小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

26日 62回目の点滴(蘭丸検査入院の日)

ちょっと蘭丸の検査入院だったり、他のことだったりで
写真とってる余裕がないので、暫く文字だけでの更新で…。

26日、カムカムを点滴に連れていきました。今回で62回目の点滴です。
この日、ちょうど蘭丸の検査入院の日で、当日に退院できるか1泊入院になるか
夜にならないと分からない状態だったんだけど、
どっちにしてもカムカムの点滴の日だったので、その時に結果を聞くってことで
とりあえず夜に病院に向かいました。
蘭丸の麻酔が切れる時間の関係でいつもよりも遅めでした。

最近のカムカムも、本当に調子がいいみたいです。
ちょっと今、その蘭丸の肝臓治療のことでかなりバタバタしてるので
カムカムの件はいつもよりちょっとだけ簡潔に…。


カムちゃん、体重はいつもとたいして変わらずに1.2キロ。
本当に元気が有り余ってるようで、診察台の上でも豪快に動いてました。
先生も「本当調子いいよねー」って。
いつも通りに点滴を打ってもらって終了ーしました。

そうそう!26日の夜ね…、蘭丸が検査入院から帰ってきて
バタバタしてたらから、ちょっとだけいつもに比べて夜ゴハンの準備が遅れてしまってて…
さー今から準備するからね!って思ってたら!!!
なんと!カムちゃん、自分からカリカリフードをモクモクと食べました。

あれかなー?おなか減って、a/dが出てくるまで待てなかったのか…
もしかしたら、ある程度おなかが減ったらカリカリでも自分から食べれる状態にまで
回復してるのかもしれない。
私は、時間あけると低血糖の発作が怖いので、こまめに食べさせるようにしてるから
カリカリ食べる前にa/d食べさされて、おなかが減ってないからカリカリ食べないだけなのかな?
もしかしたら、私がゴハン食べさせるのやめたりすると積極的にカリカリ食べてくれるようになるのかなー?

でも、怖いから食べるまで待ってみよう…とかいう気にもならないけど…。
a/dで調子の良い日々を維持できてるのも確かだしねぇ。

でもね!26日の夜に自分からカリカリをすごい量食べてくれたので、
その日はa/d食べさせてもおなかイッパイなのかちょっとしか食べやらへんくて、
そしたら27日のウンチが綺麗なウンチになってた!すごい健康的なウンチ!
久しぶりに見たーーーーーーーーー!感激♪みたいな。
いつもa/dだから軟便なんだよね…。久しぶりに良いウンチを拝めましたー!ぎゃほっ☆
完璧パーペキパーフェクト!!!!!!

この調子で頑張れ!カムカム♪


でもって…、蘭丸の肝臓治療に今力を入れてるのは、ぶっちゃけると
カムカムでかなり苦労したからっていうのもあったりするん。
カムちゃんもずっと肝臓悪くて、それだけじゃなくてカムの場合は腎臓もネックになってたけど…
そのせいで、手術(麻酔)の選択肢がずっと取れずにいて、
副腎腫瘍にしてもインスリにしても手術の選択肢がなかったから、
それが本当に辛かったのね…。手術で治る可能性もあるのに、なんでカムカムは
手術ができないのーーーー!?って…。
もう手術しないでこのまま少ししか持たないんだったら、手術中に亡くなるリスクはあっても
一か八かのチャンスに賭けてみるのも手かも…っていうので
最後の最後のどうにもできない状態にまでいったから、苦渋の選択肢で「手術」っていう方法が
追加されたってカンジだったんだけど。
今はそれを乗り越えてくれたから、結果オーライ!になってるけど、
あの時点でもうダメかもしれないってやっぱり思ってたし、今頃カムカムはいなかったのかもしれない…とも思うのね。

で、そういうのがあったから蘭丸の肝臓治療に関しては
なんとしても今のうちにありとあらゆる検査をして病気を特定して
的確な治療を行いたいっていう思いがあったん。
蘭丸の場合若いから…っていうので、今は投薬と食事制限で抑えて
薬でも手におえなくなってきたら、色々してみたら?とも一つの案として提示されたけど…。
私の考えでは、若いからこそ、やるなら今だ!っていうのがあったんさね…。
それこそ高齢になって他の病気になったりした時に、肝臓のことがネックで
カムカムのように治療法が制限されるっていうのも嫌だったし…。
まぁ他にも私の思いは色々とあるんだけどね。
こうやって実際に検査したところで、慢性肝炎でどっちにしても一生投薬&食事制限が
かかる可能性もないわけでもないんだけど…。
でも今のうちにやれるべきことは全てやっておきたいと思ったん。

だからなんていうのかな…。
蘭丸くんの今回の肝臓の件に関しては、カムカムの時に経験してきたことが
本当に役に立ってるんだよね。
犬とフェレットとでは、若干状況も違うのかもしれないけど、
それでもカムカムのことがあったからこそ、私の今の考えが確立されたっていうのもあるし。
色々と考えるきっかけを与えてもらったのかな…とも思う。

というわけで、カムカムも蘭丸も頑張ろうね!!!
この子達のために、私ができることは本当になんでもしてあげたいと思う。
一緒に頑張ろうね。


スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/28(木) 23:02:15|
  2. 通院(点滴)

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。