小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恋*カム

カムカムへ






[恋*カム]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/10/24(金) 23:46:32|
  2. カムカムへ

治療一旦終了

2008101319210001.jpg

コナンも今日、一緒に通院でした。

前回8度4分(だったかな?)まで熱が下がってたんだけど…
実は、今日はまたちょっとだけ上がってて39度8分でした。

しかし…。
見たからに調子が良くなってること…から、とりあえず治療はこれで一旦終了になりました。
また調子悪そうだったらすぐに病院ってことで。

一応、あの例のお薬を今日まで続けていました。
ステロイドも1日おきで投薬してました。

触診なども異常なし。
体重も1.3キロで変動なし。
診察台の上でもちょこまか動き回ってたし、元気も出てきてるので
とりあえずお薬を中止して、治療は一旦終了とのことで。

ちょっと今日、熱が少し高めなのが気にはなったけど。
まぁ、なんとか一旦終了になってヤレヤレです。

暫く様子見てくださいってことなので、注意してみていようと思います♪

コナン、お疲れ様~♪
よく頑張ったね。
  1. 2008/10/20(月) 23:00:12|
  2. コナンの病気

86回目の点滴

カムカムとコナンと通院。

今日で86回目の点滴でした。
ちょっとここ最近、コナンの通院が続いてたので、何度も病院に行くのが
おとろしかったので、カムカムも一緒に点滴に連れて行ってたんだけど。
なんとかコナンの通院も今回で終了になったので、
これから暫くカムカムも通院お休みしようと思ってます。
次の通院は20日後くらいを予定しています。

今日のカムカムも絶好調でした。
体重は1.2キロで変わらず。

ほんとよく頑張ってるね~って褒められてたカムカムくんなのでした。
来月でカムカムとの生活も丸6年を迎えます♪
年明けてちょっとするとポロンちゃんとの生活も丸6年を迎えるんだけど…
ポロンとの6年はあっという間だったなぁ…ってカンジなんだけど
カムカムとの6年は本当色々あったなぁ…って気がします。
毎日が濃かった…。
いっぱい泣いたし、いっぱい笑ったし。
本当に1日1日を大切にしてきたカンジがします。
あ、だからといってポロンちゃんとの生活を軽んじてるわけじゃないけどね。

カムちゃん、今日も点滴頑張りましたー。
今日は看護士さんが忙しそうだったので、私が保定しました♪
こっちの病院では、いつも看護士さんが保定してくれてたんだけど、
前にお世話になってた近所の病院ではいつも私が保定してたので
対応はできるんだけど……。
なんか、自分で保定した方が、「カムカムと一緒に頑張ってる♪」ってカンジがして
私は好きなんだなぁー。
カムカムも、私が持っててあげてるほうが穏やかな表情してる気がするんだよねー←妄想(笑

というわけで、点滴も無事に終了。

暫く病院には行かない予定なので、
お薬まだあったんだけど、カムカムのお薬もまとめてもらってきました。
病院に暫く行かないってことは、蘭丸の通院も暫くストップの予定なので
蘭丸の肝臓のお薬ももらってきました。
で、a/dを5缶とフィラリアのお薬10月分×5匹分をもらってきました。

費用は全部で1万4000円くらいでした。

カム~。頑張ろうね~♪
  1. 2008/10/20(月) 22:55:57|
  2. 通院(点滴)

「肥満細胞腫」一か八か?

2008101319210000.jpg

↑さて、カムカムはドコでしょうか~!?

カムカムとコナン通院。

カムカムの肥満細胞腫のこと。

こないだから、皆に噛まれたり舐められたりで、いつも血だらけになってた
カムカムの肥満細胞腫……。

なんかどうにかならんものか?と相談したところ。

麻酔をして切除してみますか?ということで、ちょっと悩んでます。
ちょっと麻酔のリスクを考えると、一か八か…です。ほんと。

先生は、フェレットさんの場合は麻酔をしないことには切除は不可能とおっしゃってた。
ワンコロとか大人しい子達なら、局所?麻酔でも対応できるけど、
フェレットさんの場合、暴れるので絶対に無理だと…。

で、今のカムカムを見ていると、麻酔そのものには耐えれる気がするけど
その後の腎臓の数値が心配ってことで。
ただ、このまま出血が続いた場合、貧血になってしまうのも心配だからってことで。
私の判断に任せますってことでした。
もし、麻酔をかけるとすれば朝一番からずっと点滴を落として、
そのまま麻酔を実施。その後も、病院終了までひたすら点滴を落として…
万全の体制での麻酔の実施になりますってことでした。
わたし的には、あんまりカムカムを病院に入院させたくないんよね。
点滴しっぱなしってことは多分、静脈からの点滴?で、
また動き回って、掻き毟って、自分で点滴の管とってしまって最悪骨髄からの点滴?、
ほんでまた骨髄からの点滴の負担で体調崩して、昏睡状態になる…
っていうのが目に見えてるので。
骨髄からの点滴は、もう二度とゴメン…って思ってたので、絶対に避けてあげたいし。
でもこんだけ元気な状態で、静脈からの点滴は不可能に近いだろうとも思うので。
なんか結果が目に見えて分かるので、やっぱりやだなぁ…。

