小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月21日 38回目の点滴

20071026222458.jpg


更新が大分と停滞してしまったので、さかのぼって記録。
えぇっと…21日、先週の日曜日から。
カムカムは今ねー、本当に怖いくらい絶好調なんですよ。
どのくらいの回復を遂げたか!!については、また後ほど。
というわけで、21日の内容から。
っていうか!!写真見ても分かるけど、表情がめちゃめちゃ明るくないっすか?
こんなに普通の生活に戻れるとは思ってなくて、
私もビツクリですのだー!カムはやっぱり強い子!!

20071026222051.jpg


というわけで21日の通院内容(点滴38回目)です。
この日は、夜に近所の病院に行きました。
ちょっと日にちがあいてしまったので微妙にウロ覚えでごめんなさいデス。

20071026222100.jpg


カムカムの回復振りに先生も驚いてましたー!!ひゃっほー。
体重も14キロをキープ中。良いカンジ。
調子が良くて動き回ってたカムカムです。

20071026222114.jpg


実は…ですね、この日、急遽キラも通院になってしまってね。
キラの件はまた落ち着いたらもう1個のブログか
病院通院記に書きますが…。いつになるか分からんので、こっちに覚え書き。
なんかね、この日の夕方散歩で、散歩友達がキラを見ててくれてたんだけど
(私は蘭丸と公園内を走りまわってたので、その間、散歩友達が
 見ててくれたのです)
なんか散歩友達が「キラくん、足ビッコしてる!左足が変!!」って言い出して。
周りにいた人みんなに確認してもらったら、確かに左足をかばって歩いてるようなカンジでした。
私、自分が散歩行く時って、蘭丸とキラを両手で持って
並んで歩いてるので全然気がつかなかったん!!!
言われて「なんか、そうかも!?」って初めて気づいたん。
実は1週間くらい前の散歩中に、キラっちょん、ちょっと段差あるところから落ちやって、その後ずっと注意してみてたけど、
足ビッコ引いたり、痛がったりっていう行為を確認できなかったので
大丈夫やってんやーって勝手に思っててんけど、
どうやら私が気がついてなかっただけで、
キラはずっとビッコ引いてたのかもしれんー!!!って
かなり凹んだ。ゴメン、キラ…。

というわけで、この日は先にキラの診察から。
最初いつもの担当の先生が時間掛かるかも…ってことで
違う先生に触診だけしてもらったん。
特に触って痛がるようなこともなく、確認してもらったけど
異常はみつかりませんでした。
看護士さん達に先に歩いてるところを確認してもらったら
その時は「なんか言われたら左足かばってるねー」って言ってたんだけど、
その後、先生に歩いてるところ見てもらってたら、普通に戻ってたという…。
でも気になるので、念には念を…でレントゲン撮ってもらうことにしました。
この時点で、いつもの先生の診察が終わったので
ここでチェンジになりましたー。

20071026222129.jpg


あのねー!!先生が「キラくん、怖がるかもしれんから、リーさんと
一緒にレントゲン撮ろうか~。大丈夫?」って言ってくれたので
カムカムはキャリーに入れて、診察室で待機しててもらって
私と先生とキラとで、レントゲン室に移動しましたー。
私…、うちの子達のレントゲンは今までも何度も撮ってきたけど、
一緒にレントゲン室に入るのは初めてのことで
(いつもの病院は、先生が連れて行って、先生が撮ってくれてたから)
なんかちょっと嬉しかったです。
あー、嬉しいっていうと、なんか楽しんでるみたいな表現で
嫌なんだけど、そうではなくて…。
キラも、外ではビビリンボだからやっぱりガッチガッチに固まっててね。
「何されんねやろーーー!!」ってすっごい恐怖だったんだと思う。
そこに一緒に私がいれることで、キラも多少は安心だろうし、
そう考えるとこうやって一緒に撮らせてもらえることはとっても嬉しいなーって。
キラも不安だろうし、私もキラ大丈夫かな?ってちょっと心配だし。

ってことで、キラくんのレントゲン開始。
なんか重い変な服を着て(私が…)レントゲン室に入ってスタンバイしました。
先生が「放射線やけど…、オナカ、大丈夫?」って言ってた。
赤ちゃんのことやんねー。相方さんと別れた今、そんな心配は100ないのです。
いつでもかかってきなさい!!ですわよーーーーーー。

というわけで、準備ができたのでレントゲン開始。
今日は4枚の撮影になりました。
前肢を私が持って、先生が後足を持って、一緒に頑張りました。
もうね…キラが、ガッチガッチに固まってて、悲壮な顔をしてました。
「大丈夫ー大丈夫ー」ってなだめながら撮影したけど、
キラのビビリまくってる姿を見てるとちょっと可哀相だった。
怖かったね。キラ…、ごめんね。
撮りたい部分は左後ろ足だったので、腰の辺りから全体を
左向けと仰向けの2枚。
左後ろ足アップで、左向けと仰向けの2枚で計4枚撮影しました。
結構時間掛かったのです。
動物のレントゲンって本当に大変なんすねー…としみじみ感じました。
人間だとチャチャっと終了だけど、動物はアレですね…
その姿勢にさせるのも一苦労だもんね。
キラも固まりすぎて、全身に力入って動かへんし大変でした。

