小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

26日 62回目の点滴(蘭丸検査入院の日)

ちょっと蘭丸の検査入院だったり、他のことだったりで
写真とってる余裕がないので、暫く文字だけでの更新で…。

26日、カムカムを点滴に連れていきました。今回で62回目の点滴です。
この日、ちょうど蘭丸の検査入院の日で、当日に退院できるか1泊入院になるか
夜にならないと分からない状態だったんだけど、
どっちにしてもカムカムの点滴の日だったので、その時に結果を聞くってことで
とりあえず夜に病院に向かいました。
蘭丸の麻酔が切れる時間の関係でいつもよりも遅めでした。

最近のカムカムも、本当に調子がいいみたいです。
ちょっと今、その蘭丸の肝臓治療のことでかなりバタバタしてるので
カムカムの件はいつもよりちょっとだけ簡潔に…。


カムちゃん、体重はいつもとたいして変わらずに1.2キロ。
本当に元気が有り余ってるようで、診察台の上でも豪快に動いてました。
先生も「本当調子いいよねー」って。
いつも通りに点滴を打ってもらって終了ーしました。

そうそう!26日の夜ね…、蘭丸が検査入院から帰ってきて
バタバタしてたらから、ちょっとだけいつもに比べて夜ゴハンの準備が遅れてしまってて…
さー今から準備するからね!って思ってたら!!!
なんと!カムちゃん、自分からカリカリフードをモクモクと食べました。

あれかなー?おなか減って、a/dが出てくるまで待てなかったのか…
もしかしたら、ある程度おなかが減ったらカリカリでも自分から食べれる状態にまで
回復してるのかもしれない。
私は、時間あけると低血糖の発作が怖いので、こまめに食べさせるようにしてるから
カリカリ食べる前にa/d食べさされて、おなかが減ってないからカリカリ食べないだけなのかな?
もしかしたら、私がゴハン食べさせるのやめたりすると積極的にカリカリ食べてくれるようになるのかなー?

でも、怖いから食べるまで待ってみよう…とかいう気にもならないけど…。
a/dで調子の良い日々を維持できてるのも確かだしねぇ。

でもね!26日の夜に自分からカリカリをすごい量食べてくれたので、
その日はa/d食べさせてもおなかイッパイなのかちょっとしか食べやらへんくて、
そしたら27日のウンチが綺麗なウンチになってた!すごい健康的なウンチ!
久しぶりに見たーーーーーーーーー!感激♪みたいな。
いつもa/dだから軟便なんだよね…。久しぶりに良いウンチを拝めましたー!ぎゃほっ☆
完璧パーペキパーフェクト!!!!!!

この調子で頑張れ!カムカム♪


でもって…、蘭丸の肝臓治療に今力を入れてるのは、ぶっちゃけると
カムカムでかなり苦労したからっていうのもあったりするん。
カムちゃんもずっと肝臓悪くて、それだけじゃなくてカムの場合は腎臓もネックになってたけど…
そのせいで、手術(麻酔)の選択肢がずっと取れずにいて、
副腎腫瘍にしてもインスリにしても手術の選択肢がなかったから、
それが本当に辛かったのね…。手術で治る可能性もあるのに、なんでカムカムは
手術ができないのーーーー!?って…。
もう手術しないでこのまま少ししか持たないんだったら、手術中に亡くなるリスクはあっても
一か八かのチャンスに賭けてみるのも手かも…っていうので
最後の最後のどうにもできない状態にまでいったから、苦渋の選択肢で「手術」っていう方法が
追加されたってカンジだったんだけど。
今はそれを乗り越えてくれたから、結果オーライ!になってるけど、
あの時点でもうダメかもしれないってやっぱり思ってたし、今頃カムカムはいなかったのかもしれない…とも思うのね。

で、そういうのがあったから蘭丸の肝臓治療に関しては
なんとしても今のうちにありとあらゆる検査をして病気を特定して
的確な治療を行いたいっていう思いがあったん。
蘭丸の場合若いから…っていうので、今は投薬と食事制限で抑えて
薬でも手におえなくなってきたら、色々してみたら?とも一つの案として提示されたけど…。
私の考えでは、若いからこそ、やるなら今だ!っていうのがあったんさね…。
それこそ高齢になって他の病気になったりした時に、肝臓のことがネックで
カムカムのように治療法が制限されるっていうのも嫌だったし…。
まぁ他にも私の思いは色々とあるんだけどね。
こうやって実際に検査したところで、慢性肝炎でどっちにしても一生投薬&食事制限が
かかる可能性もないわけでもないんだけど…。
でも今のうちにやれるべきことは全てやっておきたいと思ったん。

だからなんていうのかな…。
蘭丸くんの今回の肝臓の件に関しては、カムカムの時に経験してきたことが
本当に役に立ってるんだよね。
犬とフェレットとでは、若干状況も違うのかもしれないけど、
それでもカムカムのことがあったからこそ、私の今の考えが確立されたっていうのもあるし。
色々と考えるきっかけを与えてもらったのかな…とも思う。

というわけで、カムカムも蘭丸も頑張ろうね!!!
この子達のために、私ができることは本当になんでもしてあげたいと思う。
一緒に頑張ろうね。


スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/28(木) 23:02:15|
  2. 通院(点滴)

大事なものを諦めたりしない

200802224 008


最近のカムカムもおかげ様でとっても調子の良い日々が続いています。

200802224 009


本当なんていうか、去年のアレは何だったんだろう?って思ってしまうほど
普通な毎日が送れています。
↑って書くと、カムカムにすごく失礼な気がしてしまうので、言い訳。


うーん?なんていうのかな?
今もいっけん良さそうには見えるけど、でも普通に考えると
結構いつどうなってもおかしくない状態ではあるんだろうけど。
それでも、あの壮絶な日々を考えれば、本当に今の生活って
本当に穏やかで、幸せです。

でも、こういう気持ちになれるのも、今の状態にまで回復してくれたのも
すべてカムカムの頑張りによるものだと思います。
だからね「今までは何だったんだろう?」っていうのは、カムカムにとっては
とんでもなく失礼な発言ですね…。ごめんね、カム。
カムが頑張ってくれたからだよね?

