ってるの♪
『カムカム頑張れ! 病気に負けるな!!』って。
後から、「あっ!こんな恥ずかしい容器、病院の人らに見られたら嫌やー!」って
気づいたけど、時間なかったのでもう仕方なくこのまま持っていってやった。

今日の夜に用意してたゴハンも、鶏肉+レバー+牛赤身(薄い肉と角切りの2種)
でした。これできっと病院でも食べてくれるはずなんだけど。

20070911224055.jpg


でもって、肝臓のお薬を混ぜた免疫サポートを夜と朝の分で2つ。
夜の分はすぐに飲ませようと思ってたので、溶いて持っていきました。
朝の分は、肝臓のお薬と免疫サポートを混ぜた粉の状態で用意。
カムちゃんね、肝臓も悪いから、肝臓のお薬切れると
本当に食欲がなくなるん。今までずっと見てきたけど、
このお薬がないと本当に急に食欲なくなるので、
入院中でもしっかり飲んでもらいたいと思うしねー。

20070911224309.jpg


でもって、明日のゴハン分。
極力新鮮な肉がいいと思うから、これは今日買ってきた
新しい肉を使用しました。
病院に冷蔵庫あるって確認できたので、いっぱい作っておくことにしました。
本当はね、湯でてすぐがやっぱり一番おいしいみたいで
バクバク食べてくれるんだけど、入院してしまうと
そうもいってられないので、仕方ない。

とりあえず、明日の夜にまた面会行くので、
その時にはまた新しいゴハン持っていこうと思うので、
それまでこれで頑張ってくれるとイイナ。

左上から時計周りに、鶏肉・牛赤身(薄い肉)・牛赤身(角切り)・レバー
となっております。この中で一番スキなのが鶏肉なので
これを大目に入れました。
看護士さんにも、鶏肉大目にあげてくださいって説明してきました。
いちおうレバーも作ったけど、最近あんまりスキじゃないみたいなので、
レバーは気持ち程度で…って。
なんか注文ばっかりして、申し訳ないです…。反省。

20070911224806.jpg


というわけで、これをもってまた病院に戻りました。
9時からカムカムに食べさせてたんだけど、
免疫サポートを全部飲んでくれて、鶏肉ちょっと食べて
結構お腹イッパイになったみたいなので、
そのままカムとバイバイして帰ってきました。

どうか、ちょっとでもBUNの数値が下がってくれることを期待。
どっちにしても今の状況では、やっぱりこれからも
点滴だけは続けないといけないみたいなのね。
それでも、少しでも一旦下がってくれれば進行遅らせることが
できるかもしれないので、カムに頑張ってもらいたいなーって思います。

というわけで、明日の夜の面会に行ってきます。
本当は午前中、ちょっと会社抜けて、新しいお肉を持っていってあげたいんだけど…
さすがに無理だろうし…くすん。

とにかく!!!!!!カムカム!!!!!!頑張れーーーーーーーーー!!

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/11(火) 22:51:45|
  2. 入院・手術

病理検査の結果

そうそう、書くの忘れてたので、カムカムの今回の
手術の病理検査の結果が戻ってきてたので
記録に残しておきます。

膵:インスリノーマ
副腎:副腎皮質腺腫
(←ポロンちゃんの時と一緒。ただし、カムは良性)

膵:ラ氏島を構成する細胞によく似た、小型腫瘍細胞の小胞巣状増生が認められました。
臨床的に低血糖を示していることからラ氏島のB細胞由来のインスリノーマと考えられます。
腫瘍境界は明瞭で、取りきれています。
膵外分泌組織内で、境界明瞭な充実性腫瘤が形成されています。
腫瘤内では、クロマチン豊富な円形ないし卵円形核と豊富な細胞質を有する
比較的均一な腫瘍細胞が、正常の島細胞に類似した充実性小胞巣状に増生しています。

副腎:副腎皮質由来の良性の腫瘍性病変が認められました。
充実性の多結節状増生巣が形成され、
薄い線維性結合織で分画された腫瘍細胞の小胞巣状増生が認められます。
核小体明瞭でクロマチン豊富な小型卵円形核と好酸性の豊富な細胞質を有する中型の腫瘍細胞からなり、
細胞質内には褐色のリポフスチン色素の沈着も認められています。
細胞異型性には乏しく、核分離像はみられません。


というわけで、病理検査の結果は、膵臓の部分は
インスリノーマで確定となりました。
病理検査の結果では、「境界線が明瞭で取りきれています」となってますが、
今回とってもらったシコリの部分だけの病理検査になった為、
実際に進行して広がっていた部分は手をつけることができていない為、
残った部分も今の状態を見てると、インスリノーマっぽいように思えます。


