小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心臓肥大発覚 点滴29回目

20071006115948.jpg


10月5日、いつもの病院に点滴にいきました。
プラス、やっぱり咳込む症状(ゼェゼェ変な呼吸)が改善されない為、
今日は絶対にレントゲン撮ってもらおうって決めてました。
食欲は4日の夜は怖いくらいに食べなくて、
ほぼ無理矢理に強制給餌したんだけど(いつもはスプーンから食べる)
なんかそれもすごい気になってて。
でも5日のお昼と病院行く前はすごいバクバクゴハン食べてた。
呼吸も昨日に比べればちょっとだけマシになってるようなカンジ。

20071006115956.jpgorder="0">


咳止めの薬もしっかり1日2回飲ませてるし、
一昨日はこっちの病院で咳止めの注射もしてもらったし、
昨日も近所の病院で咳止め(?)みたいな薬を点滴の中に
入れてもらったりしたんだけど、それでも一向に治まらない。
「やっぱり咳してるし、呼吸が変なのが気になるのでレントゲン撮って欲しい」と
お伝えしてレントゲン撮ってもらうことになりました。
やっぱり一番不安だったのが、肺に水溜まってるんじゃないの?
ってことだったんだけど、病院では咳してなかったし、
院長先生も肺に水溜まってたらこの程度ではすまないってことだったので
それはレントゲンする前から、まず大丈夫でしょうってことでした。

ただ一つ可能性として大きいのは、巨大食道(←漢字はコレであってるのかな?)
っていうもので、食道が開ききってしまってる状態?
よく分からんけど、フェレットさんでもここの病院で4件ほど、
前例があったそうで、その可能性があるかもってことでした。
それはね、治療法が全くないそうなんです。
そうではないことを祈ってレントゲンです。
しかも、その巨大食道とやらは、普通のレントゲンだけでは
写らないことが多いそうで、先にバリウムを飲ませて
そのすぐ後に急いでレントゲン撮らないといけないそうで…
カムちゃん、バリウム飲むことになりました。
カム!頑張れ~~~~~~~!!!!!!

20071006120003.jpg


その前にですね、今日で前回の血液検査から1週間開いたので
「検査してもらえないですか?」って聞いたら
じゃあ、BUN・GPT・GLUだけみましょうか?ってことになりました。
今日検査してほしかったのはね、今のところ点滴を毎日続けてたけど、
(この日で何日?もう12日連続です)
そろそろ点滴の効果で腎臓の値がちょっとでも下がってたら
これからの頻度を減らせるかな~?と思って。
今はどういう状態か分からないので、点滴止めるのが不安だから。
少しでもよくなってるのが確認されたら、毎日の点滴を
2日に1回にでも減らそうって気になれるかな?って思って。
レントゲンの前に先に血液検査の為に採血してもらいました。
採血して、そのあとレントゲン撮ってもらいました。

20071006120029.jpg


ちなみにこの日、キラくんのワクチン接種の日で、
カムカムとキラと一緒に病院に行きました。
キラの内容は、もういっこのブログに書くとして…
ちゃんと注射打ってもらいました!キラ、頑張ったね~♪
もうすぐ蘭丸のワクチンの時期かな?

20071006120044.jpg


というわけで、血液検査とレントゲンの結果を待ってました。
この日さ!!!6時に家出たのに、診察終わったのが9時すぎ。
家帰ったのが10時…
ほんでそこから蘭丸をお散歩連れて行って(遅くなってゴメンネ)
かなりハードやった。いつも以上に時間かかった。

20071006120100.jpg


というわけで、検査結果が出ました!!!!
ますは血液検査の結果ー。

GLU(血糖値):44
GPT(肝臓) :305
BUN(腎臓) :37.2


<前回>
GLU(血糖値):40
GPT(肝臓) :342
BUN(腎臓) :47


やったーーーーーーーー!!!!!
というわけで、血糖値は相変わらず40台と低いままですが、
ここで腎臓(BUN)が37と華麗に正常値内に返り咲き!!
ひゃっほーーーーー!!!先生も「おっ!頑張ったね」って。
やっぱり毎日の点滴の効果がきちんと表れてくれました。
私も頑張って本当に良かったよーーー!!!
肝臓の数値もステロイドの筋注やめて、薬も減らしたので
良い感じに安定(正常値をちょっと超えたくらい)してきました。
でもその代わり、やっぱり血糖値が上がらないんだけどね・・・。しくしく。

この結果を受けて、毎日の点滴を2日に1回に減らしてもいいよ!!
ってことになりましたー。
やっほー。これで安心して2日に1回に減らすことができます。
もうーー!カムちゃん頑張ってくれた。やんやんー♪

20071006120112.jpg


でもって、心配だった咳の件(レントゲン結果)ですが
巨大食道(?)は確認されませんでした。良かったー!!
ちなみに肺に水が溜まってるのも全く問題なしでしたー!やっほ♪
そんな気配はまったくなかった!!