200802224 010


カムカムはこれからもまだまだ頑張ってくれると思います。
これからも一緒に頑張ろうね♪

200802224 011


前は本当にいつもグッタリしてて、私が起こさないと起きてる姿を見れない…ってくらい
動いてるカムカムを見るのが貴重だったんだけど、
最近は本当によく動きます。
ケージの中にいる時も、私をみつけて「出して出して~!」って催促して
動いてくれることもあるんだよー。

放牧は、今もだいたい20分程度がカムカムのタイミリミットならしく、
そのくらいの時間になると、自分から寝にいきやります。

200802224 012


そうーーーーー!大変残念なことに、ここ最近のフェレズの放牧写真…。
私、パソコンに取り込んだと思ってて、デジカメの中の写真全部削除しちゃったら
パソコンに落としてなかったみたいでさーーーー!ばり凹む。
ほんま泣きそうになった。

200802224 013


というわけで、ここ最近のフェレズ写真全滅だったので、今日撮った写真だけ。
今日の夜ゴハン食べてたときのカムカムです。

200802224 014


次回の点滴は、蘭丸の生検(検査入院)の日に、連れていこうと思ってます。
最悪、蘭丸が1泊入院になるかもしれなくて、家帰ってこれなかった場合、
夜にカムカムを点滴に連れていって、蘭丸の面会もしてこようと思って!

200802224 015


カムカムのサプリは、結局今も全て中断しています。
でもなくても結構イイカンジなんだよね…。
だから今は、この良い状態が続く限り、今まで通りでいこうと思います。

200802224 016


なんか最近本当、食欲も旺盛になってきて♪
ゴハンの時間を心待ちにしているカンジ。
本当は、ケージに入ってるカリカリ食べてくれればいいんだけどなー。

200802224 017


とりあえず、今のところはパーフェクトかな~?
寒い日が続いてるから、ちょっと心配だったけど…
そこそこ対応できてるみたいー!わっほーーーーーーーーー!
結局、今年入って1回も発作も起こってないしネ☆カム!頑張ってる。

背中の毛は綺麗に生え揃ったけど、やっぱり尻尾の毛は生えてきません。
副腎腫瘍の摘出したのが8月…。
半年以上たって、他の毛は生えてきたのに……
この状況を見てると、もう尻尾の毛は生えてきてくれないんだろうと思います。


200802224 018


カム!これからもこの調子で頑張ろうネー。
本当、最近カムカム自身がとっても穏やかな顔をしているので
私にとってはそれが一番の幸せかな~?良かったねー、カム♪

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/24(日) 23:35:48|
  2. 観察日記

前回の血液検査の結果

20080220 002


前々回の通院時(2月11日)に行った血液検査の結果。
かなり遅くなってしまったけど。
写真は、カムカムにゴハン食べさせてたらワラワラと集まってきたうちのワンズと一緒に。

20080220 003


■血液検査結果■

PCV:40%
TP :7.2

GLU:57
GPT:359
BUN:39.8


20080220 004


この前(正常値に入ってかなり良い状態だった)に比べると
ちょっと結果は悪くなってしまったけど、
でもこの程度なら今までのカムカムのことを思うと
まだまだパーフェクト♪な勢いです。

血糖値はだいたい50台前後なので、いつもと変わらず…。
まぁ発作が起きてないので、私の中ではかなり良い状態☆

GPTも前回正常値に入ったところだったのにぃー。
また300台になってしまいました。
それでも300台とかも今までに比べたら普通に良い状態なのでOK☆

BUNは…、やっぱり点滴の頻度を減らしてしまったのが原因かな?
これもまだまだイケル範囲だけど(今までも60~80~100とか多かったし)
やっぱり点滴の頻度は週1(最低9日に1回程度)が良いってことが分かったので
これからは、あんまりあけずにきっちり点滴に通おうと思います。

でもなー、そこそこ水分補給できてるし(自分からはやっぱりほとんど飲まないけど)
私の中では、かなり良い状態を保ててると思ってたのになー。
結局、点滴あってこその今の状態っていうのがハッキリしたことは
ちょっとだけ…うんちょっとだけ、切ないけどねー…。
やっぱり点滴は必要不可欠なんだね、カム。

20080220 005


最近のゴハンも相変わらず、a/dメインです。
1日1缶あけてる、素晴らしい食いっぷり。
a/dの目安って1缶(1日)で小型犬用の量なんですね、それこそキラとかのゴハンレベル。
キラで体重2.5キロ程度。カムちゃん1.1キロ。
あきらかに食べすぎやろ!?とも思うんだけど…
1回病院でも「ちょっとあげすぎかもしれないね」って指摘されてたけど。
でもこんだけ食べてちょうど良いカンジなんですよね…
だいたい1缶を3回に分けて1日でペロリってカンジ。
これより減らすと結構調子悪くなるんよね…。

でもま、ゴハンに関してはいろいろ試してきた中で
カムカムの今の状態では、これが一番良い状態を保ててるってことが分かったので
カムちゃんが食べ続けてくれる限り、ずっと続けていきます☆

20080220 006


うち、病院代だけじゃなくてご飯関係にも結構なお金がかかってるかも…
カムカムで370円(1缶)×30日⇒約1万円(月)
蘭丸の処方食も、1ヶ月ちょっと(もつかな?)で3キロ:5000円×2袋⇒1万
で、キラのゴハン(しれてる)と、ポロンちゃん&コナンくんのフェレットフード(しれてる)、
で、私の外食代(!!!!!!!!!!????)