副腎腫瘍は幸いに良性でした。でもかなりの大きさになってしまってたので、
どっちにしても取れてよかったです。
ポロンちゃんの時は、副腎皮質腺腫の悪性の癌だったんですよねー。

というわけで、カムちんの病理検査の結果でした。

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/10(月) 23:02:54|
  2. 入院・手術

点滴8日目(近所の病院行)

20070910214542.jpg


本日、点滴8日目。1週間こえるとさすがに慣れてきたかも。
本日の通院も近所の病院にさせてもらいました。
明日はいつもの病院に戻ります。

というわけで、先に今日のカムカムの様子を。
今日は朝から、結構食欲があったみたいで、お肉をモリモリ食べてました。
出勤前に、朝入れたお肉がほとんどなくなってたので、
追加してから会社に行きました。
今日の朝も、鶏肉+レバー+牛赤身の3種です。
結局最近卵黄使ってないなー。また使ってみようっと。
最近免疫サポート(肝臓のお薬入り)も自分からあんまり飲んでくれなかったので、
私の指につけて何度も舐めさせて…ってカンジだったんだけど
今日は珍しく、朝から自分で飲んでました。

20070910214653.jpg


でもってこないだ言ってたように、今日は朝から1日中会議(&コンサルの先生との勉強会)
だったので、お昼休み下手したら帰れないかなー?って思ってたんだけど
(昼一に、3ヶ月に1回ある全社的な会議なあって、それの
 発表の準備ができてなかったで、お昼休み用意しなあかん…って思ってた)
なんとか朝の会議がちょっと早めに切り上げることになったので
その後、お昼休みまでの30分間で、慌てて準備した。
で、無事にお昼休みも家に帰れることになりました!!!

ちょっと!やっぱり神様は私の味方なんじゃない!?
こんなタイミングよく朝の会議が早めに終わるなんて~♪ウフ☆

20070910214728.jpg


お昼休みも、カムちん落ち着いてました。
お肉も結構減ってたんだよねー。残った分を処分して
新しい肉を入れました♪
でもやっぱりお水がまったく減ってなくて…
シリンジで水分補給をしてみたり。
頑張れ!頑張れー!!カムカムっ!!どどんまい!!!!!

20070910214756.jpg


でもって、仕事終わって、今日はいつもの病院ではなくて
近所の病院に点滴に行こうと思ってたので、いつもの病院に連絡。
一応、昨日点滴休んで今日連れて来てって言われてたんだけど、
結局昨日も気になったので近所の病院で点滴したし、
今日もこのまま近所の病院使わせてもらって、明日行きたいなーって思ったので。
病院に連絡したら「点滴切らせてないなら、りーさんの都合の良いように使い分けてくれていいですよ」
ってことで、無事にOK取れました。

20070910214834.jpg


で、先に蘭丸&キラと近所の公園へお散歩へ。
ここで大事件が発生して、テンパリましたーーーーー!!!

あのね、蘭丸公園あかんから、中に入らんと公園の近くをブラブラしてたん。
ほんじゃら、散歩マブダチのおっちゃんに会って、
公園の中にキラの仲良し散歩友達がいっぱいおってさ…
キラはそれを見た瞬間、ものっそ公園の中に入りたそうにしてて。
一方蘭丸くんは、早く公園から離れようと必死で。

あんまりにもキラが「公園行きたい!いきたい!」ってダダこねるもんやから、
そのオッチャンが「キラくん見ててあげるよー」って言って下さったので
キラを預けて、蘭丸と公園の周りブラブラしてたんです。
オッチャン、キラが満足したら返しに来てくれるって言ってたんやけど、
もう7時前になってカムカム病院連れていかなあかん時間なったのに
待てども待てども、帰ってこなくてさー。
ちょっと傾斜のある公園なもんで、私と蘭丸がいた場所からでは
キラの様子が見えなくて(オッチャンの姿も見えなくて)
キラを呼びに行くには公園の中に入らなアカンのに
蘭丸が全力で抵抗するから、私が呼びに行くこともできず…で。
今までやったら、蘭丸を繋いで呼びに行ったんやろうけど、
こないだの公園から逃亡事件があってから、目を離すのが怖いので
蘭丸から離れられへんし…
でもカムカムの病院の時間が近づいてくるし…で、
キラは一向に戻ってくる気配ないし…で。
ちょっと困りましたー。はぁー。

仕方ないので、蘭丸を連れて無理矢理公園の中に入って、
ワンズと遊ぶのに夢中になってるキラを
無理矢理引っ張って帰りました。
もちろん、オッチャンにはお礼を言って。オッチャンありがとう。
実はまたここでピンチな状態に…
蘭丸はものっそ公園から出ようと必死になってるし、
キラはキラで、「まだ帰りたくないーーー!!!」って全力で
座り込んで抵抗するし…。結構大変やった。
本日の教訓:やっぱりもう暫く2匹別々に散歩連れて行こうーっと。