でもですね。じわりじわりと出血が続くと、貧血になってしまって…
貧血になってしまったらもう取り返しつかなくなってしまうらしくて。
なんか貧血の時の説明受けたけど、忘れちゃったわん(汗

う~ん……。
私はこのまま肥満細胞腫は放っておいてもいいかな?って気になってたんだけど。
でも貧血のことを考えると怖い気もする。

人間だったらさ、「カムカム、血出るから触らないでね」とか言えるけど
コナンや蘭丸達がそんなこと分かるはずもなく…。
こればっかりは…と思います。

なんかたまにケージから、誰かの叫び声が聞こえる…と思って
「ハっ」って見ると、カムカムがコナンに噛みつかれてて…><
すぐにコナンを引き離すんだけど。
コナンも何回も何回もカムカムにちょっかいかけにいくんよね…。

カムカムをまた隔離するべきか?とも思うんだけど…。
カムカムを見てるとやっぱり皆と同じ空間で生活させてあげたいと思うし。

麻酔して、また腎臓の値が上昇して、点滴に通いまくらないといけない…
とか考えるとちょっとゲッソリするし。

やっぱりこのまま様子見にしようかな~?と思います。
酷くなってきたら、隔離せざるを得ないかな…。


  1. 2008/10/20(月) 22:46:03|
  2. 通院

引っ越し計画

2008101319200000.jpg

↑関係ないけど、このカムカム…。人間みたいwww布団被って寝てる♪

私、引っ越すことになるかもしれん。

まぁ、我が家は色々と複雑なので…なんかゴチャゴチャしてるんだけど。
ちょっと先日、家族会議的なものがあって……。

今後の方向性がだいぶん決まってきました。
結論から言って…。
今の家をずっと私が管理していくのは不可能に近いだろう…ということになって。
やっぱりゆくゆくは、処分した方がいいのでは?という方向性になりつつある…。

私が結婚でもしたら、リフォームして…とか思ってたので
とりあえず住める間は住んで、決断を先延ばしにしてたんだけど。
なんか結婚なんてするかしないかも分からんのに
そんな不明確なことを待ってても、どうにもならんだろ…ってことになりやした。
まぁ、家の問題はそれだけじゃないし。
別に私の家でもないので……。

私だって、別に今の家に自分から望んで住んでたわけじゃなかったし。
本当は、こんなワケの分からん一軒家じゃなくて、
もっと安全で管理のしやすいアパートに住みたかった。
今の家も空き家にしておくんだったら、「アンタ住んだら?」みたいなカンジで
交換条件(その代わり、家の維持・管理モロモロを私が責任を持つ)で
住ませてもらってたようなカンジだったんさ。

でも、もう色んなトコロにガタが来てるし、
このままじゃ家が崩壊する…ってくらい結構ヤバイところまでいってるんさね。
だからって、補修できるほどのお金は私にはないわけで。

まぁ、そんなカンジで最終的には…
ちょっと本気で引越し考えたら?ってことになりました。

たとえ私が引越したところで、そんなすぐに家を処分とかもできないと思うので
(これは家族の問題だから、私1人ではどうしようもできん)
まぁ、本気で崩壊するまでは放置になるんだと思うんだけど…。
いざ、家が崩壊して住むところがなくなったら大変なので
今から余裕を持って移住計画を立てなさい…という指示が出たんだけど。

ペット可物件は、探すと色々ありそうだけど
(今日も探してたんだけど、結構規制があるんだね。犬1匹だけとか、大きさとか)
問題は場所…なんすなぁ。
私が一人暮らしで動物飼えてるのは今の環境だったからで…。
会社まで原付で2分。お昼休みに毎日家に帰ってて、通勤時間がかからんので
仕事終わったらすぐにお散歩に行けて…。
体調悪い子がいると、ちょっと会社抜けて様子見に帰ったりとかもしてて。
じゃあ、やっぱり今の近所で探すべき?と思って調べてても、
うちの界隈は、かなり辺鄙な場所で駅からも遠いし…
基本的に一人暮らし向けのアパートやらマンションがものっそ少ない地区なん。
普通に部屋探すだけでも難しいのに、そこにペット可物件ってなると
もう限りなく0に近く、ないのです。

てか、「ペット相談」物件よりも「ペット可」物件よりも
本当は「ペット用物件」みたいなのがいい。できることなら…。
でもそんなん街にしかないんだよ。

で、ペットOK物件で色々探してると…。
まぁ会社に通えないことはない距離(交通費をもらって、原付かチャリンコで通勤できる距離)で
探したり…とか。
なんか、本当に色々考えないといけないから難しい。

もういっそのこと動物病院に近いところで探そうか…と思ったりもしてたんだけど、
それだと病院に行くのは便利になるけど、
お昼休みに家に帰れなくなる…のが痛い。
病気のコがいるとお昼休みにしなきゃいけないことがあるから…。

候補は3つ。
1つ目⇒今の家の近所で探す。
<メリット>お昼休みは今まで通り帰れる。通勤時間がかからないので、ペットを飼うには最適。  
       住み慣れた土地なので、生活は快適。
<デメリット>交通費が出ない。近所で、理想に近いペット可物件がない。
       古臭い土地なので、一人暮らしが少なく、近所付き合いとかが大変そう。

