小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

胸部脱毛

■■■■07年1月13日 闘病記より転載■■■■

カムカム元気には元気なんだけど、
ちょっと大変なことになってきました。

胸部~腹部にかけての異様な脱毛。
ということで、明日病院に連れて行ってきます。

以前から、尻尾~付け根辺りの脱毛に関しては
確認済みで、(でもドバっと一気に抜けた訳でなく、
年々徐々に薄くなってきたカンジ)
病院でも報告済みだったんだけど、今のところ異常はなく、
今後副腎腫瘍とかの可能性も覚悟しておいて下さいということで
様子見だったのですが、
ここ何日かの異常な脱毛を見るとちょっとヤバイと思いまして。

明日病院へ行くことにしました。
こんだけ一気に抜けるのは、やっぱり副腎腫瘍っぽいなって
嫌な予感はするんだけど。
カムカムに関しては
今後一切「手術」という選択肢は取れないので、
もしそうだったとしても、ホルモン剤の注射を打ちに通って
対応する選択しかないんだけどね。
っていっても、ホルモン剤の注射で毛は生えてきたとしても
中の悪い部分(悪性だったら)はそのままになるから、
それを放置するのも辛いところだし、そこから
また違うところに転移するのも怖いんだけど…
でも手術という方法を取れないことには、
これはどうしようもないことだし。切ないけど。
こればっかりは仕方ない。
というか、「今後、どんな状況になっても手術はできない」と
いうことは(腎臓が悪いからね、カムさん)もう大分と昔から
何度も何度も言われてきたのことなので、
それに関しての覚悟はできてました。
だから、多少は冷静なのかな・・・と。

それでなくても、今現在(これからも一生)
肝臓のお薬(食欲促進剤?含む)+ステロイドのお薬を
ずっとずっと毎日投薬してるのに、
そこに加えて、もしホルモン剤の注射(あくまで仮定の話だけど)と
なると、本当に見ていて居た堪れないな…と。

正直、カムカムにどんだけ負担掛けなきゃいけないんだろうね。

でも、今回は今までに比べるとそこまで取り乱すことなく
冷静に受け止めている私がいます。
以前は、寝込む程泣きたくり、落ち込み、いつも取り乱してましたけど
今回は本当、ちょっと冷静になれてます。
なんでかっていうと、脱毛は始まったけど、
カムカム自身が、すこぶる元気だから。
放牧中もいつも通り飛び跳ねて暴れてるし、
フードもモリモリ食べてる。
脱毛を除いては、いつもの絶好調なカムカムと
なんら変わりがないからです。
この部分が本当に大きいんだよね。

どっちにしても、肝臓・腎臓の検査を
年末(前回12月21日だったよね?)から
まだ受けてない状態なので、
(今回お正月挟むから、お薬長めに出してもらったから)
それも気になるし…

とりあえず明日、病院に行ってきます。
カムカムは、今もとっても元気です。
本当に元気なんだよね。何もなければいいけど…
というか、何もないことはなさそうだけど、
せめて深刻な状況であることだけはないように祈ってます。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/16(木) 11:25:06|
  2. 副腎腫瘍

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。