20070910214952.jpg


おっと!かなり余談でしたナ。
そんでもって、家帰って急いでカムカム連れて近所の病院へ。
今日も来ると思いますって昨日お伝えしてたんだけど、
今日は担当の先生がお休みだったので、代わりに院長せんせが
対応してくださいましたー。いつも本院におられるので、
私も初対面だったのです。ドッキドキ。
でもね、いつもの病院の院長と、ここの病院の院長は
それこそマブダチ(?)なようで、前からいつもの病院の先生に
「●●病院の院長、優しいでしょ?」って(私はその時は会ったこともなかった)
言われたりしてたので、なんか勝手に優しい院長先生って想像してて、
実物見たら、本当に優しい!!!!っていうのが現れてる
先生でした。
ここの院長先生も「●●先生とは、かなり仲良しやか安心してー」って。
なんかそれですごく安心しました。
別に紹介してもらってここの病院来たわけではなく、
先生同士が仲良しなことは、本当に後から知って
偶然だったんだけど(近所の病院は会社の人に紹介してもらったから)
なんか、いつもの病院もだけど、ここの病院も、
素敵な病院に出会えてよかったって思います。
だから、とっても心強いんですよねー♪にゃはっ

20070910215022.jpg


今日も私がカムカムを持って、その間に院長先生が
点滴をしてくださいました。
カムカム…また結構全力で暴れてて、大変でした。
でもなんとか完了♪ステロイドの注射も打ってもらいました。

明日は●●●先生のところに行くんやね?頑張ってねって、
「これからも頑張ってあげてね」って見送って頂いて
病院を後にしました。

20070910215049.jpg


というわけで、本日の点滴(通院)も無事に終了ー。
明日はいつもの病院に行こうねーカムカム!!!

20070910215121.jpg


今も大分と落ち着いてるカムカムです。
ちょっとだけ病院から帰ってきてグッタリしてるカンジだったけど、
今は気持ち良さそうに寝てます。

そういえば、ここの病院のいつもの担当の先生に、
1回1泊でも入院させて、前の半日入院の時みたいに
静脈から直接ちょっとづつ点滴入れて、体力回復させてあげるのも
手かもね…って言われてて。
でも前の静脈の点滴が上手くいったのは、カムカムが相当グッタリしてたからで、
今の状態で長時間静脈からの点滴をすると、
暴れまわったり、違和感から自分で点滴を引きちぎってしまいそうな
気がしたりで…。どうかなー?とも思ったり。
でもこのまま延々と毎日の点滴が続くのであれば、
1回1泊だけでも入院させて、体力つけてもらうのもいいかなーとも思ったり。
ただ、今はこまめに茹でたお肉だから、なんとか食べてくれてるけど
入院したらそれができなくなるし、
その分点滴で栄養は取れるんだろうけど…どうなのかな?って思ったり。

ちょっと明日、いつもの病院にも相談してみようかな?って思います。
でも反対にこんだけ落ち着いてるからこそ、今は
少しでも長くカムカムと一緒にいてあげたいなーとも思ったりするんだよね。

まっいいや。カムカム♪今日も頑張ってくれてアリガトウね。
明日も頑張ろうネ。

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/10(月) 22:27:42|
  2. 通院(点滴)

通院費覚え書き

8月中旬のカムカムの手術の後からの
通院内容、こないだ覚え書きしたの、かなり
間違ってたので、もう一度整理して、最近のも追加しときます。

また、落ち着いたら詳しい内容は病院通院記にUpします。

■8月20日
カムカム

再診   : 700円
注射2本 :2000円
採血   : 500円
血液一般 : 500円
生化学×2:1000円
電解質測定:1500円
内服   : 580円
消費税  : 339円

合計:7110円



■8月26日
カムカム

再診   : 700円
注射1本 :1000円
採血   : 500円
血液一般 : 500円
生化学×2:1000円
抜糸   : 500円
内服   :3170円
消費税  : 360円

合計:7730円


■8月27日

カムカム&キラ

再診   :1400円(2人分)
注射2本 :2000円
爪きり  : 500円(キラ)
消費税  : 195円

合計:4090円


■9月3日
カムカム

再診   : 700円
注射2本 :2000円
採血   : 500円
血液一般 : 500円
生化学×7:3500円
消費税  : 360円

合計:7560円


■9月4日
カムカム&蘭丸

再診   :1400円 (2匹分)
注射2本 :2000円
採血   : 500円
血液一般 : 500円
生化学×5:2500円
内服   :2240円(蘭丸2週間)
消費税  : 450円

合計:9590円



■9月5日
カムカム

再診   : 700円
注射2本 :2000円
採血   : 500円
血液一般 : 500円
生化学×2:1000円
消費税  : 235円

合計:4930円



■9月6日
カムカム (近所の病院)

