小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昏睡状態の発作再び

20070922225807.jpg


今日は大変残念なことに、発作が起きました。
やっぱりステロイド減らしたのがダメだったのかな…。
すごいショックです。
本当にここのところずっと発作は起きてなくて
(なんだかんだともう9月に入って起きてなかったのに)
血糖値も安定してて、インスリとは上手く付き合えてると思ってたのに。
やっぱり今までも、ステロイドのおかげで
良い状態を保ててたってことなのかな。本当にショックだ。

20070922225723.jpg


それまでも別におかしいことは何一つなかった。
昨日はお薬でステロイド飲ませたばっかりだったのに。
それでも頻度減らして、量を減らしたことが
こんなに直結してすぐに表れるものなのか…と。
悔しい。本当に悔しい。
今まで、発作回避を一番に考えてたん。
だって、発作が一番カムカムにとって苦痛だと思ってたから。
あの苦しんでる姿だけはもう見たくないと思ってたから。
だからここへ来て、またカムカムを苦しめてしまったことが
すごく悔しい。ごめん、カムカム。
また苦しい思いをさせてしまったね。

20070922225651.jpg


ゴハンもいっぱい食べたし、水分補給もしっかりしたし
見た感じもすごい元気いっぱいだったのに。

20070922225634.jpg


発作は夕方に起きました。それまでカムカム元気だったので
(ゴハンもしっかり食べさせられたから)
ポロンちゃん&コナンくんのケージで一緒に寝させてあげようって
同じケージに入れてあげたん。
3匹でハンモックでキモチ良さそうに寝てて安心してました。
でね、私は別の部屋にいたのね。
フェレットさん部屋、未だにクーラーがんがんなので
クーラー嫌いな私には耐えられなくて、部屋から出てました。
一応ね、蘭丸たちが行き来するために、廊下に続く扉を少しだけ
開けてるんだけどね…。
蘭丸とキラは、部屋にいたり廊下にいたりウロウロしてるん。
でね、私の近くにいた蘭丸が急に反応して
カムカム達がいるいつもの部屋に行ったのね。
始めは別に気にしてなかったんやけど、蘭丸がケージの前にいるから
何やろー?って思ってみたらカムカムが発作起きてた。

20070922225626.jpg


ごめん、私ほんまにこの事実に鳥肌が立ってしまってさ…。
「蘭丸が教えてくれる」とか、そんなことがほんまに
起こると思わんくてさ…。
今までも蘭丸にはよく「カムちゃん病気でしんどいから見守ってあげようね」
とか言ってたん。でもそんなん私が勝手に言ってるだけで、
もちろん蘭丸が理解してるとも思わんかったし。
もうありえへん!!って怖かった。
この子達はどこまで物事を分かってるんやろ…ってすごい驚いた。
今日のことも偶然だったのかもしれんけど、
でもこんなにタイムリーに反応してくれた蘭丸がほんまにすごいと思った。
動物は動物同士で、何かの思いや力が働いてるのかなー?って。
不思議だねー。
あ、キラは全く気づいてませんでした。何くわぬ顔で寝てた。
蘭丸はやっぱり何か違う…としみじみ思った今日この頃。

20070922225618.jpg


で、カムカムの発作はというと…。
私が発見した時点では、ハンモックから身体半分が落ちてて
(言ったら、頭を下に落として逆さ吊りになってる状態)
ヨダレが口の周りにあふれてて、ハァハァ言ってました。
多分ね、蘭丸はこのカムカムが「ハァハァ」変な呼吸してる音を
察知して気になってケージの前に行ったんだと思う。
でも違う場所にいた私には全く聞こえなくて…
ケージの前に行って初めて、気づいたん。
で、カムは意識が飛ぶちょっと前といった状態。
一応目も開いてたけど、もうグッタリしてた。
全身の力が抜けてる状態。

20070922225530.jpg


明らかに低血糖の発作であることは、一目瞭然なんだけど
ちょっと疑問に思ったことは、
いつもの低体温の状態ではなかったこと。
今まで発作の時って、絶対に体温がガクンと下がってたん。
触って「冷た!」って感じるくらい。
それが全くなかったこと。体温はすごい高かった。
その前にもゴハンいっぱい食べさせたところだったし、
なんで急に発作?ってすごい疑問だった。