はい、一番無駄なのは、間違いなく私の外食代だと思います(涙
自炊しなあかんよなー、そろそろ。
あと節約できるっていったら、私のゴハンくらいしかない…
ここらで、私の本気(おにゃのこ度)を見せてみようかしら…?
自炊3日続いたら、ネ申レベル…やからなー。

20080220 008


まぁー、カムちゃんが頑張ってくれる限りは私も頑張ります♪
しっかり働いて、しっかりうちの子達を養っていかないと!
欲を言えば、給料がもう5万ほど多くもらえればなー…ラクなんだけど。

20080220 009


最近のカムもとっても調子は良いです、それが本当に嬉しい。

20080220 011


カムカム☆これからも頑張ろうねー♪

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/20(水) 23:16:47|
  2. 血液検査

61回目の点滴

今日は写真がないのですが…。

本日、点滴に病院に行ってきました。今日で61回目の点滴です。
今日はね、蘭丸くんの凝固検査(末に肝臓の一部を取り出す検査が待ってるので
血がちゃんと止まるかどうかを事前に確認しないといけなかったん)があったので
蘭丸くんも一緒に行きました。
それとね、ちょうどコナンくんのジステンパーのワクチン接種の時期だったので
コナンも一緒に行ったんだよー。
さすがに3匹連れていくのは結構大変だったー…。
っていっても、犬2匹よりもフェレット2匹の方が全然ラクだけど。

今日の診察の順番は、コナン⇒カムカム⇒蘭丸でした。
蘭丸の凝固検査が本当にやっかいだったー。
うーん、カムちゃんは今のところ本当に落ち着いています。

ドライフードは結局食べてくれないけど、それでもa/dだったら
自分からそこそこ食べてくれるようになったし♪
でも体重はちょっとだけ減って1.1キロでした。
コナンくんと一緒だったよ。

点滴の準備してもらってる間、看護士さんがカムカムをダッコしてくれてたんだけど
(私、蘭丸くんのリード持ってたから)
「やっぱりカムカム、目見えてないですよねー?』っ話してて、
カムカムの前に手持っていったり、動かしたり色々やってたんだけど
全く反応がないんさね…。もうほとんど見えてないんだろうか…。
でも放牧中も、普段の生活も臭いである程度は判断できてるのか
生活に支障は全くないようなカンジです。
ただ、カムカムと目が合わなくなったことは、非常に寂しいですけどね…
「カム~!」って呼んでも、手をかざしても全く反応してくれない。
耳は聞こえてるから、それに対しては反応してくれるんだけど、
目が見えないから、私がいる全く逆の方を向いて私に応えようとしてくれる姿を見ると
ちょっと切なくなってくるさね…。
今日も看護士さんと2人で「おーい!カムカム!こっちだよ!」って
全く逆の方を向いてるカムカムに気付いてもらおうと、声掛けたりして色々試してました。

点滴もいつものようにチャチャっと終了。
前回の点滴からちょうど1週間でした。
今回は、たまたま蘭丸の凝固検査がこの日って指定されてたので
立て続けに病院行くのも大変なので一緒に連れてきたカンジ。
どっちにしても、こないだちょっと検査結果が前回よりも悪くなってたので
やっぱり週1での点滴に戻そうと思ってたし、ちょうど良かったんだけど。

本日の費用は、カムカム⇒点滴、コナン⇒ワクチン、蘭丸⇒凝固検査、
免疫サポート1箱で1万6000円ちょっとでした。
今月ねー、カムカムの通院もあと2回ほど残ってるし、
来週でまた切れるし、蘭丸の検査入院で6万近くかかるので
かなりイッパイイッパイかもしれませぬ…。
でも頑張ろうっと♪

カムカム!頑張ってくれてありがとうねー。
この調子で6歳目指して頑張ろうぜぃ!


テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/18(月) 21:47:27|
  2. 通院(点滴)

飲んだら乗るな 乗るなら飲むな

20080211-2 029


今日は飲みに行ってやした。テヘヘ♪
私も普段はあんまり飲まないし、お酒も全然好きじゃないけど…
なんだかんだと最近よく飲むようになりました。

って、カムカムの話と全く関係なさそうですが!!実は関係あるんです。

フェレットさんの体調って本当にいきなり急変したりして
ビックリして病院に走ることも多いんだけど…。
カムカムの場合、去年の夏から本格的な闘病生活が始まって、
本当に「急変して病状悪化」っていうのがすごく多かったのね。
それこそ、朝の時点ではまぁなんとか大丈夫、昼もまぁソコソコ…
なのに急に夜に体調悪化!!とか…重度の発作!!とか…

私は一人暮らしなので、カムカムの闘病に関しては
本当に誰の力も借りずに一人で乗り越えてきてるんだけど
(要は気合だーーーーーーーーー!!!)
一人だからこそ、全ての責任が私にかかってくるので、本当に責任重大だったんですよね。

だからそれこそ、カムカムが調子悪かった時期なんて
絶対にお酒なんて飲めなかったー。
もし具合が悪くなって、急に病院に走らなくてはいけなくなった時に
お酒飲んでしまって、車運転できませんでした…なんてことは
ありえない!!!って思ってたし。
だから、以前はまったく飲んだりなんてできなかったんだけど。
飲みにはいっても、絶対にソフトドリンク!!みたいな…。

飲んでしまって車乗れなかったら、タク呼ぶ方法もあるんだろうけど…。
でもそういう緊急事態の時って、一刻一秒がすごく貴重だし、
それが命取りにもなるから、タク呼んで来るまで待ってる時間すら惜しいと思うし。

だからね…、それこそ去年なんて飲みの席に参加したとしても
一口も飲んでなかったんだよね。
最近、カムカムが落ち着いてきてこうやって調子の良い日々が続いてるので
年末辺りからチョコチョコ飲みに行くようになったけど。
だからそれって私からすると、カムカムがそんだけ元気になってくれたっていうことなんですねー。

実際にカムカムのことで、夜間救急に走ったことはないけど(過去、蘭丸が2回程度)
それでもいつ何があっても、すぐに出動(?)できるように
いつも準備は万端にしてたー。
私すごいズボラっこなので、いつもガソリンもカツカツになって
途中でガス欠するかもー!?っていうレベルまでねばったりしてたんだけど
(原付のガス欠は数え切れないくらいアリ)
カムカムの闘病生活の一番大変だった時期は、
毎日ガソリンの量も確認してましたー。
だって、夜中にいざ病院に走ろうにもガソリンなかったら大変じゃん!
お金はなくても…まぁ、病院代ならカードでなんとかなるけど。
急いでる時に、スタンド寄らな病院までもたへんー!!とか、ありえないっしょ!?