再診     : 300円
点滴剤    :1000円
消炎剤    : 200円
皮下・筋注射 : 900円
消費税    : 120円

合計:2520円



■9月7日 (なんでか領収書が分かれてたので分けて記載)
カムカム

再診   : 700円
注射2本 :2000円
消費税  : 130円

合計:2830円

蘭丸

再診   : 700円
爪切   : 500円
消費税  :  60円

合計:1260円

蘭丸

療法食l/d3キロ:4800円
消費税     : 240円

合計:5040円



■9月8日
カムカム

再診   : 700円
注射2本 :2000円
採血   : 500円
血液一般 : 500円
生化学×1: 500円
消費税  : 210円

合計:4410円



■9月9日
カムカム (近所の病院)

再診     : 300円
点滴剤    :1000円
消炎剤    : 200円
皮下・筋注射 : 900円
歯磨きガム  : 460円(4本)
消費税    : 140円

合計:3000円





■9月10日
カムカム (近所の病院)

再診     : 300円
点滴剤    :1000円
消炎剤    : 200円
皮下・筋注射 : 900円
消費税    : 120円

合計:2520円

  1. 2007/09/10(月) 21:37:17|
  2. 医療費

今日のゴハン

20070909220257.jpg


昨日まで、レバーの食いつきが悪くなってきてたので、
味が混ざって他のも食べなくなったら嫌だったので、
レバーを一旦中断してました。

でも今日からまたレバー再開。
今日蘭丸&キラ連れてドッグラン行った帰りに
スーパーに寄って買って帰ってきました。

いつものように、鶏のムネ肉&牛赤身&レバーの3種です。
鶏のムネ肉はね、ちょっと蘭丸たちのご飯の食いつきが悪いので
混ぜてあげようと思って、大目に買ってきました。

20070909220324.jpg


でもって、茹でて冷やして、盛り付けです。
ちなみに下の段は、左がキラくんのフード(普通のフード)、
その隣が蘭丸くんの肝臓サポートの療法食です。

20070909220340.jpg


できましたーーー♪
キラと蘭丸には、気持ちだけ鶏のムネ肉をおすそワケです。
でね、右端の入れ物。これね、今日はコナンくんにもちょっとだけあげようと思って。
普段はフード以外は一切あげてないんだけど(だって、フード食べたらそれに越したことないじゃん。
変にあげて、普通のフード食べなくなったら嫌だしと思ってね)
今日はちょっとだけあげることにしました。
ポロンちゃんは、肉類まったくダメなので、ケージに入れても
結局コナンだけが食べることになるのです。
こっちは、鶏のムネ肉がメインで気持ち、レバーと牛赤身を少々。
オヤツ感覚(というか、補助食感覚)で量も少なめに。

で、カムちんは上の段。
いつものごとく、免疫サポート(肝臓のお薬が入ってるので、黄色くなってます)
と肉3種です。

20070909220410.jpg


食べてくれるかなー?点滴終わった後で、だいぶん落ち着いてたので
あげた瞬間からバクバク食べてました♪うふっ。

20070909220424.jpg


こないだレバー拒否してたのに、今日は普通に食べてた。
毎日で飽きちゃってたのかな??まぁ、これからも入れたり止めたり
適当に変えてみようと思います。

20070909220436.jpg


いつも私が食べさせてあげてるんだけど、ご飯あげた瞬間
家電が鳴ってさ(電話違う部屋にあるん。子機も充電してなかった)
電話が終わった後、確認したら結構食べてくれてて
スヤスヤ寝てたんだけど。
まぁー安心したものの、ちょっと残念。
カムが嬉しそうに食べてるトコロ見るのが、私の生き甲斐だったのになー。

20070909220449.jpg


でもお水はあんまり飲んでくれないんだよねー。
ちょっと味つけるのに、ワン用の粉ミルクとかパラパラって
入れたりしてあげてるんだけど…。
なんか、それもあんまり興味ないみたいでさ。

20070909220500.jpg


お水飲んでくれないことには、点滴が止めれないってことで
ちょっと悲しいです。

20070909213911.jpg


ゴハン食べ終わって、スヤスヤ眠ってるカムカムです。
そうそう、1日1回のステロイドのお薬は、
点滴始まってから、注射で打ってもらってるので、今はお薬は
飲ませてません。肝臓のお薬を朝・夜2回飲んでるだけですのだー。

よし、カム!頑張ろうぜい。

  1. 2007/09/09(日) 22:17:16|
  2. 食事関係

点滴7日目・近所の病院行

20070909213647.jpg


今日もカムカム、発作などもなく落ち着いていました。
でも昨日の検査の結果が良くなかったので、本当は
点滴1日あけて、明日いつもの病院に行くことになってたんだけど、
やっぱりお水飲まないし、すごく不安なので
ちょっとでもラクになればいいなーって思って、
点滴に連れていくことにしました。
夜に行ったんだけど、今日はそれまでに蘭丸&キラを
ドッグランに連れて行って、結構クタクタになってしまってた…。

20070909213700.jpg


というわけで、今日は近所の病院を使わせてもらうことにしました。
車で15分くらいなので、いつもの病院に比べると
かなり快適なのですよ♪うふふ。
というわけで、結局点滴丸1週間(7日目)に突入です。
もちろん明日も明後日も…ずっと続きます。
少しでもカムがラクになってくれるのなら、こんなことくらい
ヌルイもんよーーーーーーーーー!!!

