小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

点滴(通院)6日目&検査結果

20070909001655.jpg


というわけで、月曜日から始まった点滴も今日で6日目を迎えました。
私の中では、昨日で一旦終了できると思ってたので、
土日は疲れを取ってまた来週から頑張ろうと思ってたのに、
全然疲れが取れなくなってしまい、ちょっとガックシ。
しかし、そうもいってられない状況なので頑張るしかない。
ここまで来るともう気合で乗り越えるしかなくなってきた。
私のカラダは悲鳴をあげております。
栄養ドリンク飲んで頑張ってます。7月末から栄養ドリンク飲んでない日がないっす。

20070909001717.jpg


ではでは、通院内容です。
今日は、腎臓の値(BUN)をもう一度測りましょうってことでした。
この結果で、今後も点滴が必要なのか、一旦中断(まではいかないと思ってたけど)できるのか、
毎日じゃなくて回数を減らせるのか…の結果が出ることになってました。
とりあえず、カムカムの状況を報告。
発作も起こってないし、私が見る限りでは元気そうで落ち着いてます…と。
お水の件に関しては、ミルクでちょっと味をつけてあげると
少しだけ飲んでくれるようになったと。

でもね、待ち時間の間、カムカム結構グッタリしてたんですよね。
発作とかは起きそうなカンジではなかったけど。
ずっと膝の上で、身動きひとつせずにグッタリ寝てるカンジ…。

20070909001729.jpg


で、触診してもらって、血液取ってもらいました。
体重は1.2キロで無事に維持できてます。良かった♪
毛もちょっとだけ生えてきてるねーって。

20070909001744.jpg


肝心の検査結果ですが(今日はBUNだけだったん)
前回66までなんとか下がってたのが、今回また83.3で
80台に戻ってしまってました。
ということで、この状態で点滴を止めるのは危険ということで、
これからも点滴をできれば毎日続けてあげてくださいってことになりました。
1回、2日空けてみましょかってことで、異常がなければ
次は月曜日に来てねってことになったんだけど、
異常があったり、不安あったりで可能であれば明日も来てねって。

ただ、正直言ってしまうと、本当に平日仕事終わって連日病院通いは
結構キツイんです。近かったらまだましなんだけど。
片道40分+待ち時間(いつも1時間~2時間)、
それ以外にも蘭丸&キラの散歩、ぽろんちゃん&コナンくんの放牧、
でもって、自分のこと…。
ほんとにイッパイイッパイなんですよね。
で、どこに一番影響を及ぼすか…といわれれば、間違いなく仕事です。

だからね、絶対外せない時(何日かに1回の検査とか)は
ここの病院まで来ることにして、カムカムも落ち着いてて
点滴だけ打ちに通うのであれば、近所の病院使わせて欲しいなーって
思ってて、相談したら
「●●先生(近所の先生)に、今回の数値見せて、下がらないので
 点滴お願いしたいって伝えてください」って。
休診日の時に、近所の病院で点滴してもらったし、点滴の内容は
もう近所の病院でもバッチリわかってもらえてるので、
状況に応じて、ここの病院と近所の病院と使い分けるようにしました。
平日の仕事しながらの状態だと、このちょっとの差で負担が大きく違うんす…。

20070909001758.jpg


結局腎臓の値に関しては、考えたくないけど、
やっぱり手術による負担がこうして出てきてるんだろうなって思います。
今まで腎臓が悪かったから、手術そのものの選択肢がなかったくらいだし、
それを覚悟して手術を行ったんだから、もう今更何を言っても仕方ないと思います。
こうやって、見えないところでカムの体内はジワジワと蝕まれていってしまってるけど、
それでも状態は落ち着いているので、あとはこれ以上酷くならないように
点滴なり、できることを頑張ってあげようと思います。
ぶっちゃけ、どのくらい持つかは、分からないそうです。
でもこの数値でも頑張ってくれる子もいるそうなので、
カムも頑張ってくれるとイイナァ。

でもカムがしんどくなったら、無理しないでいいよって気持ちは前から変わってません。
カムカムに負担掛けたくないとか、1日でも生き延ばしてあげることは
考えてないって言っておきながら、
結果だけを見たら、こうやって毎日点滴に通って
無理矢理生き延ばしてることに変わらないような気もするけど…。
ただ、私がこうだ!!って思うことを全力でしてあげたいって気持ちが
一番なので、
今は「点滴してちょっとでもカムがラクになってくれたらなー」って
思うから、それで突っ走るしかないと思います。

