小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

点滴32回目・グッタリな日々

今日はいつもの病院がお休みなので、近所の病院へ点滴に行きました。

えっと…、やっぱりカムカムの調子はあまり良くありません。
でも今日のお昼休みは、最近では珍しく
ちょっとだけゴハンを食べてくれました。
食べてくれないから、本当にトイレしないんですよね。

最近お薬も、きちんと全部飲ませきれてません。
以前は免疫サポートに混ぜたりして、自分からペロっと
食べてくれてたんだけど、最近免疫サポートも口にしないので
仕方なく、シリンジで無理矢理飲ませてます。
でも最近は、抵抗が益々酷くなってきてしまって
お薬口に入れた瞬間に、首を横に振って暴れるんです。
その拍子にお薬が周りに飛び散ってしまい、
ちゃんと飲ませられてないような気がします。
今まではね、多分お薬苦くて、すごく口の中が気持ち悪いのかして
お薬飲ませた後、すぐにお水を飲みにいって
口の中を潤してたんだけど(多分ね、そうだと思う)
最近は、お水自体を飲まないので、嫌なお薬飲まされた後、
一人で口の中に手を入れて(引っかくようなカンジ)
悶えてやるので、本当に見てて堪らない。

今のお薬は、朝は肝臓のお薬と咳止めのお薬、
で夜がそこにステロイドが入ります。
カムカムに苦痛を与えたくないといいながら、結局
私がやってることって苦痛以外の何者でもないんじゃない?って思う。
でも、カムカムはお薬があっての今の状態だから…
お薬でなんとか保ててるような状態だから…

こんだけ頑張っても血糖値は40台から上がらないし。
これでステロイド止めたら、それこそ手術前のGLU16~20台の
最悪の状態に逆戻りしてしまうだろうし…。
なんか辛いよね…。

というわけで、本日の通院内容デス。
前回、近所の病院に行った時は、咳がとっても酷かった時で
(先週の木曜日だね)
翌日にいつもの病院でレントゲン撮ってもらいますってお伝えしてたので
先生に「レントゲンの結果どうだった?」って聞かれました。
肺の水とか、巨大食道ではなかったけど、心臓肥大が確認されましたと報告。

咳は今日はちょっとマシかな?って話してる最中に
またカムカムがケホケホ咳き込みだして、「ありゃりゃ」って言ってたん。
心臓の音とか特におかしなカンジもなく、
こんだけ食べてないのに体重は1.32キロでキープできてました。
なんとか強制給餌してるのが良かったのかな?
点滴は前回の検査でBUNが37に下がったので、
2日に1回で良くなったことと、今も相変わらず
咳止めの注射を打ってもらってますと…。

咳止めの注射は、「気管支拡張剤」っていうことは聞いたんだけど
正式名称(薬品名)聞こうと思いつつ、
前回の診察では泣いてしまってすっかり忘れてしまってました。
前回こっちの病院でも咳止めのお薬点滴の中に入れてもらったので
今回も入れてもらうことにしました。
他にも、最近ゴハン食べてくれないので、何かその代わりになる
(栄養をもっと補える)ものは入れてもらえないですか?って
聞いてみたんだけど、今カムカムが打ってもらってる点滴が
総合的な栄養剤になるので、他に追加して入れるのであれば
特別な症状が出ていないと、あまり意味がないそうで…

というわけで、結局いつもの点滴+咳を止めるお薬になりました。
次回、いつもの病院に行ったら忘れないように
しっかり薬品名を聞いてきたいと思います。
今の点滴の内容は、いつもの病院の先生が指示(配合?)を
紙に書いてくれて、近所の病院で、コレでお願いしてねって
言って下さってた分なのね。
だから、本当は今回もその咳止めのお薬の内容を
しっかり聞いてくるべきだったのに、失敗だわ…。

先生も「点滴2日に1回になって、リーさんも大分と
落ち着けるようになったでしょ?今のうちにしっかり休んでね。
頑張りすぎて無理しないようにね」って。
でも本当に毎日の点滴に比べると、2日に1回になっただけで
私の負担はかなりマシになりました。

あとね…。ゴハン食べない件や、私が強制給餌したくない理由について
色々お話してきました。
カムカムに苦痛を与えたくないって思いを…ですね。
私の気持ちはやっぱりカムカムに辛い思いはさせたくないんです。

そりゃ無理矢理でも強制給餌することで
もっともっと生き延ばしてあげれるのかもしれない。
でもそのたびにカムカムに辛い思いをさせて、
そこまでして生き延ばす意味はあるの?って思うのね。
それをすることで、多少の苦痛は伴っても
いつもどおりに生活ができて、少しは元気があって
遊んだりできるのならまだしも…。
カムカムの今の状態であれば、強制給餌しても
グッタリしてる状態にはかわりがない。
ほとんど自分からも動けなくて(病院行く時は動くんだけどね)
もうほとんどをグッタリして寝たきりで過ごしてて
そんな状態で無理矢理強制給餌してまでも、生きのばすことを
最優先に考えたい!とはやっぱり思えない。

グッタリしてても、少しでもカムカムが穏やかな状態で
過ごせたらな…って思う。
今のグッタリしてる中、追い討ちをかけるように
大嫌いな強制給餌までしたくない。

――――だからもう強制給餌はしません。今後一切!!――――


って、割り切れたらラクなんだろうな…私も。
そこまでキモチは固まってるのに、
カムカムに苦痛を与えたくない、
1日でも長く生きのばすことは考えてないって思うのに、
それでもやっぱりゴハンを全く食べなくて衰弱していく
カムカムを見るのは辛くて…。

結局、もうしない・もうしないって言いながら
「カムカム、もうちょっとだけ頑張ろう」って
強制給餌をしてしまいます。
最近、自分で自分の気持ちが良く分からないんです。
カムカムにとって、本当に一番良いのはどうしてあげることなのか?
何が正しくて、何が間違いなのか。

色々と思うことはあるけど、
そんな中で今現在も、カムカムは一生懸命頑張ってくれてます。
カムカム、一緒に頑張ろうネ!!

スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2007/10/11(木) 21:21:48|
  2. 通院(点滴)

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。