20070909213749.jpg


7時過ぎに病院へ行って、「やっぱり点滴打ってもらえますか?」って。
昨日お願いしに行ったので、快く了承して頂けました。
カムカムくんどう??って聞かれたんだけど、
やっぱり落ち着いてるし、肉も食べるけど、水を飲まないってことを
報告しました。
先生が、「昨日に比べるとちょっとしんどそうな顔してるね」って。
それを結構気にされてたんだけど、
昨日とかね、いつもの病院で点滴終わってから寄ったので、
そこそこ元気だったんだけど、
いつもの病院でも点滴する前は、このくらいですよ…って説明してました。
そうなんよねー。点滴すると大分元気になりやるけど、
それまでは落ち着いてても、まぁそんなに動ける元気はないってカンジなん。
そう考えると、やっぱり点滴してちょっとでも元気になって欲しいなーとかも思うのさ。

20070909213800.jpg


で、前回と同じように点滴と、ステロイドの注射をしてもらいました。
今回も、私がカムカムを抑えてたんだけど、
なんか今日はえらい抵抗して、途中で針が曲がってしまったので
抑える体制を止めて、ぶら下げる方法をとったら
結構スムーズにいきました。

20070909213812.jpg


でもって、点滴は明日以降もずっと続くのですが、
明日はいつもの病院に来てねって言われてたんだけど、
月曜しょっぱなは結構負担が大きいので、いつもの病院行っても
点滴だけであれば、こっちの病院で点滴してもらおうかな?って。
明日、いつもの病院に連絡しておこうと思います。
でね、明日の点滴もお願いしてきました。
担当の先生お休みみたいなので、他の先生にお願いしておくねって
言って下さって、一安心。
ちなみに、ここの近所の病院は火曜がお休みなんだけど、
本院と姉妹院みたいなカンジで、こっちが休みの時は
本院に先生がいはるみたいなので、もし良かったら本院に
連絡しておくよって言ってくださったんだけど
(本当に、すごい色々考えてて下さってて、涙がでちゃう…。だって、女の子ダモン!!)
月曜はこっちの病院使って、火曜はいつもの病院に行こうと思ってたので
それをお伝えしました。

ちなみに、過去に蘭丸の爪が折れて血だらけになった時ね(お昼休みに発見)
その本院のほうで、時間外だったにも関わらず、
診察してくださってね、助けてもらったことがあるんよ。
本当に、すごい有難い病院なんです。

20070909213823.jpg


というわけで、明日は多分こっちの病院に行くと思います。
さー!来週も頑張るぜよ!!!!!!!!!!

20070909213833.jpg


カムちんは、相変わらず落ち着いてます。本当に嬉しい限りです。

20070909213845.jpg


これからも精一杯がんばりたいと思います。
何よりも、悔いのないように。
後で、後悔するんだったら、今無理してでも頑張りたいと思うのです。

20070909213859.jpg


カムが落ち着いてると、本当に幸せ♪
この幸せな時間が1日でも長く続きますように。
そうそう、いつか落ちついたら、カムカムの今までの経緯を
時系列に表にまとめたいなーって思います。
2004年から腎臓治療が始まって、去年の7月から体調崩して
年末から本格的な肝臓の治療が始まって(というか年末も末期宣告受けてたからね…)、
なんとかそれを乗り越えたと思って安心してたら
年明けに、副腎腫瘍疑惑が浮上して…、
で、7月末にインスリになって…
血糖値も16まで下がって、究極の選択で手術して…
ほんで今に至ってるワケですが。
カムのガンバリをどこかにまとめてあげたいなー。
本当によく頑張ってくれてるよ、カムちん。

20070909213712.jpg


ちなみにですね、カムのお腹の毛が大分と生えてきたんですよ!!