本当に低血糖の発作なのかな?って。症状だけを見たら
今まで何度も体験してきた、低血糖のソレと全く同じだったん。
でも私の中で、違和感がずっとあって。
このまま低血糖の発作を処置をいいんだろうか?って。
でも結局悩んでる時間はないくらい、カムカムの容態は
悪化してしまって、完全な昏睡状態にまで陥ってしまったので
砂糖水での処置を開始。
今まで順調だっただけに、油断しててまたこの処置を行うことになろうとは
予想してませんでした。
なんか久しぶりですごいドキドキした。
前は冷静に対応できてたのに、今日はさすがにパニクった。

20070922225521.jpg


もう完全に意識はなかったので、(処置始めた時点では、変な呼吸は止まってた)
砂糖水を口にすりこむことから始めました。
結構長い間やってたけど、全然改善されなくて。
カムは相変わらず意識が飛んでグッタリしたまま。
口(歯)を開けることもできなかった。
そこからひたすら処置してて、40分くらいしてからかな?
やっと意識が戻って、シリンジで自分から飲めるようになった。
それでもフラフラして、朦朧としてる状態は続いてて、
やっと意識がはっきりして普通に戻ったのは
処置を始めて1時間くらい経ってからでした。
結構な時間がかかった。レベル的には、手術前の重度の発作の時と
同じカンジ。
また血糖値下がってしまったのかなー…ってすごくショックだった。
ここのところずっと100超えててすごく良い状態を保ててたし、
膵臓+肝臓+腎臓と主たる臓器がどれもこれも悪い中で
今だけで言えば、膵臓だけはなんとか良い調子を保ててたのに…。
これで、結局3つとも悪くなってしまったってこと。
あぁーーーーーーーーーーーーーーー。泣きたい。

20070922225500.jpg


改善されてからは、やっぱり普通のカムカムに戻ってて
ゴハンも食べてたし、ミルクも飲んでくれた。
昨日病院からもらってきたミルクは、下痢しないように
量を調整して、今のところ上手く使えてるはずなんだけど…。

20070922225452.jpg


で、その後、いつもの病院に連絡しました。
2日に1回にしたステロイドをこの状態でも、2日で1回で
いいのか確認するためです。
院長先生に、発作が起きたことを説明して、相談しました。
私が勝手に低血糖の発作と判断した今日の発作は
本当に、低血糖の発作なのかもすごく気になったので聞きました。
大量のヨダレが出てたって報告したので、ヨダレだと
ほぼ低血糖の発作で間違いないだろうと。
ただ、血糖値も暫く安定していたので、肝臓からキテルものなのか
発作だけでははっきりとは今の段階では分からないそうです。
肝臓から来る要因も十分考えられるそうです。
ちょっとテンパっててちゃんと覚えてないけど、
肝臓が影響して低血糖を引き起こしているのか、
肝臓からくる発作(低血糖じゃない発作)なのか…
よく分かりませんでした。理解不足で申し訳ない。

とりあえずステロイドを1日1回に増やして様子みて、
1週間に1回の血液検査で肝臓の数値を追いましょうと。
最近変えたことと言えば、やっぱりステロイドのお薬を
減らしたことしかないので、それが原因かなー?と思う。
膵臓も落ち着いてるように見えて、でも実際は
薬でなんとかよく保ってた状態だったのかなーと。
気になることがあればすぐに病院連れてきてって言われたので
明日また病院行くつもり。
本当は今日行ければよかったんだけど、診察時間内には
間に合わなかったので、明日にします。
今のところは普通のカムカムに戻ってるし、どうせ明日点滴の日なので。
本当は近所の病院へ行こうと思ってたけど、
いつもの病院に連れて行こうと思います。

今日からステロイド毎日に戻すことになったので、
早速飲ませました。今は普通に安定してます。
はぁーでも、さすがに発作は凹んだな。
カムにまた苦しい思いをさせてしまったことが本当に悔しくて仕方ない。
でもステロイドも結局続行になってしまったら、
またそうこうしてるうちに肝臓の方が大変なことになりそう。
すごく悔しい。

カムカム頑張ろうネ。
発作だけはこれからも回避してあげたい。
どうしてあげればいいかなー。

スポンサーサイト
  1. 2007/09/23(日) 22:48:39|
  2. インスリノーマ

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。