小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近所の病院へ報告&お礼

今とっても悲しい気持ちでイッパイです。
検査が残念な結果だったからデス。
後で詳しく書きます。

ということで、先に今日のカムカムの観察日記をば。

今日も朝から、新しくササミ+レバー+牛赤身を作って
出勤までの間に手から食べさせたりして、
結構いっぱい食べてくれてね、カムカムとっても落ち着いてたんです。
肝臓のお薬を飲ませて出勤。

お昼休み、カムカム起き上がる元気もあり、
表情も明るくて、一安心。
もう1週間発作も起こってないし、本当に安心してたんです。
なんか分からないけど、良い方向に向かってそうって。
もしかしたら血糖値ちょっとは上がってるかもしれないって。

お昼休み、免疫サポート飲ませて、また手からササミたちを食べさせて
仕事に戻りました。
このところ、すんごく順調なので、3時の10分休憩も帰りませんでした。

仕事終わっても、カムカム落ち着いてました。
今日は、昨日言ってたように、応急処置でお世話になった近所の病院に
お礼を持っていって、報告して、今後発作が起こった際の
応急処置のお願いに行こうと思ってました。
近所の病院に寄って、その後、いつもの病院で検査してもらおうって。

私の中では、カムカムがすごい元気になって、調子よくて
何でか分からないけど、絶対に数値が少しでも良くなってるはず!!って
妙な自信がありました。だから、確認に行こうって。

だから、先に蘭丸とキラのお散歩に繰り出して、
7時半からカムカムを連れて病院に向かいました。

まずは、近所の方の病院。
あいにく処置してくださってた先生がお休みで、
他にも何度かお話したり相談に乗ってもらった先生がいたので
今回の件の報告をしました。
受付で対応してくださった看護士さんは、私は初対面だったんだけど、
「フェレットでお世話になって…カムカムです」って言うと
「あぁー!!!カムカムくん!!」ってご存知だったみたいで。
看護士さんが「今日、ちょうどスタッフとカムカムくんの話してたんですよー」って。
そうなんだ…カムちゃんのこと気にして下さってて、本当に嬉しかったです。

でね、前に手術後、あまり良い結果が得られなかった時に
一度報告に行ってて、その時は私もワンワン泣きじゃくっててさ…
その時に一緒に話聞いてくださってた先生が今日おられて、
今のカムカムのちょっと落ち着いた状況を報告したら
(まぁ落ち着いてみえるだけで、状況はあまり変わってないけど)
一緒になって喜んでくださって。
本当にその笑顔に励まされました。先生、ありがと。

昨日買ったお菓子詰め合わせを「皆さんで召し上がって下さい」って
お渡しして、今日はすぐに帰りました。
これからも、また応急処置でお世話になると思いますので、その時は
宜しくお願いしますねってお願いしてきました。
今回、処置してくださった先生も、かなり心配して下さってたみたいで、
また平日の夜に、カムカムくん連れて報告に来てあげて下さいねって。
本当に親身になってくれて、とっても温かい病院だと思いました。
今までも何度も助けてもらって、本当に有難いと思います。


というわけで、その後、いつもの病院へ行きました。

通院内容へ続く。

スポンサーサイト
  1. 2007/09/03(月) 22:03:23|
  2. 観察日記

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。