20070909213730.jpg


尻尾~お尻はまだちょっと生えてこないけど、
これからフサフサになったらいいなー。
というか、フサフサになるまで頑張ってくれるとイイナァ。
もう一度毛があるカムカムを見たいです。



頑張ろうね、カム!!
  1. 2007/09/09(日) 22:02:08|
  2. 通院(点滴)

9月8日のカムカム

昨日(8日)のカム写真。


↓↓


[9月8日のカムカム]の続きを読む
  1. 2007/09/09(日) 21:35:26|
  2. カム写真

点滴(通院)6日目&検査結果

20070909001655.jpg


というわけで、月曜日から始まった点滴も今日で6日目を迎えました。
私の中では、昨日で一旦終了できると思ってたので、
土日は疲れを取ってまた来週から頑張ろうと思ってたのに、
全然疲れが取れなくなってしまい、ちょっとガックシ。
しかし、そうもいってられない状況なので頑張るしかない。
ここまで来るともう気合で乗り越えるしかなくなってきた。
私のカラダは悲鳴をあげております。
栄養ドリンク飲んで頑張ってます。7月末から栄養ドリンク飲んでない日がないっす。

20070909001717.jpg


ではでは、通院内容です。
今日は、腎臓の値(BUN)をもう一度測りましょうってことでした。
この結果で、今後も点滴が必要なのか、一旦中断(まではいかないと思ってたけど)できるのか、
毎日じゃなくて回数を減らせるのか…の結果が出ることになってました。
とりあえず、カムカムの状況を報告。
発作も起こってないし、私が見る限りでは元気そうで落ち着いてます…と。
お水の件に関しては、ミルクでちょっと味をつけてあげると
少しだけ飲んでくれるようになったと。

でもね、待ち時間の間、カムカム結構グッタリしてたんですよね。
発作とかは起きそうなカンジではなかったけど。
ずっと膝の上で、身動きひとつせずにグッタリ寝てるカンジ…。

20070909001729.jpg


で、触診してもらって、血液取ってもらいました。
体重は1.2キロで無事に維持できてます。良かった♪
毛もちょっとだけ生えてきてるねーって。

20070909001744.jpg


肝心の検査結果ですが(今日はBUNだけだったん)
前回66までなんとか下がってたのが、今回また83.3で
80台に戻ってしまってました。
ということで、この状態で点滴を止めるのは危険ということで、
これからも点滴をできれば毎日続けてあげてくださいってことになりました。
1回、2日空けてみましょかってことで、異常がなければ
次は月曜日に来てねってことになったんだけど、
異常があったり、不安あったりで可能であれば明日も来てねって。

ただ、正直言ってしまうと、本当に平日仕事終わって連日病院通いは
結構キツイんです。近かったらまだましなんだけど。
片道40分+待ち時間(いつも1時間~2時間)、
それ以外にも蘭丸&キラの散歩、ぽろんちゃん&コナンくんの放牧、
でもって、自分のこと…。
ほんとにイッパイイッパイなんですよね。
で、どこに一番影響を及ぼすか…といわれれば、間違いなく仕事です。

だからね、絶対外せない時(何日かに1回の検査とか)は
ここの病院まで来ることにして、カムカムも落ち着いてて
点滴だけ打ちに通うのであれば、近所の病院使わせて欲しいなーって
思ってて、相談したら
「●●先生(近所の先生)に、今回の数値見せて、下がらないので
 点滴お願いしたいって伝えてください」って。
休診日の時に、近所の病院で点滴してもらったし、点滴の内容は
もう近所の病院でもバッチリわかってもらえてるので、
状況に応じて、ここの病院と近所の病院と使い分けるようにしました。
平日の仕事しながらの状態だと、このちょっとの差で負担が大きく違うんす…。

20070909001758.jpg


結局腎臓の値に関しては、考えたくないけど、
やっぱり手術による負担がこうして出てきてるんだろうなって思います。
今まで腎臓が悪かったから、手術そのものの選択肢がなかったくらいだし、
それを覚悟して手術を行ったんだから、もう今更何を言っても仕方ないと思います。
こうやって、見えないところでカムの体内はジワジワと蝕まれていってしまってるけど、
それでも状態は落ち着いているので、あとはこれ以上酷くならないように
点滴なり、できることを頑張ってあげようと思います。
ぶっちゃけ、どのくらい持つかは、分からないそうです。
でもこの数値でも頑張ってくれる子もいるそうなので、
カムも頑張ってくれるとイイナァ。

でもカムがしんどくなったら、無理しないでいいよって気持ちは前から変わってません。
カムカムに負担掛けたくないとか、1日でも生き延ばしてあげることは
考えてないって言っておきながら、
結果だけを見たら、こうやって毎日点滴に通って
無理矢理生き延ばしてることに変わらないような気もするけど…。
ただ、私がこうだ!!って思うことを全力でしてあげたいって気持ちが
一番なので、
今は「点滴してちょっとでもカムがラクになってくれたらなー」って
思うから、それで突っ走るしかないと思います。

