小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

発作&足の麻痺&通院

20070820222410.jpg


今日、会社を休んだ私ですが、朝からカムの異変はなく
私自身が限界だったので、寝てしまった為、
朝~夕方にかけてのカムカムの状態を確認できませんでした。
寝てても、何度も目が覚めて、その度にカムカムが
落ち着いてる姿は確認できたんだけどね、
いつフードを食べてたか…とか、いつ水飲んでたか…とか
そこまでの確認はできなかった。

20070820222502.jpg


夕方、私の体調も良くなったので、起きることにしました。
そこからカムカムの様子を見てたんだけど、
その時点でおかしいと気づいたこと。
フードが全然減ってないこと。
最後に食べてるのを確認したのが、昨日の朝方4時半の時。
バリバリ食べてて安心してたんだけど。
便はね、トイレにウ○チ(普通の健康そうな便)をしてたので
私が寝てる間に、ちゃんとしてたみたいです。

ケージから出してダッコしてみたら、尻尾~お尻の辺りの
体温が下がっていることに気づきました。
なんとなく、いつもに比べて元気がないようにも感じました。
いつものように手にフードを置いて食べさせてみたのですが、
フードには見向きもしません。おかしいなって思ったんです。

体温が下がってることに、不安になったので
時間的にはちょっと早いけどお薬(ステロイド)を飲ませることに
しました。フードも食べないので、食欲がちょっとでも
あるかの確認に、免疫サポートに混ぜることにしました。
どんだけ食欲なくても、免疫サポートはかなり好きみたいで
飲めることが多かったんです。今までは…
だから、これで免疫サポートも飲まなかったら、かなりヤバイわ…
ってそれを一つの目安にすることにしました。

お薬混ぜて、カムカムの前に出してみたんだけど、
見向きもしませんでした。
ちょっと、何があったん?カムカム…って思って様子見てたら
また発作らしい症状が出始めました。
正直、愕然としました。
退院できて、発作の苦しみから解放されたはずなのに…て。
血糖値も上がったはずなのに…って。
先生にも、いつまた元に戻るかは分からないって言われてたけど。
でも、2日やそこらで、また元に戻ったん??ってすごいショックでした。

それでも、今までの発作とはレベルが違うくらい
軽いものでした。意識はずっとはっきりしてる。
ヨダレも出てないし…って。
視点が定まらなくて、目がうつろになってるのと
肢が立たなくなって、完全に倒れてしまう状態でした。
私が今まで処置してきた発作は、完全に意識がなくなるような
重いものだったので、この時点で発作の処置していいものなのか…
ちょっと迷ったんですよね。
本当に発作なのかもいまいち良く分からない。

でも、このまま放っておくこともできずに、処置を開始しました。
最初は砂糖水で対応することにしたんです。
カムカム、やっぱり意識があるから自分でゴクゴク飲めるんです。
だからちょっとだけ飲ませて様子見てました。
でも、全く改善されず相変わらず、意識が朦朧としてる、
足が立たなくて、倒れる。
立たせてみても、フラフラして倒れこむ。

処置の方法をもう一段レベルUPすることにしました。
前に近所の病院で貰ってたグルコースの注射を
1本分、カムカムに飲ませました。
それでも暫くは改善されませんでした。
まだ足りないのかも?って、その後、もう一度砂糖水を飲ませて。
自分から問題なくゴクゴクは飲めるんですよね。
意識はまだ全然ある。

そこから症状が改善された…とははっきりとは
分からない状態だったんですが、カムカムちょっと疲れたのか
寝る体勢に入ったので、病院連れて行こうと思って
カムカムの様子見ながら用意してました。

その後、カムカム、完全に足が麻痺していて、
もう曲げることもできない状態になってました。
足がつってるみたいな状態。伸ばしっ放しで、ビクともしない。
で、トイレにも自分で行けなくて間に合わなかったみたいで、
寝ながら、トイレしてしまったんです。
この時の便が、もう水状の下痢の便でした。

相変わらず意識はうつろな状態。
カムカムを連れて急いで病院に走りました。

20070820222525.jpg


車で連れていったので、信号で止まるたびにカムカム確認してたんだけど、
ちょっと元気が出てきたみたいで、意識もハッキリ戻ってました。
自分からちょっと動けるようには、なってました。
でもまだ足は麻痺してるようなカンジで触ってもビクともしませんでした。

20070820222547.jpg


病院で、今までのカムカムの状態をこと細かく説明。
夕方、グルコースを飲ませてしまったので、
今検査しても血糖値の値が若干不明確かもしれないけど、
それでも前みたいにインスリの症状が酷くなってるのであれば
ガクンって数値が下がってるはずなので、
目安にはなるので、一応検査をすることにしました。
一緒に気になってた腎臓の数値も見てもらうことに。

診察の段階では、カムカムの足の麻痺は治ってました。
かなり元気にもなってました。

で、暫く待って検査結果が出ました。
血糖値は、81♪やっぱり、手術の効果が維持されてるってことで
今のところは問題なさそうでした。
前みたいに戻ったら、今測ったとしてもこの数値は維持できてない
だろうってことで。心配してたBUN(腎臓)も18.7と好調でした。

今日は点滴をしてもらいました。
下痢に関しては、今のところ、蘭丸たちとも完全に隔離してるし
免疫力ないところに、菌が…っていうのは考えられないので
もしかしたら、カラーがストレスになってるのかも…って。
たまに、カラーのストレスなりで下痢したりする子がいるみたい。

下痢止めの薬を貰って、様子見になりました。
手術後なので、それでも心配な症状が出たり、
改善されなかったら、すぐに病院に来て下さいとのことで。
発作に関しては、一時的に低血糖の状態になってたのかもしれない。
だって、フード食べれてなかったから。

で、それと同時に副腎腫瘍の手術後に、拒否反応(?)みたいなので
稀に異変が起きる場合があるらしくて、
それに関する検査もしてもらったんだけど、正常値でした。
だから、ストレス的なものも影響してるかもしれないって。

心配されてた右前肢の状態もだいぶん良くなってることを
確認してもらえ、できるだけカラー外してあげてくださいって
ことになりました。

病院から帰るときは、夕方の症状は何だったの?っていうくらい
元気になってたカムカムでした。
カラー外したから?よく分からない。
家に帰ったら、免疫サポートもおいしそうに飲んでくれて
今は落ち着いてるので安心してます。

なんかヒヤヒヤするね…。
でも検査の結果もよくて、本当に安心しました。
カムー!頑張れ♪頑張れ♪
スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/08/20(月) 23:04:27|
  2. インスリノーマ

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。