が!しかし!!!!!!

20071006120133.jpg


なんとも残念なことに、心臓肥大が確認されました。
もうね、こればっかりは…
歳のせいもあるだろうし、カムカムの場合、今の状況で
本格的にエコーとって、本格的に薬での治療を始めるっていうのは
先生たちの判断で見送ることになりました。
心臓肥大は、薬で進行を遅らせることはできても、治すことはできないので。
それでなくてもお薬漬けの毎日で、これ以上カムカムに色々するのは
(積極的に治療しましょう!というのは)
あまりオススメできないってことで、心臓の件は時に身をまかせます。

でも、咳の原因は心臓からきてるのもあるんだろうなーと思う。

それでも私に心臓の治療もどうしても行いたいっていう意思があれば
今後対応はしてくれるそうですが、
やっぱり私の意見としても、今のカムカムの状態(肝臓・腎臓治療+
インスリノーマ)を考えると
これ以上あれこれするのは、うーんってカンジなので
今はそれよりも、今やってる治療を頑張りたいと思います。

20071006120145.jpg


で、咳止めの薬は、今までもらってた分があまり効果が出なかったので
今日から新しいお薬を試してみることになりました。
前回もらった分、まだ残ってるんだけどそれは使用中止で。
で、今日も点滴(29回目)をしてもらって診察終了しました。

その後、お薬とお会計待ってたら、また先生に診察室に呼ばれたん。
先生が「院長と話し合った結果、頓服の液体のお薬出すことにします」って。
実はね、それとは別にお会計待ってる間に、
カムカム調子悪くなって、どうも発作が起こりそうな気配がしてたん。
「発作が起きそうです」って報告して、一緒に処置してもらった。
完全な発作は起こってなかったけど、かなり朦朧としてた。
家帰ったらすぐにゴハンいっぱい食べさせてあげてねってことで。

で、今日はとりあえずその咳止めの頓服を先生に
シリンジで注入してもらうことになりました。
先生が飲ませようとしたら、カムカム頑なに拒否して
口を必死に閉じててさ…
先生も「カムカムは、本当に嫌なことは全力で拒否するね…」って。
「この状態で、いつもどうやってお薬飲ませてるの?」って
不思議に思われたのか質問されてしまいました。
っていうくらい、カムカムの拒絶はすごいんですって!!!
だから私も、お薬飲ませるだけで軽く15分(長くて30分)はかかる…。
「いつも無理矢理口を開けて、無理矢理シリンジ入れて、
 無理矢理飲ませてます」って報告しました。
やっぱり私がやってることは、虐待になるんだろうな(カムカムにとっては)

で、嫌がるカムカムに先生が苦戦しながら
なんとかお薬飲ませてくれました。
この頓服の液体の薬は、お薬で出してもらって家に持って帰ることになりました。
咳き込みが酷い時にだけ、1回1ミリで使ってくださいとのこと。
それとは別に、朝晩2回の飲み薬はまた別にあります。

ただ、この頓服の薬はかなりキツイ薬になるので
副作用(?)というか、飲んだ後に、フラフラする・グッタリする・
こん睡状態(寝てしまう?麻酔みたいなカンジ?)になる…
などの症状が出るのでってことで。
私が心配になったのは、グッタリやフラフラっていう症状は
低血糖の発作の状態と一緒なので、見分けがつくかな?ってこと。
それも気になったので、使用上の注意をあれこれ聞いてきました。
とにかくキツイ薬なので、咳が酷くて苦しんでて見てられないって
時だけに使うようにして、よっぽどじゃない限り、あまり使わないでねってことでした。


というわけで、本日の診察は終了。
そのキツイ薬のせいか、帰りの車~家帰っても
すごい長い時間、微動だにしないで爆睡してました。
でもそっから咳の症状はピタっと止まりました。
そんだけ効果あるってことなのかなー?

20071006130409.jpg




本日のお薬。
ステロイドと肝臓のお薬がきれたので、それぞれ1週間分追加。
今回から新しく変わった咳止めの粉薬を新しくもらいました。
でもって、そのキツイ液体の頓服(咳止め)と。

20071006120555.jpg


頓服は、咳が酷い時のみ、シリンジで1回1ミリの注入だそうです。

20071006120613.jpg


これが、今回新しく試してみることになった咳止めの
朝晩2回の粉薬です。

今日の費用は、全部で1万6000円ちょっとでした。
そろそろ通院費集計しないと…ね。

スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/10/06(土) 12:53:34|
  2. 心臓肥大

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。