でもでも、もうカムカムが疲れたって思ったら
その時はゆっくり休んでいいよーって気持ちは変わらない。
あとはカムカムに任せます。

20070909001816.jpg


というわけで、何もなければ次は、月曜日の点滴で通院です。

今日も病院の帰りに、そのまま近所の病院に寄って
「また点滴お願いすることになると思います」って
報告に行きました。担当の先生が診察室に案内してくれたので、
結局そこから30分くらい、診察という名の相談をしてました。
「りーさんに負担が掛かって、共倒れになるのが一番怖いから、
 検査とかはいつもの病院で、しんどい時とか、カムカムくんが
 落ち着いてる時とかは、こっちでも点滴の協力はできるから
 いつでも来てくれて構わないよ」って。
お言葉に甘えることにしました。
いつもの先生からも「●●先生に宜しくお伝えください」って言われてたので、
その旨をお伝えしました。
こういう時、先生同士が認識あってくれて本当に良かったなって思う。

これからのことに関して、私の気持ちを説明して、
今はカムカムが見たカンジは落ちついてくれてるので、
幸せですって話をしてたら、先生が
「あの状態で、手術を選択したリーさんも、本当によく頑張ったと思うよ」って
言ってくれた。相当覚悟がいっただろうし、リスクの大きな手術だったから
あの状態で手術しますって決断するにもかなりの勇気がいったでしょうって。
こうやって今カムカムくんが落ち着いてる状態になれたのは、
そのリーさんの決断があったからだよって言われて、
なんかジーンとした。

ちょっと余談。蘭丸もね、ここの病院で何度か診てもらってるので
(状況によって、いつもの病院とここの病院、両方使ってるん。
 でも検査結果や、処置の内容は、両方の先生に報告してるから、
 蘭丸の状態はよく理解してもらってる)
前回また肝臓の数値が正常値の10倍以上になってしまって
肝臓治療が再開したことに関して、相談してたん。

あとね、例のビビリ病の件と。
最近、ワン用の精神安定関係のお薬増えてきてるみたいで、
蘭丸が健康体であれば、それも一つの手かもって言われたけど、
肝臓が悪いので、それは使えないし…ってことになった。
ちょうどその犬の心理学の話してる時に、
ここの病院の先生が出席した犬の心理学の研修会?に、いつもの病院の先生も
参加されてたよーって言ってた。
だから、メンタル面での薬のこととかも、いつもの病院の先生も
知識はおありだろうから、採用しないってことは
蘭丸にはダメだって判断されたからだと思うよって。

他にもね、最近ちょっと気になる蘭丸の行動があって、相談してたらね、
それは本当に犬の心理学の話になってくるので、
あんまりはっきりそうだ!って断定できることじゃないので、
ここに書くのは控えておきますが…。
まぁ、簡単にいうと、今まで全くそんなことなかったのに
蘭丸がちょっと奇妙な行動を取り出したのね。
先生が私の話を聞いてて、思い当たったのが
「蘭丸くんが、キラくんを庇おうとして取ってる行動のような気がする」って。
で、「リーさん、キラくんに対して起こったりしなかった?」って。
もうそんなんキラに対してなんて、よく怒ってるから
いっぱいありすぎてわからへん(涙
先生が言うには、「もしかしたら蘭丸くんは、キラくんが
ある行為をした時にリーさんに怒られてるのを見て、
キラくんが怒られないように、証拠を隠滅してキラくんを庇ってるんじゃないかな?」って。
マジデーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!?
っていうか、それが本当なら、蘭丸!!アンタどんだけ賢いのよーって。
唖然としました。
っていうか、内容をちゃんと言ってないので、何のことだか分かりませんネ。

そういう犬の今までと違った行動っていうのには
結構きっちりと理由があって、原因を探っていくと
そういう何かに繋がってるんだよって…。

先生も今、犬の心理学とか行動パターンの研究にすごい力を
入れてるみたいで、他にも色んなタメになる話をしてもらえた。
犬の心理って本当に奥が深いんだね…。
なんか、飼い主さんでも忘れてしまうくらい何気なくした行動が
原因で、ワンコの行動にずっと影響を与えるとかの
話を聞いてて、ワンって本当にすげぇーな!!って思う反面、
そんだけ影響を与えるってことは、私も自分の行動に
一つ一つ責任を取らなきゃなって…考えさせられました。

というわけで、一応点滴OKの了解を取れたので、
また利用させてもらおうと思ってます。
明日、様子見てもいいよって言われてたけど、可能であれば
こっちの病院に点滴だけでも通おうかなーって思ってる。

カムカム!!頑張ろうね♪

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/09(日) 01:26:18|
  2. 通院(点滴)

7日~8日のカムカム

20070908112406.jpg


ちょっとだけウロ覚え。なんかもうどうやってその日その日を
乗り越えて行ってるのか、その日が必死なので
後から思い出すと、記憶にないことが多くて…微妙。

20070908112416.jpg


写真は、多分昨日のカムカム。病院行って帰ってきてからかな?