2つ目⇒動物病院の近所で探す。
<メリット>病院に通うのが便利。何かあった時に安心。そこそこ良さげな物件が多い。
       原付で通って、会社からの交通費を家賃にあてれる。
       あんまり知らない土地なので、生活が不便。
<デメリット>お昼休みに家に帰れない。通勤にちょっとだけ時間がかかる。

3つ目⇒会社から少しだけ離れた物件の多い地区で探す。
<メリット>原付で通って、会社からの交通費を家賃にあてれる。
       お昼休みに頑張れば家に帰れる距離。様子見に帰れる程度の距離。
       物件が多い&値段、良さげな物件が多い。
       一人暮らしさんが多い地区なので、近所付き合いとかのうざさが少なさそう。
<デメリット>病院から逆方向なので、通院がますます遠くなる。

こんなカンジ。さて、この中だとどれ???
生活範囲(行動範囲)を考えると、1と3は、だいたい分かるカンジなので
あんまり不安はないんよなぁ…。
ただ、2になると、土地感もないし、生活範囲がガラっと変わるので不安なんだなぁ…。

とりあえず、今の家は暫くそのまま残るので…。
というか、もし不可能だったら、戻ることもできるし。
私も動物を連れてのマンション&アパート暮らしっていうのが未知の世界なので
やりくりできんかもしれんし…(涙)
何かしら問題が起こりそうな予感がするので(金銭的な面でも、私の体力的な面でも…
うちの子達の生活が不自由になってしまったりとか…。)
それこそ、家もなくなってもう帰る場所がない…とかなってしまうと、怖いので。
とりあえず、今のうちにお試し…ってカンジで、挑戦してみるべきなのかもとも思うんさ。

だから、カムカムの調子が悪い時とか、他にも具合悪いコがいたら、
出勤前に家に置いていって、お昼休みに帰って確認して…
仕事終わったら家に迎えにいって、マンションに一緒に帰る…とかもありかな?とも思う。
一緒に連れて行くこと事態が不安な状態にまでいってしまってたら
その時は入院しかないんだろうと思うけど。
でも考え方を返ると、みんな一緒に連れて行って、私の仕事中は今の家でお留守番…
お昼休みは家に帰って確認。
で、仕事終わったらみんなでマンションに帰る…とかもありなんかな?とも思う。
それだったら、今とそう変わらないもんね…
でも連れて行くとなると車通勤になるから、交通費を浮かせて…っていうのができないんだよね。

今の家は、とりあえずは、寝たりとか最低限の生活できる程度には
モノを置いておいて…。仕事に支障でそうな時とかしんどいときは
こっちに泊まって生活したりとか…でもいいかな?と思うし。
ケージとかサークルとかは、なんやかんやで有り余ってるので
とりあえずこっちでも生活できるように飼育道具一式は、置いておくつもり。

じゃあ、そのまま今の家に住んでろよ?って話になるんだけど(汗
ただ、将来のことを考えると、今から動き出して損はないと思うので。
いきなり、住むところなくなった!とかになって、全てが初めてのことだらけになるより
できる間に、準備していったほうがいいと思うし。
そのまま何の問題もなく、引越しして生活できたらそれはそれで万々歳だし…。

なんか大変な事態になってきたけど…。
とりあえずは、一番に優先して考えなきゃならんことは、
うちの子達に負担をかけずに…ってことかな?と思ってる。
一人暮らしで動物を飼ってるのは、それなりの覚悟を決めて飼ってるので、
やっぱりこの子達は何があっても守っていかにゃならんし、
私の勝手な都合で、可哀相な思いはさせたくないし。
自分に負担が掛かることは、そこそこは覚悟しなきゃ…と思うので
できるだけ今の環境に近い状態に持っていけるように頑張ろうと思います。
いきなり会社から遠くなって、留守番の時間が増えたり…とか、
疲れて遊んであげる時間が減ったり…とか、
なんかそういうのは絶対に避けてあげたいので…。
何がなんでも、うちの子達を最優先で検討しようと思う。
元々、蘭丸を飼い始めたのは、一軒家だったから…っていう今の環境が大きかったん。
最初は番犬…って思って、犬が欲しい欲しい言ってた部分があって。
(犬がいたら怖くない、寂しくないって部分もあったん)
柴犬を飼いたかったんは、番犬になりそう…的な部分があったんよね。
うちの蘭丸、全く番犬の役目は果たしてないけど(笑)
多分、私が一軒家じゃなくて、最初からアパートとかに住んでたら犬は飼ってなかったと思うし。


もし、トラブルが起こったら、すぐに家に戻る覚悟ではいるん。
その時はその時だと思うしね…。
振り出しに戻って、また一から別の方法を探さないといけないと思うし。
でも結局、やってみないと分からないこともあるだろうし、
今あぁだこうだいってても、何も分からないので、とりあえずは
ちょっとずつ行動に移していかないと…と思います。
でもそれも、そんな今すぐって話ではないので、これから…ですね。

私にとって…うちの子達にとって…
最適な方法を模索したいと思います。がんばろう~っと。
とりあえず節約してお金貯めなきゃ…話はそれからだわ
  1. 2008/10/17(金) 00:21:09|
  2. 日常

コナン、復活♪

20081012 033

コナンくん、熱が下がってかなり復活しました。
ちょっとここ最近は、発熱からほとんどまともに動けなくて…
ちょっと動くとすぐにグッタリして、しんどそうにしてやったので
遊ばせても動けないって状態で。

