小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昏睡状態⇒急遽半日入院へ

20070913204347.jpg


昨日退院してきて絶好調だ!と喜んでいたら、今朝から大変なことになってしまい、
急遽半日入院で、仕事中カムカムを病院でみててもらうことになりました。

20070913204358.jpg


写真は昨日の夜のカムカム。ずっとダッコして様子みてたんだけど、
私の中では、安心してスヤスヤキモチ良さそうに寝てるんだと
勝手に思ってしまってました。もしかしたらこの時から
かなりしんどかったのかもしれない。

20070913204410.jpg


今日の朝からカムカム、様子がおかしかったんです。
朝起きた時点で、まだグッスリ眠ってるようなカンジ。
最初は疲れ取れてなくて、まだ眠たいんだろうって思ってたん。
でも散歩帰ってきても、カムカムは一向に起きる気配がなく…。

20070913204421.jpg


出勤準備もほったらかしで、ひたすらカムカムを起こそうと
頑張ってました。でも全く起きないん。
意識がないようなカンジ。
低血糖の発作の時みたいに、完全に意識が飛んでるような昏睡状態に
陥ってました。
もうすごいショックだった。「えぇー!?昨日の今日で!?」って。
でも、低血糖の時の発作のような昏睡状態ではなく
(痙攣も、ヨダレもそういうのは全くない)
単に意識がないってカンジでした。

20070913204430.jpg


結構長い間、カムの意識が戻らんか(というか、寝てるのかも!?とか
勝手によい方に考えたりもしてた)
色々試してみたりしました。
それでね、ちょっとだけ意識が戻って目を開けてくれてさー。
でもあんまり動けない状態。
グッタリ首はフラフラしてるし、仰向けになって寝転がってる状態。

20070913204438.jpg


ちょっと意識が戻ったので、お水飲ませようと試みたものの、
シリンジで入れた水が全部口から漏れて出てくるようなカンジ。

20070913204518.jpg


グッタリはしてたけど、とりあえず目は開いて、意識は戻り、
私のほうも出勤時間になってしまったので、
このまま会社に行ってもいいのか?ってすごい迷ったけど、
会社は会社で私の仕事が遅れまくってたりで、
もうこれ以上迷惑かけるわけにもいかん…と、
出勤することにしました。会社に行ったものの、やっぱりこのままでは
仕事が手につかん!!!ということで、先に指示出すことなどを
全部済ませて、他の人に任せてから会社抜けさせてもらうことにしました。
お昼休み、返上して仕事しますんで、1時間ちょっとだけ抜けさせて下さいって。
病院開くまでにどっちにしてもまだ時間があったから、
それまでにできる部分の仕事は済ませてきた。

20070913204532.jpg


9時20分に会社を抜ける。
帰ってきた時には、カムカムちょっと落ち着いてました。
まだ動ける元気はあるみたい。
でも、気になるから病院行こうって。夜に点滴(今日で11日目)に
近所の病院(いつもの病院は休診日だから)に
行こうと思ってたので、その点滴を朝からやってもらえないか?と思って。

20070913204544.jpg


急いでカムカム、病院に連れて行きました。
でもここで、だいぶんとキッツイことが!!!!
あのねーあのねーあのねー。
ここの病院、駐車場が限られてて、私が行った時ね
駐車場がイッパイで止めれなかった。
会社抜けてるし、一刻も早く会社に戻らなきゃってキモチはあせるし…

で、結構長い間、駐車場あかないかなー?って待ってたんだけど
一向に空く気配がなくて、これはダメだ…と
1回家帰って原付に乗り換えてこようと、家の方向に引き返したんです。
でもその家までの間の距離(ちょっと別の方向だけど)に動物病院があって、
フェレット診れないかな?って(もう時間が本当になくてさ…)。
早く会社に戻らなきゃ、仕事に追われてるし…で、
応急処置できないかなって。

とりあえず、相談だけしようとカムカム連れて行きました。
事情を説明して、可能ですか?と。
なんかね…。ほんま、ゴメンね。今日の私は辛口ですが、
ここの先生、ほんま態度が何様やねんお前!!ってくらい
なんか偉そうで。イス(受付の)に腰掛けながら(イスに座ってんのは何もイワンけど)
なんかあんまり真剣に話聞いてくれてるようにも思えんかったし、
患者さんも誰もおらんかったし、
ちょっとこの病院大丈夫なんかよ!?って思うくらい
なんかカンジ悪かった。
挙句の果てに「そんなのやっても、良くなる保障はありませんけど
それでよければ別に」って
なんかね、この状態やったら気休めにしかならんでみたいなことを
遠まわしに言われて、もうブチ切れ。
今までもそれでカムは頑張ってきてんから!!
何が気休めやねん!!!!って思った。ありえん。カンジ悪っ。
なんか『やってやってもええけど』みたいな態度がほんまに
腹立って(ごめん、私ものっそ短気なん)
誰もお願いしますって言ってないのに、「じゃあ、カルテ作りましょうか」とか
言ってきたので、「別の病院行くから、もう結構です」って
半分逆ギレで帰った。
もうーーーーーーー!!!貴重な時間をムダにした。