20070908112629.jpg


昨日(7日)の夜からもカムカム、とくに変わったことはありませんでした。
相変わらずササミいっぱい食べてくれるし。
今はレバーはいったん休憩。
最近気づいたこと。食べる時に、カムが好きな順番(というか、食いつきが良くなる順番)。

第3位…フード入れからそのまま食べる方法。

第2位…私の手のひらに、ササミをおいて食べさす方法。

第1位…私が一切れずつカムの口に持っていって、口の中に入れてあげる方法。

こんなカンジになりました。

20070908112616.jpg


というわけで、一番カムカムが幸せそうに食べてくれる(食いつきが良くなる)方法の、
一切れずつカムカムの口の中に入れていく方法をできる限り採用してます。
これね、長い間ずっと観察しながら比較してきたんだけど、
やっぱりこれが一番いっぱい食べてくれる。
フード入れとかだと、ちょっと食べて「ぷいっ」ってするねん。
その後、手から食べさせるとまた食べるんよ。
手のひらもある程度すると、ササミを口でポイって投げよる…
で、その後に口の中に直接入れてあげると、まだ食べたりするので、
これが一番いいのかも。

20070908112600.jpg


で、もいっこ発見したこと。
もうお腹イッパイ!!これ以上食べられナイっすよー!!って時は、
一応、口の中に入れたササミは、貰うのだけど
食べないで、ケージの隅っこの方へ隠そうとする。
これ、元気な時からいつもそうだったけど(オヤツとか、貰うだけ貰って隠す)
それを目安にしてお腹イッパイか判断してる。

20070908112547.jpg


でも私もべったりカムカムにつきっきりじゃないから、
仕事中とかはフード入れのササミとかも大分食べてくれてるみたいなので、
どこまで本当かは分からんけどねー。
なんとなーく。気持ちきもち!!なんでもいいから、ちょっとでも
良かれと思うことは、してあげたいと思ってるん。
だから、これからも暇をみつけては、私が食べさせてあげようっと。

20070908112530.jpg


ちなみに、お水を飲まない件に関しては、
それを打破する為の新しい方法を採用しました。
お水を容器に入れて、そこに粉ミルクをパラパラと…。
あくまで水がメインなカンジで。
比率は、水:粉ミルク=99:1 くらいの割合かな?
気持ちだけ、味をつけてあげたら、なんか自分からちょっと飲めるようになった。
わーい♪暫くこれで試してみます。
それでも今までに比べれば全然飲めてないけどね…ハァー。
だから相変わらず、シリンジでの水補給も私の仕事です。

20070908112515.jpg


で、今日も病院でした。通院(点滴)6日目です。
通院内容は、また分けて詳しく書くとして。
結論から言って、検査の結果がよくなかったので、
点滴はこれからも続くことになりました。
もうずっとかもしれない。でも、私が見る分にはとっても元気に見えるし、落ち着いてるので
この状態を少しでも長く保ってあげたいと思います。

20070908112504.jpg


でもって、病院終わって大雨の中、蘭丸&キラのお散歩に行って
(キラくん、大雨散歩久しぶりかも!?)
その後、久しぶりに飲みに行ってました。
本当に最近バタバタで、自分の時間がなかなか取れてなかったので
久しぶりですー。カムもちょっと落ち着いてるし、点滴してもらってきたとこだし…。
たまには私のリフレッシュも必要だもんねー。

20070908112455.jpg


しかしですね…。なんかこの辺でウップン晴らしたいーーー!!!ので
飲みたかったんだけど、飲んでしまうと、もし夜中に
カムカムの容態が悪化した時に、夜間救急に走れないー!!!って思って
お酒は止めておきました。ソフトドリンクだけにしたヨ。
なんかさー、つくづく私の世界の中心はカムカムなことに気づきました。
でもほら!お酒は別にいつでも飲めるじゃん。
でもでも!もしなんかあった時にカムカムを守ってあげれられるのは
私しかいないしなー…って思うと、当然の結果だね。

20070908112445.jpg


というわけで、飲みから帰ってきてもカムちゃんは落ち着いてました。
良かったー♪安心。
っていっても、今日の飲みも時間にして1時間半くらい。
長居は禁物ですのだー。

20070908112426.jpg


カムー頑張ろうネ♪
  1. 2007/09/09(日) 00:16:31|
  2. 食事関係

チャレンジその壱のカムカム写真

久々のフェレット3匹チームで触れ合った時の写真たち。

カムカムがインスリノーマになって、隔離してから
発作が怖くて、ほとんどまともに触れ合えてない3匹でした。
良かったねー、久しぶりに触れ合えて。

↓↓


[チャレンジその壱のカムカム写真]の続きを読む
  1. 2007/09/08(土) 23:53:59|
  2. カム写真
前のページ 次のページ

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。