小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

29日:病院に電話で相談(報告)+病理検査結果

□■□■↓下の記事の続き■□■□

強制給餌を止めて、カムカムの好きなものを食べさせてあげようってことで
病院に相談(というか報告?)しようと電話しました。
先生手が離せなかったので、後で電話貰うことになってました。
その間またあまりに疲れててたので、仮眠することにしました。
最近いつも7時~8時までの1時間、仮眠してる。
ワンズのお散歩時間がズレてしまってて本当に申し訳ないんだけど。

なかなか電話が掛かってこないので、先に蘭丸とキラの散歩に行きました。
その後10時過ぎ頃に、診察が終わった先生から連絡がありました。

フードを食べなくて強制給餌してる件に関しては、
もうカムカムが全力で嫌がるし、すごい苦しそうな顔してるのとか
見てられないので、自分から嬉しそうに食べるもの(ササミとか)を
与えたいという相談をしました。
あとね、考えてるのがレバー(肝)と卵黄。
それで、栄養的に何かかなりヤバイことになるんでしょうか?と。

先生曰く、ササミを与えてもらうのは結構ですが、
ササミは、タンパクは取れるけど、脂肪が少ないので、
栄養が足りなくなるってことでした。
できるなら、赤身の肉を混ぜてあげてって。
それを聞いた私…「赤身って何の動物デスカ??」(←常識なさすぎて恥ずかしい)
って素で聞いてました(汗
先生:「あぁー牛ね」って。
(全然関係ないけど、この話会社でしたら「アンタ、アホすぎる」って
 かなり突っ込まれた。先生も赤身って言ったら普通「牛」と思うやろって)

というわけで、これから牛肉の赤身も混ぜてみたいと思います。
私、普段料理しないから、赤身とか言われても本気で分からんくて
次の日、会社で「赤身とはどれのことですか?」って散々主婦の人に
根堀葉堀聞いて、スーパーで買ってきたのですよ。
主婦の人たちが言うには、「赤身って言ったらモモとかちゃうん?」って
言ってたんだけど、実際にスーパー行ったら「モモ」なんて書いてなくて
何がなんだか…でした。ワケが分からん!!!

おっと、話がまた脱線してマスヨ!!姐さん…

ほんでね、えっとね…そうそう!
レバーは、癖あるから食べれない子多いと思うよって先生が
言ってたんだけど、ウチのカムさんはレバー食べれるのは
もうとっくの昔に確認済みー♪
ササミ、レバーは、以前からたま~に、補助食的な感覚で
病み上がりとかに使ってたことがあるんです。

でも、どうしてもそれだけだったら栄養が偏るので、極力フードを
食べてもらえるように、やっぱり強制給餌なり頑張ってみてって。
結局はそうなるんだよね…
でもまぁ、とりあえず今はカムがいっぱい食べてくれて
もっと食欲出てきたら、フードも食べてくれるようになるかもしれないし、
これで切り抜けてみます♪

後ね、ダックスープに関しても以前から考えてはいたんだけど、
一度ダックスープを使ってしまうと、もう普通のフードに戻せなくなる(というか、戻すのが難しくなる)
って聞いてたから、それこそ最後の手段に取っておこうと思ってます。
もし必要になったら、また病院に頼もうと思ってます。

強制給餌(ご飯)の件に関しては、こんなカンジでした。


ちなみに、病理検査の結果が返ってきたとのことで、簡単に説明を受けました。
また次回の通院時にじっくり聞かせてもらおうと思います。
結果はですね…、膵臓の親玉らしいコリコリしたシコリはやっぱりインスリノーマだったそうです。
インスリ、インスリって言っても、低血糖になる原因は正確には
インスリ以外にも色々と考えられるそうなのですが
今回の病理検査で、はっきりとインスリノーマだったと確認されました。
うーーーん。やっぱりそうなのか。ショック…と思う反面、でも手術で取れてよかったなぁって。
進行してるっぽくてかなり広がってた部分に関しては、何も処置できなかったので分からず仕舞いだけど。
でも、今現在こんだけ血糖値が下がっているということは
やっぱりそれも考えたくないけど、インスリノーマなんだろうなって。

ちなみに、かなりの大きさになってた副腎腫瘍に関しては、幸い良性だったそうです。
(ちょっとちゃんと聞いてなかったけど、確かそう言ってたはず)
とはいっても、ここまで大きくなってしまってると良性だからって、
安心できるものでもなかったそうで、手術してなかったらそのままに
なってたと考えると、取れてよかったナァって思いました。

とりあえず、取ってしまえたので、これで心配はないですねって。
ポロンちゃんの時は、悪性の癌だったからね…
実はコナンくんも、今現在副腎腫瘍疑惑浮上中(というか、私の中では確定)
なので、次は言ってる間に、コナンの手術になると思います。
あまり早すぎても、何もなかったら可哀相なのでもう少しだけ…って様子みてるんだけど。
でもやっぱり腰の辺りの毛が薄くなってきてるので、副腎腫瘍っぽいです。
気性が荒くなったり、色々と嫌な予感がしてます。
もう少しだけ脱毛の進行を見て、この冬辺り(というかカムカムの件が少しは落ち着いたら)
手術をしようと思います。
今手術をしてしまうと、面会とか通うのにカムカム家に放っていけないし…って思ってね。
そこまで緊急な状態ではないので(コナンくん)、これからボチボチ考えます。


これでコナンくんまで副腎腫瘍であれば、3匹とも3匹が
副腎腫瘍になったことになります。
コナンは過去にも一度開腹してるので、手術するのであれば
次で2回目になるんだよね。ごめんね。コナン君。
うーん、なんていうか、やっぱり「副腎腫瘍」「リンパ腫」「インスリノーマ」って
フェレット3大病なんだね…しかも高確率の…本当に。

とりあえず、手作りフード(そんなたいしたもんじゃないけど)
カムカムの為に頑張りまっする♪
自分の自炊ですら、ここ1年くらいまともにしてなかったんだけど、
カムの為なら頑張るノデス!!

カムちゃん♪リーも頑張るから、カムも頑張るのダヨ♪
スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/08/31(金) 23:01:51|
  2. 食事関係

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。