私がとにかく感じたことは、ここの先生は小動物を
軽く見てるっていうか…。犬猫専門なんか知らんけど…。
もう他にも腹立つことはいっぱいあったけど、
会話の節々に、「フェレットにそこまでしても」みたいな
言い方をトコロドコロに感じてさ。
私がピリピリしてるからそう感じただけかもしれんけど、
すっごいなんか腹立った。
後から冷静になって考えたら、なんか普段はいつも違う病院に行ってて、
応急処置はまた別に違う病院があって、
それもダメだったから、ここの病院に来ましたってことに
対して、先生も良いキモチしなかったのかなって。
私も失礼なことしたのかな…とかも思うけど、
それでもやっぱりおかしいわ!!!
下調べしてなかった私も悪いけど…。
でもそのくらい時間なくてあせってたんダ!!!
もう2度と行くかーーーーーーー!!!!

というわけで、ムダな時間を使ってしまい、
微妙に家からまた別の方向に行ってしまってたので、
家に帰るよりも近所の病院に戻るほうが早かったので、
もう一度だけ車で近所の病院の駐車場が空いてるか
見に行ったら、運よく空いてましたー☆ヤッタ!!

というわけで、診察してもらいました。
それまですごい腹立ってたけど(その病院のことで)
看護士さんと、先生がすごいカムカムの様子気にしてくれて、
(他にも診察あったので、待ってたんだけど、途中に
 先生が「大丈夫?大丈夫?」って待合室にカムの様子を
 見に来てくれてた。看護士さんも、ずっとカムを見ててくれた)
キモチが落ち着きました。
やっぱり、普通の病院は(というか、いつもの病院も、ここの病院も)
こういう対応してくれるから、それが普通だと思ってたけど
私が行ってる病院が珍しいだけなのかな?
そんなことないよね…。普通だよね。

で、診察。
この病院来る前のムダな時間の間にカムカムは、
なぜかすごい回復してて、ヒョコヒョコ動いてた。
一応免疫サポート持参してたので、落ち着いたら飲ませようって
思ってて、待合室で待ってる時に飲ませてたら、
全部飲んでくれた。良かったーーーー。

で、診察になったので状況を説明して、
いつもは点滴夜だけど、今から点滴してもらえませんか?って
お願いしたら、先生が
「りーさん、仕事中に抜けてきたんでしょ?」って。
仕事抜けてきたとは言わなかったけど、何もかもお見通しだったみたいで…。
「もし良かったら、仕事終わるまでカムカムくん預かるよ」って。
静脈からの長時間の点滴などは、昨日静脈使ってしまってて
もう使えないし、やるなら骨髄からになるんだろうけど、
先生も骨髄は無理だっておっしゃってたので、
そういうのはできないけど、いつもの点滴して
私の仕事の間、カムカムのこと見てることくらいはできるからって。
「りーさんも、仕事手につかないでしょ?」って。
もう泣きそうになった。本当に。

で、私も本当に仕事中、カムを見てあげれないことが
不安なので、そのまま預けることにしました。
今日はお肉とか持ってきてなかったので(急遽だったし、
時間がないので、家に取りに帰るとかもできなくて)
免疫サポート系(ミルク系)なら飲んでくれるってことで、
病院のヤツで試してみるよって言って下さった。
とりあえず、いつもの点滴は今から入れておくねって(ステロイドの注射も)

「安心して、仕事戻って」ってことで、会社終わったらすぐに
お迎え来ますってお伝えして、会社に戻りました。
本当にアリガトウございます。もーーーーーーーー!!!

先生が「リーさんは一人で頑張ってるんだから、
これからも心配な時はいつでも預かるから遠慮しないで
言っておいで」って。どんだけ優しいんだろ、先生。

で、そのまま会社に戻りました。
カムカム頑張れーーーーーーーーーー!!!

お迎え内容に続く♪  

スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/13(木) 21:26:49|
  2. 入院・手術

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。