人間様の急患は、救急車を呼べば一発だけど
動物の場合、飼い主が救急まで連れて行くしか方法がなくて…。
そう考えると、本当にこの子達の命は私に掛かってるんだなーってしみじみ思う。

なので、闘病中に私が気をつけていたこと。参考に↓

・お酒は絶対に飲まない。
 私は一人暮らしだったので、私が飲んでしまうと終了なので…
 夜中の緊急時って、交通手段が車しかないし(夜間救急が近くにあれば別だけど)
 移動は必須なので、運転できる人間は必要だと思います。
 車がない場合は、すぐにタクを呼べるように連絡先(タクの)を控えておくのが良いかもー。

・車のガソリンは常に一定以上
 夜間救急への往復程度のガソリンは余裕で持つくらいに
 前もってガソリンを入れておく。いつでも出動できるように。

・夜間救急の連絡先を登録しておく。
 だいたい、先に連絡してから行かないといけない場合が多いと思うので
 (私が使ってる救急も、事前の連絡が必須)
 すぐに連絡できるように…ですね。
 

・夜間救急病院の確保
 あと、当たり前だけど…、夜間に対応してもらえる病院は調べておく必要があります。
 うちの近所の夜間は、1時までなのでそれを過ぎると少し遠い夜間救急に
 行かなくてはいけなかったので、事前に場所の下見はしていました。
 迷わないですぐに行けるように。

・普段から観察日記(記録)をつけておく&すぐに持っていけるように
 夜間救急は、初めての場合が多いと思うので
 かかりつけの病院のように状態を全て把握してくれてるわけではないので。
 (応急処置なので、当たり前なんだけど)
 それでも、今までの経緯や最近の検査結果などがあれば参考になるのでは?
 と思うので、私もいつでも持っていけるように観察日記のノートは手元に持ってます。

・お金も多めに持ってると良いかも!?
 私は夜間救急に行く時って、いつもお金スッカラカンの状態で行ってしまうので
 なんとも言えないけど(財布にお金入ってないこと多いけど)
 普通はカードで対応してもらえると思うので、あんまり心配はいらないけど…
 夜間救急は普通の病院に比べて、診察代のほかに「夜間救急料」がかかります。
 うちの近所の病院で一律7000円だったかな~?
 だから、多めに持って行くに越したことはないと思います。


って、ちっとも役に立たない話のような気もするんだけど…
一応、私の経験から何かの役に立てば…。
 
 

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/14(木) 23:58:54|
  2. 闘病生活について

心臓肥大のこと

20080211-2 022


最近調子が良いので、あんまり更新してないやー。
まぁそれだけ調子が良いってことなので、嬉しい限りです。

20080211-2 023


今日は久々に心肥大のことに関して。
カムカムの心臓肥大は、以前に行ったレントゲンの結果で心臓肥大が確認されたのだけど。
結論から言って、かなりの大きさになってしまってたんだけどね。
でも歳とともに…っていう部分と、進行を遅らせることはできても
完全に止めることはできないことと、
カムカムの場合、心臓肥大よりも体内にいつ爆発してもおかしくない大きな爆弾を
たくさん抱えてる状態…っていうのもあって、
先生達と相談した結果、心臓肥大に関しての治療は選択しないことになりました。
結局、心臓の治療を開始するとなると、またきちんと検査をして
それにあった治療を進めていかなくてはいけないので、
検査⇒麻酔…という選択が、腎不全のカムカムにはかなりの負担になるのと
(最悪、そのせいで腎臓が手遅れになってしまっては…ね)
前回の手術が、私の中では最後の手術と決めていたので
もうこれ以上腎臓や肝臓に負担をかけることはしたくありません。

なので心臓肥大に関しては、本当に様子見…というか何もしてません。
レントゲンで進行を確認しようにも、レントゲンそのものが負担になるので
できればしたくないし…ってカンジです。

20080211-2 024


一時期は心臓肥大から来てたのかな?と思われるかなり酷い咳が
連発してて、苦しんでるカムカムを見てるのが本当に辛かったけど
咳自体はもうピタっと止まったし、今のところ外から見てる分で
気になるところはないかな~?ってカンジです。だからまー安心は安心。
心臓もカムカムが頑張ってくれる間は、なんとか持ち堪えてくれるといいなーって
それを願うしかないですね。

結局カムカムの場合、色んな病気を合併してるので(どこもかしこも悪い状態)
どの部分が最初に限界に達するかは本当に分かりません。
肝臓と腎臓、低血糖(インスリ)でいえば、今のところやっぱり一番死に直結するのは
腎臓かなー?って思ってるし、先生からもやっぱりそういう風に言われてるので
今は腎臓の維持が最優先になってるカンジ。
低血糖の発作も最近はマシになってなってきてるので、以前に比べると
そこまでヒヤヒヤすることもなくなったけど、
それでも普通に考えると血糖値は低い状態ながらもなんとか発作を起こさずに
保ててる状態には変わりないので、
もし仕事中や私がいない間に重度の発作が起きて、処置が遅れて
カムカムが亡くなっていたらどうしようー?っていう不安はつきまとってはいるんだけど。


そういえば、以前の咳が酷かった時期のもがき苦しんでたカムカムの動画を
撮ってたんだけど(先生に、こういう状態ですって見せようと思って)
それをここにUPしようかな?とも考えたんだけど…
文章でこういう状態でしたって説明するよりも、実際にどんな状態になるのか?っていうのが
誰かの参考になるんなら…って思ってたんだけど。
でもあまりのカムカムの苦しみ方に、見てて耐えられないものがあったので
なかなかUPしよう…っていう気になれないのが現状で…。
参考になれば…って気持ちもあるけど、そんな酷い状況のカムカムを見せるのは
あまりにも辛すぎる…っていう気持ちもあって。