20071026222139.jpg


キラのレントゲンの現像ができるまでの間に
カムカムの診察と点滴することになりました。
カムの診察中(私はカムカムを持つことで手イッパイなので)、
キラはさっきのレントゲンの恐怖で、診察室の床に座り込んで
全く動きませんでした。
それはそれでラクだったけど、先生も「キラくん、固まってる」って。
なんかめちゃめちゃシュンってしてたキラくんでした。

20071026222152.jpg


では、カムの診察です。
カムはやばいーーーー!!!もうかなり普通です。
すげえーよ!!かなりイキイキしてました。
最近気になることといえば、よく食べてくれるようにはなったけど
(まだ私がスプーンで食べさせるの限定だけど)
今のカムは1日でa/d缶1缶空けてるカンジで、
それはそれでちょっと食べすぎじゃないの?って部分かな…。
このまま続行か中断かは、次回の検査結果によって判断しようと思ってるって伝えました。
先生も、a/d缶は、3キ~4キロの犬で1日1缶だからねーって言ってた。
ただ、今のカムが一番嬉しそうに食べてくれてるのがコレなので
将来的な問題を考えずに今だけを考えれば…
今、カムが自分から進んで嬉しそうに食べてくれるものを与えて
幸せな瞬間を与えてあげたいっていうのであれば、
それはそれでアリだと思うよってことでした。
もちろん、それは私もまるっきり同意ー。
というわけで、ゴハンの件は次回の検査結果で考えます。
今日もa/d缶、追加で4缶用意してもらうことになりました。

20071026222204.jpg


他に最近気になってるのは、咳止めの薬と注射の件かなー。
最近ちょっと咳はマシになってるけど、それでも
完全に止まることはなく、薬や注射を始める前とたいして変わらない気がするんですね。
なので、毎日2回の咳止めの薬+2日に1回の気管支拡張剤の注射あっての
今なのか…、それともこの2種類を使ったところで
たいして効果が出てないのか(やってもやらなくても一緒みたいなカンジなのか)
よく分からんので、1回1週間でも中断して、それでどうなるか見てみたいなーって。
これも次回主治医のところで相談してみようと思います。
そりゃ、良かれと思うことは全部してあげたいとは思うけどね…
でもこうやってカムカムのように治療が長期的(永遠に)になってきた場合、
ちょっとのことかもしれんけど、それでも
2日に1回の咳止めの注射(1本1000円くらい?)と
毎日2回の咳止めの薬(1週間で2000円くらい?)も
積み重なると結構なモノになってくるからね…
それでなくても、2日に1回の点滴+いつものお薬だけでも
それなりの費用が掛かってるからさー。
咳止めの注射も薬も、それで効果が確認されてたら問題ないけど、
なんか今のように「やってもやらなくても一緒ちゃうん?」って
思ってしまうことをずっと続けてるのもなんかなーとか思うのね。
もし、一旦中断して、急に咳が酷くなったりしたら
それなりに今までも効果が出てたってことの証明になるから、
それを確認できれば、また採用することになっても
今みたいなモヤモヤ(効果あるのかよ!?コレ…みたいなの)は
消えるだろうし…ってことで。
一度スッキリ・ハッキリさせたいと思いますー。

20071026222215.jpg


とりあえず、今日はいつものように点滴を打ってもらって、
筋注で咳止めのお薬も入れてもらいました。
カムの診察は無事終了ですー。わっほー♪

20071026222228.jpg


カムの診察してる間に、キラくんのレントゲンが出来上がりました。
もう1回、いつもの先生にキラの触診してもらって
一緒に病院の外歩いて、キラの足の状態も確認してもらいました。
レントゲンの結果もですねー…
異常ナシ!!でしたー。わっほー!!
思いすごしだったのかな?外で歩いて確認してもらった時も
普通にテクテク走ってたし、触ってもウンともスンとも言わないし、
なんか一時的に足が変だったのかもねーって。
痛み止めの薬用意してもらう予定でしたが、本当に何もなかったので
どうしますか?って言われたけど、止めときました。
まぁー今日の診察は安心料ってことで。
散歩友達にも「もし、病院行って何もなかったらゴメンなー。」って言われてたんだけど、
やっぱり私もちょっと気になったらしっかり確認したいと思う人なので、
何もないってことが証明されたのでよしとしますー♪

20071026222247.jpg


というわけで、次回の診察は23日です。
次回は、いつもの病院です。
次こそは絶対にカムの血液検査してもらってきます!!!

でもって、今日はキラくんに怖い思いをさせてしまったし
家でお留守番してる蘭丸にも…と、
病院のハミガキガムをお土産に買って帰ることにしました。
無事に終了デスーーー!!!



スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2007/10/26(金) 23:21:03|
  2. 通院(点滴)

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。