小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昏睡状態再び&病院で点滴

20070827213605.jpg


仕事が終わって、本当はすごく嫌な予感がしてたんです。
だから急いで帰ったら、やっぱりカムカムグッタリしてました。
発作起きてるのか起きてないのか微妙なところ。
意識はまだある、ヨダレなどは確認されてない、
足もまだなんとか立つけど、もう時間の問題やわ…ってくらいでした。

すぐに砂糖水の用意して、処置を開始することにしました。
最初は、ちょっとだけ口動かせそうなカンジだったんだけど、
やっぱりだんだん意識がなくなってきて、
途中からまた昏睡状態みたいなカンジになってしまいました。
足も完全に麻痺してた。目は一応開いてたんだけど
(いつもね、目も完全に閉じてグッタリしてしまう、カムちゃん)
呼びかけも全く分からず、目が泳いでるようなカンジ。
ダッコしたら、クビの力も完全に抜けてて、フラフラ~って
支えてないと、ダランってする状態。
でも今までと違ったのは、やっぱり目が開いてて、ちょっとだけ意識があるようなカンジが続いてたこと。
シリンジ注入してて、最初はちょっとだけ飲めてたんだけど、
途中からそれも無理になって、濃い砂糖水(ゴテゴテの)を
歯に塗りたくって…。意識戻らんかなって口開けようとかしたりしてたけど
全く無理でした。
今日は5時半から6時過ぎくらいまで掛かりました。
途中で意識が戻って、飲めるようにはなったんだけど、
その後もずっとグッタリしたままで、今までみたいな改善が得られなかった。
正直、脳に障害が起きたんじゃないか?っていうくらい、
なんかおかしかった。

20070827213620.jpg


そこから、病院に電話しました。
やっぱり今日も結構な発作が起きたし、点滴に行った方がいいのか?って。
もう一つ、考えていることがあって、平日の仕事しながらの状態で
なんとかできるところまでは頑張ろうって思ってたけど、
やっぱり仕事してる以上ずっと見てあげることができないし
家を空けてる時間の発作を考えたり、カムカムの苦痛を考えれば
入院を考えざるを得ないんじゃないかって…。
今のところ、私自身がしんどいとか、負担で投げ出したいとか…
そういう気持ちは全くない。
私だけであれば、まだまだ全然頑張れるつもりでいるんだけど、
さすがに今の状況が限界って言えば限界なのね。
私がどんだけ頑張ろう!!って思っても、仕事してる時間は
本当にもうどうしようもないから。

20070827213630.jpg


本当は少しでもカムカムと一緒にいたいって気持ちは変わらないん。
でもこれ以上、カムカムにしんどい思いをさせたり、
私自身、不安な気持ちでいっぱいになるのであれば、
入退院を繰り返すほうがいいんじゃないかな?って。
だから例えば、体調悪い時に、1泊や2泊で入院して
ちょっと回復したら家に戻って、病院が休みの日と、土日は
私が看てあげるって形とかの方がいいんじゃないかな…って思ったりした。
たとえ、1泊や2泊で入院させることになっても、
もちろん仕事終わって夜の面会時間中は、毎日面会に行くつもり。
とりあえず、今すぐどうこうじゃなくて、今後そういうのも
考えていかないといけないかなー?って相談しに行くことにしました。


20070827213640.jpg


一応今日の状態を報告したら、先生が「点滴に来てください」ってことだったので、
病院に連れて行きました。ちなみに、今日はキラもちょっと気になることがあって
一緒に行きました。
キラのことは、また落ち着いたら本館の病院通院記にでも。

20070827213653.jpg


カムカムね、毎回こんだけ酷い発作が起きる割には、
病院に行くと結構元気になるんです。
というか、やっぱり発作が起きて処置して改善されてからしか
病院に行かないし、病院まで車で40分くらい掛かるから、
病院行くまでグッタリしてても、着く前には結構回復してることが多いん。

20070827213708.jpg


今日もあんなにテンパって、病院に電話したくせに、
病院着いたら、カムカムかなり元気になってて、
「なんか今、えらい元気になってます」って…。
先生も、「カムカムくん病院来るとき、いつもちょっと元気あるもんね」っておっしゃってた。

20070827213717.jpg


今日は、点滴(ブドウ糖とステロイドも入ってるそう)してもらいました。
やっぱり、私だけじゃなくて、他の人でもなんだけど
現実的に24時間つきっきりで看病っていうのは不可能に近いので、
できるだけ発作が起きないように、頑張ってあげるしか
方法がないですよね…って。
入院の件に関しても相談してきました。
そんな私の都合に合わせて短期で入退院を繰り返してもらえるのか、聞きました。
それは構いませんよって。
心配やったら、やっぱりちょこちょこ入院させてでも
点滴したりブドウ糖注入したりで、体力的に回復させるのも一つの方法ですねって。

20070827213727.jpg


とりあえず、今日は診察の段階ではカムカムちょっと元気になってたし、
点滴もしてもらったので、連れて帰ってきました。
これから、また酷い発作が起こったりで、不安であれば
いつでも言ってくださいってことで。
これからの状況を見て考えたいと思います。

今日は点滴にステロイドが入っていたので、ステロイドの投薬は
お休みになりました。また明日から頑張ろうね、カムー♪

今は気持ち良さそうに寝てやります。
また時間見て強制給餌しようと思います。

明日は発作が起きませんように。しんどいけど、頑張ろうね、カム!!

スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/08/27(月) 22:02:49|
  2. 通院

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。