なので、できるだけケージから出さないでゆっくり安静にさせていました。
熱で体力消費してたり、免疫力下がってるトコロに
あんまり蘭丸たちと接触させたくないのもあって。

でも熱が下がってボチボチ安心できたので、いつも通りの放牧を復活させました。
やっぱりだいぶん調子が良くなってきたみたいで
そこそこ動けるようになってました。

でもまだ本調子ではないみたいで、定期的に写真みたいに「ペタン」って休憩しやるんだけど。
まぁ休憩だけでいうと、ポロンちゃんとかもするし。
そこまで心配はしてないんだけど。
それでも、絶好調だったときに比べると、多少しんどそうではあるんだけどね。

コナンは、以前のレントゲンで前立腺肥大が確認されてるので
排尿はずっと気にしてみてるんだけど、今のところは普通にオシッコしてるし
特に排尿困難になってたりってカンジはしないです。
でもコナンも何回か尿関係のトラブルが起きていたので…
先生からも、コナンくんはその傾向があるからこれから注意してって言われてたん。
だから私の中では「あぁーとうとう来たか」ってカンジだったんだけど。
↑レントゲンで前立腺肥大が確認された時。

まぁ、なんしか悪化しないことを祈ってます。

お薬もまだ続いてます。
ステロイドは1日おきに減りました。
暫く頑張ろうね、コナン!
  1. 2008/10/14(火) 23:02:18|
  2. コナンの病気

カムカムの肥満細胞腫

20081012 039

カムカムの肥満細胞腫。
これ、実は2回目の再発です。
1回目は日が経っていつのまにか綺麗になくなったんだけど。
また再発してしまって、今後は日に日に大きくなってきています。

20081012 040

見てると痛々しいんだけど、本人はあまり気にしてない様子。
でも周りの子達が舐めたり噛んだり(というか、噛む気はなくても歯があたったり?)
するので、いつも血だらけになってしまってます。

20081012 044

カムは麻酔ができないので、切除って方法がとれません。
糸みたいなので取ってしまう方法は…多分また再発するだろうし、
そこからもっと血が出てきそうなので、このまま手がつけられない状態です。

20081012 043

もうこの大きさにまでなってしまうどうしようもないみたい…かな?
とりあえず今は様子見。
他の子に噛まれたり…とかで酷くなったら、考えましょうっていわれてます。

20081012 046

なんか見てるだけでほんとう痛そうで可哀相なんだけど。
フェレさんの肥満細胞腫は良性だから、まぁそれは安心かなー?と思います。
なんかうまいことポロっと取れてくれたらいいのになぁ。

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/14(火) 22:44:33|
  2. 観察日記

34日目で熱が下がる!

昨日、コナンくんの通院。

なんと!コナンの原因不明の長期発熱…。
34日目にして、ついに熱が下がりました!!!!!!
ブラボーーーーーーー♪

ということで、もう少しお薬続けて完全に復活できたら
今まで公開してなかった日記を整理して公開しようと思います。

結局、コナンの長期発熱に関しては、お薬を変えてそれが合ってたみたいです。
でもその変更されたお薬が、フェレットさんでは可能性としては低い…
みたいな珍しい菌(なんか名前聞いたけど、忘れちゃった。確か、人間とか犬がかかる菌)
に対しての抗生物質のお薬だったので…。
先生も「これで改善される可能性は低いけど…」っていうカンジで
ダメ元でやってみる…的なカンジだったのね。
多分、改善されないと思うので、次の特殊な検査の準備をしてもらってた段階(検査キットの取り寄せ?)
だったのね…。

でも、コナンは、前回のお薬で改善されました!
1ヶ月以上続いた発熱が、やっと治まりました!よかったーーーー!
本当どうしようかと思ったんだけどね…。
コナンの診察だけは院長先生…っていうくらい、かなり心配されてたカンジでした。

でも、コナンの場合、なんか普通で考えられる症状が出てなかったので…。
普通、この状態になるとゴハン食べれなくなったりとか、
呼吸困難(咳)になったりとか…、そういう心配をされてたんだけど。
コナンは、発熱がひたすら続くだけで、食欲は旺盛だし、
呼吸も普通だし…血液検査の結果も全て正常値だし(リンパ球だけちょっと上昇してたくらい)
触診でもまった異常がなくて…。
レントゲンで前立腺肥大は確認されてたので、そっちはそっちで心配なんだけど。

ただ、今回の長期発熱に関しては、前立腺肥大は関係ないし…。
ってことで、もう治療に行き詰まりかけててワケが分からんかったんですが。
ここでなんとか改善されたので、本当一安心です。よかったー!