でもでも、もうカムカムが疲れたって思ったら
その時はゆっくり休んでいいよーって気持ちは変わらない。
あとはカムカムに任せます。

20070909001816.jpg


というわけで、何もなければ次は、月曜日の点滴で通院です。

今日も病院の帰りに、そのまま近所の病院に寄って
「また点滴お願いすることになると思います」って
報告に行きました。担当の先生が診察室に案内してくれたので、
結局そこから30分くらい、診察という名の相談をしてました。
「りーさんに負担が掛かって、共倒れになるのが一番怖いから、
 検査とかはいつもの病院で、しんどい時とか、カムカムくんが
 落ち着いてる時とかは、こっちでも点滴の協力はできるから
 いつでも来てくれて構わないよ」って。
お言葉に甘えることにしました。
いつもの先生からも「●●先生に宜しくお伝えください」って言われてたので、
その旨をお伝えしました。
こういう時、先生同士が認識あってくれて本当に良かったなって思う。

これからのことに関して、私の気持ちを説明して、
今はカムカムが見たカンジは落ちついてくれてるので、
幸せですって話をしてたら、先生が
「あの状態で、手術を選択したリーさんも、本当によく頑張ったと思うよ」って
言ってくれた。相当覚悟がいっただろうし、リスクの大きな手術だったから
あの状態で手術しますって決断するにもかなりの勇気がいったでしょうって。
こうやって今カムカムくんが落ち着いてる状態になれたのは、
そのリーさんの決断があったからだよって言われて、
なんかジーンとした。

ちょっと余談。蘭丸もね、ここの病院で何度か診てもらってるので
(状況によって、いつもの病院とここの病院、両方使ってるん。
 でも検査結果や、処置の内容は、両方の先生に報告してるから、
 蘭丸の状態はよく理解してもらってる)
前回また肝臓の数値が正常値の10倍以上になってしまって
肝臓治療が再開したことに関して、相談してたん。

あとね、例のビビリ病の件と。
最近、ワン用の精神安定関係のお薬増えてきてるみたいで、
蘭丸が健康体であれば、それも一つの手かもって言われたけど、
肝臓が悪いので、それは使えないし…ってことになった。
ちょうどその犬の心理学の話してる時に、
ここの病院の先生が出席した犬の心理学の研修会?に、いつもの病院の先生も
参加されてたよーって言ってた。
だから、メンタル面での薬のこととかも、いつもの病院の先生も
知識はおありだろうから、採用しないってことは
蘭丸にはダメだって判断されたからだと思うよって。

他にもね、最近ちょっと気になる蘭丸の行動があって、相談してたらね、
それは本当に犬の心理学の話になってくるので、
あんまりはっきりそうだ!って断定できることじゃないので、
ここに書くのは控えておきますが…。
まぁ、簡単にいうと、今まで全くそんなことなかったのに
蘭丸がちょっと奇妙な行動を取り出したのね。
先生が私の話を聞いてて、思い当たったのが
「蘭丸くんが、キラくんを庇おうとして取ってる行動のような気がする」って。
で、「リーさん、キラくんに対して起こったりしなかった?」って。
もうそんなんキラに対してなんて、よく怒ってるから
いっぱいありすぎてわからへん(涙
先生が言うには、「もしかしたら蘭丸くんは、キラくんが
ある行為をした時にリーさんに怒られてるのを見て、
キラくんが怒られないように、証拠を隠滅してキラくんを庇ってるんじゃないかな?」って。
マジデーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!?
っていうか、それが本当なら、蘭丸!!アンタどんだけ賢いのよーって。
唖然としました。
っていうか、内容をちゃんと言ってないので、何のことだか分かりませんネ。

そういう犬の今までと違った行動っていうのには
結構きっちりと理由があって、原因を探っていくと
そういう何かに繋がってるんだよって…。

先生も今、犬の心理学とか行動パターンの研究にすごい力を
入れてるみたいで、他にも色んなタメになる話をしてもらえた。
犬の心理って本当に奥が深いんだね…。
なんか、飼い主さんでも忘れてしまうくらい何気なくした行動が
原因で、ワンコの行動にずっと影響を与えるとかの
話を聞いてて、ワンって本当にすげぇーな!!って思う反面、
そんだけ影響を与えるってことは、私も自分の行動に
一つ一つ責任を取らなきゃなって…考えさせられました。

というわけで、一応点滴OKの了解を取れたので、
また利用させてもらおうと思ってます。
明日、様子見てもいいよって言われてたけど、可能であれば
こっちの病院に点滴だけでも通おうかなーって思ってる。

カムカム!!頑張ろうね♪
スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/09(日) 01:26:18|
  2. 通院(点滴)

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。