でも今のカムカムは、本当に調子が良いのでそれは本当に嬉しいです。
この状態を少しでも長く維持できるように私も頑張りたいと思います。

じゃ、次回は前回の通院時の血液検査の結果を報告する予定です。(予定は未定)

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/14(木) 01:56:02|
  2. 心臓肥大

点滴ついに60回目

20080211-2 030


今日、高校の友達たちと集まってたんだけど病院に行かなくてはいけなかったので
一足先にバイバイして、ダッシュで病院に向かいました。

今日でカムちゃんの点滴もついに60回目をむかえました。

でも最近のカムもとっても調子が良いのです!
実は…前回の点滴から今回ちょっと時間が空きました。
今まで、どんだけ長くあけても最高が9日に1回だったんだけど…

今回はね、あえて少しだけ延ばしてみたかったんです。
前回から12日ぶりの点滴になりました。この頻度は過去最高…。

理由はね、このところ気が向いたら自分からお水をチョコチョコ飲んでくれるようになったのと
同じく気が向いたら、ドライフードもちょこちょこ食べてくれるようになった!!
ので、すんごい調子良さそうだし、ちょっとだけ点滴の頻度あけてみようと思って。

完全にストップのOKももらえないし、あんまり長い間あけない方がいいって
言われてたんだけど…。
今のBUNの正常値を保てるようになった状態は、点滴による成果なのか…
それとも調子がよくて、自分からも水も飲めて、点滴がなくても対応できるのか?
がハッキリ分からなかったので、それの白黒をつけるためにも
調子の良い今、点滴の頻度を減らして結果を確認したい!!っていうのがあったんです。

点滴もね、悪いことはないんだろうけど…
でも調子よくなってくると点滴そのものや通院自体が負担になってくるんじゃないか?って
いうのもやっぱり思っててね…
もし点滴もっと減らせるなら、減らしてあげたい!とも思ってたんす。


で、今日の病院もやっぱり病院についたときはヨダレがいっぱい出てました。
なんか、いつも病院来るとヨダレが出るんだよね…

あとはすごく調子が良いので、「バッチリですよー!」って先生に報告して♪
そろそろ時期的に血液検査の時期だったのと、上に書いたように
この点滴の頻度を減らした今の状態での数値を確認したかったので
今日は先に血液検査してもらいましたー。
その後に、点滴も。

血液検査の結果(数値)はまた後日、きちんと記録しますが…

やっぱりね…、残念ながらBUNは上がってました…ネ。涙涙
前回正常値にキレイに返り咲いたのに、今回40手前くらい。
まぁそれでも今までのことを思えば、全然OKな範囲ですけど…

あとね、肝臓(GPT)もちょっと上昇して300後半(400まではいってなかったかな?)程度。
GPTも過去1000オーバーがあったので、この辺りの数値は別に驚きもしないし
前に戻ったか~…ってレベルです。

血糖値は、来る前に免疫サポート食べさせたところだったけど
これもいつもとあまり変わらず。57くらいだったかな~?

というわけで、やっぱり今までの点滴の頻度(1週間~最高9日程度)が
一番良い状態を保ててたことはハッキリしたので、
これからはまた週1程度のペースに戻したいと思います。
頑張ろうね~!カム!!!

でも今日も院長先生に「本当にカムカムくん頑張ってくれてるね」って
褒められました♪あの過去の状態からは、本当に想像できないくらい
元気になったねー!って。うんうん、本当にそう思う。
カム!頑張ってくれてアリガトウー

でもって、今日は他にも蘭丸の次回の検査入院のことでちょっと話があって、
カムカムと蘭丸の薬が切れたので、2週間分もらって、
蘭丸くんの肝臓サポート3キロの注文をして、
カムカムのa/d缶を5缶貰ってきました(覚え書き

ヒルズ!!!!値上げ…ばり凹む!!
a/d⇒350円(1缶)が370円になってたよ!!!あひゃっ。
こないだ、ウォルサムの値上げが来てたし(蘭丸の肝臓サポートも値上がった)
ヒルズも値上げって聞いてたから(l/d注文する時に)、
そう言われれば、そんな話してたなーって思い出したけど…
ドライフードの話で、缶は関係ないと思ってた(甘いなぁ…
こんなことなら、それこそ100缶くらいでも買い貯めしとけばよかった)
100缶買っても2000円しか変わらん…けどだなー。
でも100缶あったら3ヶ月分は確保できたのになぁー。残念無念ー

というわけで、次回は蘭丸の凝固検査の時期に合わせないといけないので(点滴)
次の点滴は来週ですー。カムちん!頑張ろうね~



テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/12(火) 00:10:04|
  2. 通院(点滴)

5歳9ヶ月お☆め☆で☆と☆う☆

20080204 039


カムちゃん!今日で5歳と9ヶ月(推定)を迎えることができました!
おめでとう!カム♪
本当に嬉しいやぁ~。
他の子達は、「○歳」とかの誕生日は「おめでとう~!」って言ってるけど
○ヶ月…単位での「おめでとう!」とかは全然気にしてなかったけど…

カムカムに関しては、1ヶ月1ヶ月を乗り越えて行ってくれてるのが
本当に嬉しいんです。
とっても1日1日が長く感じるんですよねー。
でも本当に良かった!これから、まずは目の前の目標6歳の誕生日まであと3ヶ月!
この調子で頑張ろうね!