ちょっと元気も出てきてるんだよね。
最初は、まったく動けなかったからね…すぐにペタンってなってて。
最近はそこそこ動けるようになってきてるし。

熱が38度4分まで下がったんすよ~!やべぇー嬉しい。
今まで40度越えてたので、本当嬉しい限りです。
たまに、もともと平熱が高いフェレちゃんもいるらしいんだけど、
コナンは今までの診察でずっと平熱が普通なことを確認されてたから…。

まぁ、そんなカンジでとりあえずお薬をもう1週間続けて…。
それでこのまま改善されれば一安心ってことになるそうです。
また熱が上がったら、特殊な検査を受けることになります。
このまま落ち着いてくれるといいな…ほんと。

ちなみにこの日、蘭丸も一緒に病院。
ワクチンのこと色々考えてたけど、結局結論でなかったので今年は今まで通り
ワクチン打ちました。蘭丸くん8種。

で、コナンのお薬(抗生物質+ステロイド)を1週間分、
蘭丸の肝臓の薬2週間分、
カムカムのお薬(肝臓+ステロイド)2週間分、
カムカムのa/d缶5缶もらって帰りました。

費用は全部で1万6000円ちょっとだったと思う。
  1. 2008/10/12(日) 22:20:56|
  2. コナンの病気

ワクチンのこと

最近、私の中ですごく気になってるのがワクチンのこと。

*独断と偏見の部分が含まれるので、この記事参考にしないで下さいね。
  ワクチン色んな考え方があるだろうし、何が正解なのか私も分からないので
  気になった方はご自身で調べてください。

[ワクチンのこと]の続きを読む
  1. 2008/10/06(月) 01:35:12|
  2. 日常

発作後の病院(カムカム)

書くの忘れてた。

今日の通院で、カムカム、ステロイドの筋注実施。
先生が一応念のために、今日はステロイド打っておきますねって。

ステロイドの筋注は、以前にこれが原因で肝臓+腎臓にかなりの
打撃を与えてたので、中止になったんだけど。
あの頃は、それこそ毎日、筋注してたら…なんだけど。

1回くらいなら、そんなに負担もないだろうし…と思って。

診察中はとっても元気なカムカムでした。
先生も「本当にこのコは、頑張りには驚かされる」っておっしゃってました。
うちの病院で、カムカムが記録更新中なので
(インスリで同じくらいの数値だった子達の中での生存期間)
これからも頑張ろうと思います♪

先生は手術で、実際にカムカムの膵臓の進行を目で見てるからさ…。
カムカム、インスリの親玉(組織検査で、インスリ確定された部分)は取れたけど、
結局、全体に広がってた部分は手がつけられてなくて…
これでどこまで持つか?みたいなカンジだったんだけど。
だから、外科手術したところで、GLUは改善されなくて
こうやって手術後もずっとステロイドで内科治療が続いてるんだけど。
でも、私はあの手術があったからこそ、今のカムカムがあるんだと思ってるし。
あの選択は正しかったと思ってる。
あの親玉を取れていなくて、内科治療だけだったら
カムカムは去年の夏に間違いなく亡くなってたんだと思います。

カムカムが頑張ってくれれば、
同じ状態になったフェレちゃんの飼い主さんの希望になると思うんだ。
カムカムが手術を受けた時に、私が説明を受けた内容は、
カムカムくらいの数値(その時は、GLU16とかだった)では、
もって3~4ヶ月…。頑張って1年生きた子もいるっていう説明だったのね。
でもカムカムは、1年どころか、1年2ヶ月経った今、あのころとは見違えるくらいに
元気になってますー♪

だから、カムカムの頑張りは、希望になると思うんだ。
これからもカムカムが頑張ってくれますように♪

頑張れ~~~~~~~~!!!!!!カムちゃん。

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/05(日) 22:27:01|
  2. 通院

発作が起きたので血検

2008100501100000.jpg



昨日発作が起きたので、やっぱり気になって(ステロイドの量が足りなくなってるのか?と)
病院に連れて行きました。

発作はもう慣れっこだけど、さすがに昨日の発作が久しぶりにかなり重かったので。
意識のある発作だと、様子見にしようと思ってたけど
昏睡状態のレベルまでいってしまってたので…。
ちょっと私の不在中にまた起こってしまったら、どうしてあげることもできないし…。

今日のカムカムは、また普通に戻って好調そうだったんだけど、
念のために。

前回の血液検査結果(9月測定分)↓
PCV:40%
TP :7.8

GLU:75(食後不明・私が食べさせたのは今朝。でも自分で食べてるからなぁ、最近)
GPT:341
ALP:247
BUN:24.8


と、9月はそこそこ良い状態を保ててました。
グルコースも75だったし、バッチリだったのにね。

今までのカムカムの状態を見てると、だいたい発作が起こった時(昏睡状態レベル)は
GLUが30を切ってました。


今回の血液検査結果 

PCV:32%
TP :7.0

GLU:75(食後2時間でも自分で食べてるからなぁ、最近)
ALB:2.9
ALT:212
ALKP:102
BUN:36


と、心配してたGLUも75で前回と一緒でバッチリ。
それどころか、肝臓系数値がカクンと下がっててブラボーなかんじ♪

おぉ!?また、例の法則が出ました。
「カムカム、体調と血液検査反比例の法則」です。
体調悪いと感じると、なぜか血検の結果が良好っていうアレですね。

そんなカンジで、今の状態で暫く様子見ることになりました。
特にステロイドの増量などもありませんでした。
カムカムは、今のところ1日1gのステロイドで、保ててる状態かな?
確か1gだったはず。かなり前の記憶なので、今はもっと増えてるかも…だけど。

