小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一人暮らしのペット飼育事情

20070823234550.jpg


以前から自分がその大変さを身をもって実感しているので
「一人暮らしのペット飼育は、あまりオススメできるものではないよ」
っていうのをサイト内でも、何回か書いたことがあるんだけどネ。

20070823234606.jpg


正直、今回の件を受けて、自分なりに考えたことを少々。
今までも大変!大変!って言いながらも、そこそこはこなせてきてたつもりでいました。
あくまで私の個人的な評価であって、客観性には欠けるんだけどね。
ぶっちゃけ、一人暮らしでペットを飼ってる時点で
その内容云々以前の問題で、ペット自身が可哀相っていうのはよく耳にします。
もちろん、私も今までも結構そうやって言われてきたのも事実です。
だから今回はその部分は抜きにして、あくまで私主観の
私が実際に感じたことについて、中心に書いてみます。

20070823234620.jpg


今まで特に問題なく、自分なりにはそれなりに対応できてきたつもりでした。
愛情は大前提で、その以外にペットに費やす時間・手間・費用さえあれば、飼育は可能だって
ずっと思っていたし、私自身、一人暮らしで飼っている以上、
他の家族で飼われている動物達に劣らないようにって、
何を犠牲にしても、うちの子たちのことを1番に考えてきたつもりでした。
もちろん評価してもらう為に頑張ってきたわけではないけど、
それでも人に恥じない飼育はしたきたつもりです。
それが第三者から見たら突っ込みドコロ満載だったとしても、
私から見れば、「自分のことながら、よくやってるわ…私」って思える程度には頑張ってるつもりです。

でも正直言って、今回のカムカムのことがあって、
ちょっと限界があるかも…って感じたのは事実です。
何もない普段の状況であれば、全然苦痛に感じないことでも
肉体的にも精神的にもギリギリのところまで来てしまうと
「なんで私、5匹も飼ってるんやろ…」って思ってしまったのも事実。
だからと言って、飼育を放棄するとかもありえないけど、
飼った時点で「何があっても責任をもって面倒みる」っていうのは
決心してたし、もちろん覚悟もしてた。
それでもその一方で、私の脳裏にそんな疑問が浮かんだのも事実なのです。
そのくらい、本当に大変だったのは確かです。

20070823234639.jpg


でも最終的には、「この子達の為なら頑張れる」
「この子達がいてくれるから頑張れる」っていう部分で
だいぶんと支えられるんだけど。
だから、やっぱり今の生活には後悔もしてないし、
むしろこの子達と一緒にいれて幸せには変わりがないんだけど。

20070823234654.jpg


ただ、ペットは「可愛い可愛い」だけでは飼えないということが
よく分かった。前からよく分かってたつもりだけど、
それでも今回、それを改めて感じた…かな??
「一人暮らしだけどペット飼いたいなぁ」って言ってる友達が
身近にいるとすれば、私は安易には薦められないと思う。
現実的に自分に掛かってくる負担とか…。
家族で飼ってるのとはワケが違うと思う。
一人暮らしだと本当に何もかも、自分一人でこなさきゃいけないし、
自分がしなきゃ、誰もしてくれないんだよ!?
一人暮らしなんだから、当たり前なんだけど…。

でもね、同時に「何を犠牲にしても、やる気になればできる」っていうのも
実際にやってみて分かった部分もあるので、
不可能ではないと思うし、反対もしないけど。

私が今回、一番負担に感じたのはワンズの散歩でした。
カムカムの看病(発作の処置が特に)も、もちろん大変だったけど
やっぱりそれ以上に本当にしんどかったのが散歩でした。
フェレットさん達だけだったら、負担も全然違うんだろうな…って思った。
どんだけ体調悪くても、しんどくても、例え看病で寝てなかったとしても、
朝と夜は、毎日同じ時間に絶対に散歩に連れて行かなきゃいけない。
その部分の肉体的な負担が本当に大きかったと感じたかな?
でも散歩で、その時だけは何も考えずにはっちゃけて遊べて
癒される感もあったんだけどさー。

何が書きたかったのか自分でもよく分からなくなっちゃったけど、
とりあえず、一人暮らしでのペット飼育は状況によっては
想像を絶する大変さがあるということです。
一人暮らしでペット飼いたいな~、飼えるかな~?って
悩んでる人の何かの参考になれば…と。
あんまり役に立たないけど…。

最後に…。何にせよ、私はうちの子たちと一緒に過ごせる
今の生活が最高に幸せだと感じています。
どんなに大変でもしんどくても、それ以上に多くの幸せを
与えてもらってるから。
だからこれからも頑張りたいと思うし、乗り越えていけると思う。
スポンサーサイト

テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット

  1. 2007/08/25(土) 00:09:31|
  2. 闘病生活について

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。