↑昨日の記事に書いたようにカムカムのゴハン食べる専用のケージに入れて
自分からソコソコ食べてくれてるカムちゃんの写真です。
腰あたりの毛もしっかり生えてきてフサフサになったっしょ?
本当に嬉しい限りです!
どんだけ生えてきたか…というと。↓比較はこちら

20070814007.jpg


↑これ去年のお盆の入院してたときの写真。
腰~にかけての毛が全くなくてツンツルテンの状態でした。
こうやって比較してみると、すごい生えてきたっしょ!?すごいすごい!
あ、おなかの辺りは手術の為に剃ってるけど、背中~尻尾にかけては
副腎腫瘍のせいで、ここまで酷い脱毛状態になってしまっていました。
でもこの時は、毛がなくて良いこともあったんだけどね。
(発作の前兆に早く気付くことができるっていう…モロに皮膚だから体温の変化が
 すぐに分かって、一種の目安になってたんだよね)

20080204 059


ゴハンも食べ終わって、「出して~!出して~!」って要求してるカムちゃんデス。
元気があって何より~!「出して!」って言えるだけのパワーがあると安心する♪

20080204 071


カム、5歳9ヶ月本当におめでとう♪
5歳を過ぎてから本当に色々大変で、すごく濃い時間を過ごしてきたような気もするけど、
それでもこの半年カムカムと一緒になって必死に頑張れた時間は
今となってはすごく貴重な思い出だよ。
これからも、月誕生日を祝っていこうね~♪

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/05(火) 23:58:44|
  2. 日常

放牧中の元気なカムカム

20080204 032


恒例の放牧前のエネルギー補給(ゴハンをしっかり食べさせて)もできたので
今日も元気に放牧ですー♪
一応ね、放牧前はゴハンをしっかり食べさせることだけじゃなくて
何点か注意するポイントを毎回必ず確認してから行ってます。

それは…、
■まず1つ目⇒お口の中のヨダレの状態
 放牧前、あまりにもヨダレが大量に出ていたら放牧は念のため中止にしてます。
 一応私の中では、そこそこの判断基準が出来てる。
 かなりの場合は、処置…って思ってるけど、最近は処置することもほとんどないかな?
 触ってちょっとヨダレが出てるかな?程度なら、免サポを食べさせて様子見ながら
 ひたすら監視しながらの放牧。時間もいつもに比べてそれこそ短めに。
 ヨダレが確認されなかったら、普通にいつも通りの放牧になります。

20080204 030


■2つ目⇒体温の確認、手足・尻尾の体温を特に注意して。
 カムカムの場合、以前の昏睡状態になるような重度の発作の時は
 絶対にいつもかなりの低体温になっていました。
 あの時は、背中~腰~お尻の毛がまったくなかったので、触ってすぐに
 分かるカンジだったけど、最近毛もフサフサになってきて、判断が難しくなってきたので
 尻尾と手足の温度を触って、特に注意して確認してます。
 ぶっちゃけ、これで発作を未然に防げたこともないんだけど…
 なんとなく、自分の中で「うん、大丈夫。あったかい」って確認しないと気がすまない。

20080204 029


■3つめ⇒表情…かな?
 やっぱり長い間、カムカムの苦しんでる姿をずっと傍で見てきたので
 体調悪い時の表情と、調子が良い時の表情はすぐに分かるようになりました。

20080204 035


■4つ目⇒舌の色
 これは低血糖の発作というよりも、腎不全の面で気をつけて毎日確認するって
 決めてる項目かな?
 舌の色が悪いと、ちょっと気持ちゴハンに混ぜる水の量を増やして調整してるカンジ。
 いつも放牧前のゴハン(夜だね)は、低血糖の発作を防ぎたいので
 水分少なめでガッツリゴハンを食べてもらいたい!っていう気持ちで
 用意してるのね…。でも舌の色が悪い時は、水分を多めのサラサラゴハンにするので
 そのかわり、放牧時間は極力短く、普段よりもエネルギーを消費させないようにしてます。
 

20080204 037


私が放牧前に気をつけて確認してる内容はこんなトコロかな?
このほかに、体撫で回しての全身チェックは毎日行ってます。
これで、前回の頭にできた肥満細胞種をすぐに発見することができたし…
やってて良かったーって思う。
本当は毎日体重も量ってあげられればいいんだけど…
だいたい持った感覚で、なんとなく分かるので(増えた!減った!っていうのが)
それで気になったら体重はかる程度かな…
週1回の通院で体重は毎回はかってるし、特に気にならない分には量ってない。
ゴハンもよく食べてるし…ってカンジかな?

20080204 038


ウンチも毎日確認してるけど、やっぱりa/dがメインなので、ずっと軟便です。
これはもう仕方ないと思ってる。
だってカムちゃんa/d以外は全く口にしないし、
a/dに変えてからずっと調子もいいし、あんまり問題にはしてないかな?
昔の下痢(血便してた頃とか)の時に比べると一応形もあって、
そこそこ大丈夫だと思ってます。

20080203 023


そんなカンジで、今日も問題なかったので、放牧させてました!
でもやっぱり20分くらいが限界かな~?
そのくらいの時間になるとピタっと自分から寝にいきます。
体内時計なのかな…?単に疲れるから…かな?

20080204 060


クククク言って遊ぶことはなくなったけど
(カムカムのククククッ、久しぶりに聞いてみたいなー、本当に)
それでもそこそこ走り回って、楽しそうに遊んでます。

20080204 063


カムちゃん、今日もとっても調子が良かったねー。
この調子で頑張ろうね♪

20080204 064


もうすぐ通院の時期です。次回で60回目の点滴です。
100回目指して頑張ろうねー。
本当は完全に点滴ストップできればいいんだけど…
それは先生からOKをもらえないので…
点滴の回数が増えていくってことは、その間はカムカムが頑張ってくれてるってことなので
目指せ!100回~♪で頑張ります。

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/04(月) 22:31:24|
  2. 日常

今日の夜ゴハン

20080204 021


で、今日の夜ゴハンを食べさせてた時のカムちゃんの様子です。

20080204 023


こないだ、カムカムがドライフード食べてくれた!って記事を書いたけど
結局あの1回だけで、やっぱりドライフードは食べてくれません。
なので、相変わらず今まで通り私が食べさせてる毎日…。

ただ、一つ進歩したことがあってですね!!

20080204 024


なんと!なんとなんとなんと!!!!
カムカムを昔隔離してた小さいケージの中に
容器にゴハン(a/d)を入れて、カムカムを一緒に中に入れると
自分である程度食べれるようになったんですよ!?
これってすごい快挙!!!!