かなり肥大した肥満細胞腫に関して。
ちょうど今日院長先生の診察だったので、久しぶりに確認してもらったんだけど。
カムカム自身は、まったく気にすることなく生活できてるんだけど。
アレなん…他の子達が気にして…。血がにじむ…っていうカンジです。
蘭丸とか、血が大好きだから(やっぱり♂犬だからだよね?私が手切っても、舐めに飛んでくるし)
カムカムの肥満細胞腫を舐めにいくし。
コナンとかは、舐めるっていうか…。
普通にバトルしてて、首のあたり噛みつきにいくし…。
ちょっとあんまり、流血が酷かったら、処置を考えないといけないので
また教えて下さいってことでした。

そして…。最近気になってる脱毛のこと。
今のところ、右副腎の肥大は確認されてないんだけど。
(以前、右副腎にシコリがあったんだけど、綺麗になくなったん。未だに原因不明)
可能性としては、考えられないってことで。
これから様子見て処置するか…なんだけど。
うちの病院、右副腎の手術は多分不可能…ってことなので、
「リュープリン治療するか否か」の選択になるんだけど。
先生が、また考えておいてっていってたんだけど。

私は、カムカムのリュープリン治療は選択しません。
ポロンちゃんだったらしてただろうなぁ。
ポロンも3年前に左副摘出してるので、これから右副腎気をつけないと…って思ってるんだけど。
カムの場合、もうそんなにアレコレ…っていう気にはなれないし。
まぁ、そんなカンジです。

ついでに覚え書き。
コナンも一緒に連れて行って、検診してもらいました。
なんと!体温が39度前半まで下がってました!
おぉ!このままいけば今の薬で復活できるかもしれません。
特殊な検査や、アリューシャン疑惑も浮上してたけど…。
できればこのまま熱下がって欲しいなと思います。
でも、気になるのは…。
今回処方してもらってる薬がですね。実は、可能性としてはかなり低いけど
試しにトライ!みたいな薬だったのね。
フェレットでの症例がほとんどない病気で、犬と人間でまれに起こる菌の
お薬が処方されてたのね。
先生も、可能性としては低いと思うけど…みたいなカンジでの処方だったので
これで、効果が出てきたっていうのは…ちょっとどういうこと!?みたいな感覚なんですけど。
そんなフェレットに症例がない特殊な病気に、コナンがかかってるってこと!?みたいな…。

この薬で改善が見られなかったら、別の特殊な検査が控えていたので
このまま改善されるといいなと思ってます。

なんかね、コナンの長期発熱もかなり原因不明だったので、
私も色々調べてたんだけど。
MDI(?)、アリューシャン、腫瘍、リンパ腫。
どの闘病記、症例読んでも、コナンの状態と一致する症例を発見できなくて。
それで、すごくモヤモヤしてたし…。

先生もかなり首をかしげてる状態だったのね。
でも、このワケのわからん犬と人間に多い菌が原因で
フェレットにほとんど症例がないとかいうんだったら、なんか症例を発見できなかったことにも
納得はいくんだけど。
でも、なんか腑に落ちないというか…。
アリューシャンのキャリア持ちっていう疑惑も、ここで一度きっちり検査受けさせようかな
とも思ってるんだけど。
あんまり詳しいことが分からなくて。ニュージー系に多いっていうのは聞いてたので、
うちも人事ではないんだけど…。

まぁ、そんなカンジでコナンの原因不明の長期発熱も28日目でやっと
改善の兆しが見えてきたので、ホっとしています。
やれやれ…です。

カムカム、頑張ろう!
  1. 2008/10/05(日) 22:05:29|
  2. 血液検査

インフルエンザの予防接種!

今年もインフルエンザの予防接種は受けるつもりです。

去年から受け始めたんだけど…。
カムカムみたいに病気持ちの子にとっては、インフルエンザとか命取りだし…。

ただ、去年はなんか乗り遅れてしまって
かなり遅い時期に打ってしまったので(反省…)
今年はもう絶対に早くに打つ!って決めてます。
去年、確か年明けてから打ったんだよね…冬終るじゃん!みたいな意味ない時期に(笑

ただ、インフルエンザの予防接種で、2組で1本の注射だから
同じ日に一緒に打てる相方を探さないといけないのね…。
大きな病院だったら、シーズンになったらいっぱい打つ人いるんだろうけど。
去年、変な時期に打とうと思ったから、この相方探しに苦戦してさぁ!
なかなか予約取れなかったの…。

でも、しっかり予防しようと思います。
コナンの熱がずっと続いてるのがさ…今日で27日目だよ!?ありえん。
正確には、熱があるって気付いて27日目なので
あのグッタリし始めてた時期から、すでに熱があったんだとしたら
もう軽く1ヶ月は発熱状態が続いてることになるんよね。

で、私もさ。
こないだから、ずっと微熱が続いてて…。それこそ1週間以上。
もしかして、私の熱(風邪と思う)がコナンに移ってる?って心配になって
昨日先生に聞いてみたんだけど。
一緒の部屋で生活してていいのか?とか、私と接してていいのか?ってことね。
インフルエンザだったら、ありえるけど(私のせいでコナンの熱が下がらないってこと)
インフルエンザだったらこの程度ではすまないってことだったので
(コナン、発熱以外はどこも異常ないもん)
まぁ、とりあえずは安心したんだけど。

