小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

順調です

■■■■06年12月11日 闘病記より転載■■■■


昨日も今日も、異常なしで普通でした。
最近この「普通」「いつも通り」っていうことに
本当に改めてしんみり感動してしまいます。

やっぱりね、普通が一番。
特に何も変わらず、いつもと同じっていうのが
本当にとても素敵なことなんだと改めて実感。

結局のところ人間てさ、
(おぉ、かなり大きなスケールでの話になりますヨ!!ついて来て!!)
「当たり前」ってことに慣れてしまうんだよね。

健康⇒当たり前、今日もいつもと変わらず普通に生活⇒当たり前

そして最近しみじみ感じたのは、「当たり前」っていうことに
慣れてしまうことが一番悲しいこと。

その「当たり前」が当たり前じゃなくなった時、
その価値・大切さ・貴重さに気付くものなんだと思うんだ。
病気をして改めて気付く健康の大切さ、失って初めて気付く大切さ。
その時は、改めて「当たり前」なんかじゃないって
気付くんだけど、怖いものでまた少しすると当たり前の感覚に戻ってしまう。

『うちの子達が当たり前のように側にいる』
そんな感覚になっていた私。
うちの子達がこうしてココにいてくれることが
とってもとっても貴重で素晴らしいものなんだって
存在そのものに本当に大きな価値があるんだって
そんなことをしみじみ思い知らされました。


私が昔、落ち込んでいた時に言われた言葉。 

「幸せの中にいる人は、その幸せに慣れすぎて
 幸せなことが当たり前になってしまって、
 小さな幸せに気付けないでいるんだよ」って。

「反対に辛く悲しい想いを沢山経験した人は、
 その小さな幸せをひとつひとつ幸せだなって感じて
 生きていけるんだよ」って。

「皆には当たり前になってしまって気付かない、
 その小さな幸せを、何度も何度も幸せだって実感して生きれたら、
 それ以上に幸せなことなんてないんじゃない?」って。

今回のこととは全然違うことで、貰った言葉なんだけど。
その言葉を意味を、改めて考えました。

私はこれからも、そんな小さな小さな幸せを
毎回幸せだと感じながら生きていきたいなぁと思います。

カムカムがこうして私の側にいてくれることが幸せ。
ポロンちゃんも、コナンくんも、蘭丸も、
ただいつもと変わらず、私の側にいてくれること。
それだけで私はこの上ない幸せ。

これからも、そうやって幸せを感じて生きていきたいな。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/16(木) 00:42:21|
  2. 肝機能障害

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。