20080204 025


それでも夜ゴハンは、私がスプーンで食べさせてあげてます。
これはね、やっぱり続けてあげようと思うー。
なんていうか…コミュニケーション!?だと思ってるから♪

こうやってゴハン食べさせる作業って、私とカムカムの共同作業なカンジがして、
一緒にカムカムと頑張ってるんだよねー!?って気になるし、
カムカムがこうやっていっぱい頑張ってくれてるから、
私もできることはしてあげたいと思うしー。

20080204 027


でもね、ケージに入れて(もちろん、ゴハン食べてる20~30分の間だけね)
カムカムが自分から食べてくれることによって、
私の負担もかなりラクになって助かります。
例えば、朝とお昼休み。
朝は本当にバタバタしてるからね…蘭丸の散歩もあるし…。
元々出勤前ってなんでかバタバタするもんだよね?

だから、朝もゴハンだけ用意してカムカムを小さいケージに入れて
自分から食べてくれてる間に、私も自分の出勤準備ができるという…。
かなり助かる~!!!ブラボーー!!

同じく、お昼休みにしてもそう。
今まで、短い昼休みの間にカムカムにゴハン食べさせなきゃいけないから
自分のゴハンなんてあんまりまともに食べてる時間もなかったし、
昼抜いて、カムカムにご飯だけ食べさせて会社に戻らなきゃならないことも多かったん。
だからねー、今はカムちゃんが自分から食べてくれるから
私はそれを見ながら、ゆっくり自分のゴハンが食べれるという。
本当にすごくラクになりました。カム、頑張ってくれてありがとう!
元気になってくれてアリガトウ♪

20080204 028


あとは、自分からお水を飲んでくれることを願いますー。
でも点滴の頻度も少なくなったけど、とっても調子良さそうだし、
今のところは本当に安心してます。

これからもカムカムが穏やかな毎日を過ごせますように

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/04(月) 22:04:35|
  2. 食事関係

昨日のゴハン時のカム続き

20080203 013


昨日の夜のゴハン食べてるカム写真残ってるぶん、とりあえず保管ッス

↓↓ちょっとだけ
[昨日のゴハン時のカム続き]の続きを読む
  1. 2008/02/04(月) 21:48:43|
  2. カム写真

調子が良い日々

20080203 001


おかげさまで、カムカムは相変わらず調子の良い日々を送っています。
よく食べるし、よく遊ぶ(長くても20分前後だけど)し、
表情も明るいし、それなりに動くようにもなったし、
発作も年末の発作から一度も起こってません。1月も1回も発作はなかったなぁー。

20080203 002


ちょっとこの日、何を思ったのか私がボーっとしてて
気がついたらすごい大量のゴハンを作ってしまってました。
一体どうしたことか?水と免サポを多く入れすぎてしまったらしい…
もちろんこんなに一気に食べれるはずもなく、ちょっと残ってしまい
時間あけてまた少しずつ食べさせることになったんだけど…。

20080203 003


カムカムの看病生活は…というと、最近本当に手が掛からなくなったので
びっくりするくらいラクになりました。
今、私がカムカムの為にやってることっていったら、
・1日3~4回、ゴハンを食べさせてあげること(薬も一緒に混ぜてるので一気に完了)
・1週間~9日に1回の点滴の為の通院

↑たったコレだけですよ?今までが今までだっただけに、恐ろしいほどラクすぎます。

夏場、カムカムの調子が悪くて会社も早退&遅刻&欠勤&外出と
本当に迷惑を掛けっぱなしでしたが、カムカムの件で休んだり遅刻したりすることもなくなりました。

毎日、朝4時間・昼4時間の仕事中(お昼1時間はゴハン食べさせに絶対に帰ってくるから)
も、仕事だけに打ち込めるようになりました。
やっぱり家に残してきて、心配ばっかりしてると、気もそぞろで全然仕事もはかどらなかったし…

20080203 004


あとすごく助かってるのが、カムカムの闘病生活が始まってから
私の出張がピタっとなくなったことです。
これは本当に助かる…。
偶然、会社の方針で出張自体を控えようってことになったんですよね。
あのまま出張とかがたまにある状態が続いてたら…ってゾっとする。
同じ大阪の別の事業所に行く程度(月1回ペースだったん)なら問題はないんだけど
結構遠くまで日帰りで行かないといけないことも多かって…
福岡とか東京、山口、広島…
福岡行きの時なんて、朝の4時に起きて蘭丸散歩させて
始発で新大阪⇒福岡…。帰ってくるのが夜遅くて、そっからまた散歩行って、
で次の日も普通に仕事…とかのかなりハードなスケジュールやったん。
あんなのが今も続いてたら…と思うと、怖いよね?
もちろんその時は、カムカムは病院に預けて…ってしか方法はないんだけど。

20080203 005


だから、私がカムカムの今回の件で対応できたのは本当に全てのことが
良い時期に重なったと思うんです。
多分、出張も当分なさそうなカンジだし。
ただ仕事でどうしてもこの時期だけは休めない!っていう、
どんだけ高熱が出ても這ってでも行かないといけない時期があって…
だいたい月の最後~最初と、あと1年でいうと
決算2回と、新製品の発売前。
私の今の仕事(生産管理)ってうちの会社では私以外にできる人がいないんです。
正直なところ。
それは問題視されてるので、これから変わっていくんだろうとは思うんだけど。

だから、もしそんな大事な時期にカムカムの具合が悪いのが重なってたら
すごく大変だったと思うんです。
でもカムカムが調子悪くなる時期っていうのが、絶対にそういう大事な時期から
全部外れてるんですよね。
ただの偶然かもしれないけど、ここまでこういう状態が続くと
偶然のようには思えない気がします。