でもここで、私がインフルエンザになってしまうとそれこそヤバイので…。
今年もしっかりインフルエンザの予防をしようと思います。

  1. 2008/10/05(日) 00:07:16|
  2. 日常

カム、6歳5ヶ月おめでとう

2008100500400001.jpg

2008100500380000.jpg

2008100500390000.jpg

2008100500390001.jpg

2008100500400000.jpg

2008100501110000a.jpg

さぁ、約束どおり、カムカムに
NEWSのHappy Birthdayを歌ってあげようっと♪
  1. 2008/10/05(日) 00:00:00|
  2. 日常

通院&治療法変更

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2008/10/04(土) 22:15:58|
  2. コナンの病気

インスリ発作後動画*閲覧注意*

今日、大変残念なことに発作が起きてしまいました。
今年に入って、大きな発作は起ってなくて。
今年に入っても、軽い発作は起こってたけど、意識飛ぶほどの発作は起こってなくて。
このごろ血糖値もかなり安定していたんだけど。

今日はかなり重度の発作が起こってしまいました。
久しぶりに意識が飛んでたし、大量のヨダレの発生、
体温の低下が確認されました。体温、えぐいくらい下がってた。
最近また、脱毛が進行していて
(今のところ、右副腎の腫れは確認されてないけど、覚悟はしてます)
皮膚がむき出しになってるので、触ると直に皮膚だから、
体温の低下がすぐに分かるようになりました。

意識が飛んだので、砂糖水で処置を開始。
このごろ、発作らしい発作は起こってなかったので、家にブドウ糖は用意してませんでした。

もう砂糖水も飲ませられない状態だったので、
砂糖を歯茎に塗りつけて…っていう処置をかなり長い間してました。
その後だんだん意識が戻りつつあったので、シリンジでの注入に切り替えました。

で、その後にゴハンを食べさせてて…ってカンジです。


*ここから閲覧注意してください*


そのゴハン食べさせてた時の動画です。

かなりかわいそうな状態だけど、私はカムカムが病気と
闘ってる姿は、記録したいと思います。
だからUPしてるけど、正直閲覧はオススメしません。

ご飯食べさせてる最中も、口から大量のヨダレが出ています。
途中、苦しそうにむせてる場面もあります。
正直、わたしが見てるのも辛いくらいです。

でも。大変なことも、辛いことも…。
カムカムと過ごす全ての時間が大切なものだと思うので。
私はしっかり残したいと思います。

元気でご機嫌さんに遊んでるカムカムの思い出も大切だけど。
そういう穏やかで幸せな生活の裏には、
こうやって苦しみながらも、病気と一生懸命闘ってるカムカムの頑張りがあるんです。
だから、カムカムが頑張ってくれてる姿はしっかりと記録したいと思います。

カムカム、頑張ろうね。







テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/04(土) 21:51:26|
  2. インスリノーマ

85回目の点滴

昨日、カムカムとコナンと煌くんを連れて病院に行きました。
カムカムは85回目の点滴。
コナンは例の原因不明の長期的な発熱の件で。
煌くんはワクチン接種。

最近のカムカムは超絶好調です!
といいたいトコロだけど、実は今日久しぶりに発作が起きました。
でも昨日の時点では超元気!

体重もいつもと変わらず1.2キロキープ中。
よくお水も飲んでるし、食欲も旺盛。この時点ではまったく発作も起こってなかったし
いつもご機嫌さんで、楽しく元気に遊んでいました。
首の肥満細胞腫はかなりの大きさになってしまってて、よく血が出てるけど
そこまで気になることもなく、問題はなし。
目はもうほとんど見えてないみたいで、最近はよく見ると眼球の真ん中が
真っ白になっているので、白内障が進んできているみたいです。

目が見えない件に関しては、さほど問題視はしていません。
カムの目が見えないのなら、私がカムの目になってあげればいいことだし。
元々、音と匂いで生活できてるみたいだし。


今日の診察では、肥満細胞腫のことでかなり色々と先生に質問しました。
本当にこのままの状態で良いのかどうかってこと。
まぁ、良いかどうか…って言われても、カムカムの場合、切除っていう選択肢はないので
どっちにしても何もできないんだけどさ…。

で、点滴してもらって無事に終了デス♪

カムカム、これからも頑張ろうね♪

明日で、カムちゃん6歳と5ヶ月!
目指せ7歳♪頑張ろうねー。

NEWSの「Happy Birthday」が、もう今の私の心境にピッタリで♪
あの曲、めちゃめちゃいいじゃん!歌詞が。

「生まれた事
 出会えた事
 今そばにいれること
 アリガトウ」


↑やばいー♪明日はカムカムにこの曲歌って聞かせてあげようっと♪

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/04(土) 21:36:07|
  2. 通院(点滴)

出会わせてくれてありがとう

今日、ずっとネットで交流してくださってたお友達の
フェレットちゃんが虹の橋を渡りました。

お互い、柴犬とフェレット飼いという共通の立場で…
私のサイトを覗いてくださってて。
なんと偶然に同じ病院に通っているということが分かり、
ブログとサイトを通してやり取りをしていました。
カムカムの肝臓を患ってもうダメかと思ってた時期。
ちょうど2年前の今くらいの時期のことでした。

同じ病院に通ってはいたけど、場所も離れていて、
こんなに何度も病院に通ってる私だけど、
病院でも偶然会うってことがなくて…。
基本的に、私が病院に行ってるのは平日(特に週末)の夜。
その方は、お仕事の関係上ほとんど土日に病院に通われてたので。

それでも、カムカムのことも、蘭丸のこともいつも気にかけてくださってて
色々励ましてくださったり、心配してくださったり、かなり励まされてきました。
直接は会ったことはなかったけど、同じ病院に通っていたので
Rさんが「りーさんのところのカムカムくんどうですか?」とか、
よく看護士さんにうちの状況などを聞いてくださってたりで。

私は、今の病院が大好きだし、何度も何度もうちの子達を助けてくれて
先生方も本当に勉強熱心で、うちの子達のことをよく考えてくださってて。
大阪には、フェレットの治療で有名な病院は他にもあるけど。
私は、どんな状態になっても今の病院を移るつもりはないくらい、
今の病院にほれ込んでいます。
カムカムは今の病院だったからこうやって助かったけど、他の病院だったら
もうこの世には絶対にいないと思ってるし。
蘭丸の治療だってそう。
この先生達に任せておけば間違いない!って絶対的な信頼があるから。
同じ病院に通ってて、私と同じ思いをお持ちのRさんと知り合いになれたことは
本当に嬉しかったんです。素敵な出会いだなと思います。

いつかお会いしたいなぁーとずっと思ってましたが、
なかなかお会いする機会がなく、ネットやメールのやりとりをしていました。

そんな行き違いばかりの私達でしたが。
なんと、偶然…。
今日の通院で、念願叶って初めてお会いすることができたんです。

そして、それが今日。
お友達フェレちゃんが虹の橋に渡った日でした。

うちのカムカム・コナン・煌の診察中、中の処置室がバタバタしてて…。
その処置に院長先生が立ち会われてたので、私の診察が一旦中断して
(最初、別の先生にみてもらってたんだけど。コナンの診察は院長先生って
 ことになってたのね。)
待合室で待っててくださいって指示を受けたのね。
で、待合室で待ってたら。

横に来られた女の人が「あれ?もしかして…キラくん?」って
声をかけてくださったんです。
ここの病院でキラのこと知ってる人なんていないので(私も近所の病院ではないから)
「え?まさか…Rさんですか?」ってなって。

私が診察中に、処置室に入っていかれた方がRさんだったんです。
その後、「ちょうどさっき亡くなったところなん」って…。


初めて会えた嬉しさと、今までずっと応援してきたフェレットちゃんとのお別れの悲しさ。
私の心中はとても複雑でした。

でもRさんと、「イヴちゃんが会わせてくれたんだよ」って
いっぱい話して、私もRさんも、話しながら涙がこぼれていました。
でも二人とも、泣きながらも笑顔もあったりで。
こんな運命みたいなこと、本当にあるんだなって、とても温かい気持ちになりました。

その後、看護士さんと「今日、初めて会えたんです」って3人で話してて。
こんな不思議な偶然あるんだねって。
イヴちゃんが会わせてくれたんだよって。本当にそうなんだと思った。
だって今まで2年間、こんだけ病院に通ってて一度も会えたことがなかったのに
今日偶然会えたんだよ。

帰り、お会計が終った後、どうしてもイヴちゃんに最後のお別れがしたくて。
初対面で、そこまでしていいのかな?と迷ったんだけど、
イヴちゃんのことは、カムカムと同じように闘病してたのをずっとブログでみたり
聞いたりしてきてたから、自分の子のように特別強い思い入れがあって。
どうしても最後にお別れだけさせてもらいたくて…
看護士さんに「待ってていいですか?」って声かけて待たせてもらいました。
Rさんが出てこられて、「お別れさせてもらっていいですか?」っていう私に
「見てあげて」って…。
最後のお別れをさせてくださいました。

ずっとブログで見てきたイヴちゃん。
ずっと生で会いたいと願ってたイヴちゃん。
こんな形で初対面を迎えるとは私も本当に予想してなくて。

それでも、最後だからこそ。
最後に会えてよかったと思いました。
壮絶な最後だったそうですが、安らかなお顔をしていました。本当に綺麗だった。
苦しさから解放されて、ゆっくり眠れるね…って。

涙が止まりませんでした。
自分でも何の涙か分かりませんでした。
もっと早くに会いたかったという悔し涙なのか。
しんどかったね、よく頑張ったねっていう涙なのか。
最後に私とRさんを会わせてくれてアリガトウっていう涙なのか。

でもこんなに温かい気持ち、優しい気持ちになれた涙は久しぶりかもしれません。
イヴちゃんの頑張り、Rさんの頑張り、そして、イヴちゃんの優しさ。
とても心に沁みました。

イヴちゃん、長い長い闘病生活、本当によく頑張ったね。
そして、最後に素敵なプレゼントを本当にどうもアリガトウ。
6年近く、ずっと病気と闘ってきたイヴちゃんとRさんの強い絆は、
私とカムカムの憧れです。
沢山の勇気と優しさを与えてくれてありがとう。


Rさんも、本当にお疲れ様でした。

イヴちゃんのご冥福をお祈りします。
  1. 2008/10/04(土) 01:27:08|
  2. 通院

やばい。熱が下がらない25日目

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2008/10/02(木) 23:17:25|
  2. コナンの病気

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。