20080203 006


一番調子悪かった時期(入院、手術もろもろ)もぴったりお盆に重なってました。
だから私も毎日面会に出来た。
手術後も全然よくならなかったのに、お盆があけて仕事が始まる!って直前に
奇跡的に回復して退院⇒私も普通に仕事に戻れて…
その後も、発作が起きたり大変だったけど、
会社の一大イベントの新製品発売の時期にはピタっと発作も止まって回復。
会社でもあんだけ迷惑掛けたのに、新製品発売前には私も普通に毎日
出勤できてて、「時期を見計らったように回復してくれたなー」って
驚かれてた。なんて親孝行な子なんやろうな…って涙ナシには語れないー

そこからすごくずっと調子もよくて、久しぶりに昏睡状態の発作が起こったのが
年末の長期休みに入ってた時期。
あれも、私が休みじゃなかったら処置ができてなかったんだよね…(お昼だったから)

20080203 007


なんかねー、カムカムそういうの全部わかってるんじゃないかな?って思えるんだ。
そういえば!夏のかなり連発して発作が起きてた時期(1日に2~3回とか)も
私の誕生日の日だけは計算されたかのように
ピタっと1日発作も起こらなかったん。

20080203 008


この半年、カムカムの闘病生活に付き合ってきたけど
私が「まだまだ頑張る!」って思ってる時は、カムカム調子悪かったりするんだけど
私がかなり行き詰って「もうダメだ…限界」って弱音を吐いた頃に
見計らって、奇跡的な回復を遂げて私を励ましてくれたり…

20080203 009


で、何が言いたいかというと…
このブログの題名つけた時も、これと全く同じような説明をしたんだけどね。
やっぱり、カムカムはとっても優しい子なんだと思うんだー。
いつも私に負担をかけないようにしてくれてるんだなーって感じるん。

もちろん、カムカムの調子が悪い時は私も全力でそれなりに対応しようとは思ってる。
どんなに仕事が大変な時期でも、会社を抜けて病院に連れて行く、
看病をする…そういう最低限のことは何が何でもしようとは思ってる。
仕事は、最悪家に持って帰っても休みを返上してでも
睡眠時間を削ってでも、いくらでも切り抜ける方法はあると思う。
でもそういうのもやっぱりないにこしたことがないから…社会人としては。
カムカムがこうやって頑張ってくれることは本当に嬉しい。

20080203 019


カムちゃん、本当にアリガトウね。
これからも一緒に頑張ろうねー。カム、愛してる!

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/04(月) 01:02:20|
  2. 日常

手術翌日の面会時

20070814023.jpg


ちょっとカムカムの写真の整理をしてたら出てきた写真達。
これ、あの一番大変だった頃の写真です。
多分、以前のブログの時にはこの写真で記事書いたんだけど
こっちのブログに引越しして、この写真はどこにもUPしてなかったと思う。

今でもこの写真見ると無性に泣きそうになる。
でもカムカムが一生懸命頑張ってる姿だから、どうぞ見てやって下さい。

20070814024.jpg


これね、手術の翌日の朝一番の面会の時のカムカムです。
うちの病院、診察時間内は面会させてくれるから、
手術終わってカムカムが入院してる間は、朝2時間・夜3時間の面会を毎日続けてました。
ちょうどお盆で仕事もお休みだったから。
そう考えると、本当にタイミング的には一番良かったんだと思います。

病院の先生がね、「カムカムくん、りーさんが会いに来てくれるの分かってるんだよ。」って。
こうやって毎日朝・夜の可能な限り、りーさんがカムカムくんに会いにきて
ずっとダッコして、体撫でて、ガンバレ!って励ましてくれるから
それに答えようと頑張ってくれてるんですよ!って言われて、
本当にねー…なんていうか、「そうなのかな?」って思えたん。

面会っていっても、診察室に待合室での面会になるので
他の患者さんもおられるんだけどね、
多くの人が「ガンバレ」って声をかけてくれた。すごい励まされたし、
そうやってカムカムのことを自分のことのように心配してくださって
何度も泣いてしまったりもした。
待合室がいっぱいで埋まってる時、イスに座ってた飼い主さん達が
カムカムの為に席を空けてくれたりもした。すごくあたたかかった。
名前も知らない人たちだったけど、本当に嬉しかった。

20070814025.jpg


特にこの写真を撮ってた時は、私も絶望の中にいたときだったと思う。
緊急を要するからってことで、この前日の夜中に急遽手術を入れてもらって。
術中に亡くなることも覚悟してくださいって言われて、
ひたすらカムカムが無事に手術を乗り越えることができるようにを祈ってた。
夜中12時を回って、結果の連絡を受けたとき、
カムカムが無事乗り越えてくれたことに号泣し、
でも全体に広がってしまってて手の施しようがなかったインスリの結果を聞いて
愕然として、また号泣し…。
その後、朝まで泣き続けた。

手術も、もともと腎臓が悪いこともあり、それにくわえて肝臓もわるく、
高齢での手術(年齢も推定でしかないから…)、
一か八かの賭けに出るような状態で…。
手術の選択自体も私の中でずっと葛藤があった。
これ以上、カムカムに負担をかけてもいいのか?って。

今でこそ、この時の手術があったから今の回復したカムカムが存在してるんだけど。
この時は、本当にやってみないとわからない。
やっても可能性としては、良い結果を得られる可能性が低いって言われての
手術で…。で、実際に手術後も血糖値は30台で手術前と何も変わらなかった。
自分を責めたし、選択に悔やんだりもした。

20070814026.jpg


それでもカムカムが一生懸命、乗り越えてくれたんだから
面会に行ったときは絶対に泣かないで、「よく頑張ったね」って
笑顔で再会しようと思ってた。でも…ムリだったけど。
カムカムに会う前に、先生からデジカメで撮った手術中のカムカムの写真を見せてもらった。
もうその時点で、ワンワン泣いてしまったし、
実際にカムカムに対面できた時も、泣き止むことはできなかった。

20070814027.jpg


カムちゃん、本当に頑張ってくれたんだなーって改めて思った。
本当に本当にアリガトウ。

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/03(日) 10:22:34|
  2. 入院・手術

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。