小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

77回目の点滴☆嬉しいお知らせ

今日は、カムカムの77回目の点滴の為に通院+血液検査6月分(下の記事に記載)

えぇっとね……。
最近のカムカムは完璧パーペキパーフェクト!
っていいたいトコロだけど、また肥満細胞腫ができてしまって(首下)
それがかなりデカクなってしまってました><
でも今日、先生に確認してもらったらやっぱり悪いものではないので
まぁまぁ大丈夫ってことでした。
それでも本当は、取ってしまうのがいいんだけど…
カムカムはもう麻酔が使えないので(腎臓悪いから)、そこまでできないので
そのまま経過見てくださいってことで。
こないだも2回連続で肥満細胞腫が出来てたけど、綺麗に消えたり…
1回はポロって取れてたからね…その時は大量の血が出てたけど。
今回もいつのまにかなくなってることを祈りたい……
けど、かなりの大きさになってしまってるので難しそうかな?
で、診察中に先生に見てもらってたら、やっぱりその腫瘍から血がいっぱい出てさ…
カムカム痛そうで暴れてたし、私の手にもいっぱい血がついたし…で
なんか見てると痛々しくてかわいそうだった。

と、その点はちょっと辛かったんだけど(見てる私が)
それ以外のカムカムは、本当に完璧パーペキパーフェクト♪ひゃっほ~!なカンジ。

最近のカムカムはというと!!!!!

みんな、驚きやがれ~!


なんと、自分からゴクゴクお水を飲むようになりました。うひゃっ!
あんだけ苦戦してきた水分補給でしたが、最近では自分からガブガブいっちゃってます!
カリカリフードも!!!!すごいよ、ちょっとすごい。
誰かご飯食べてる~バリバリ音してる~って見ると、ご飯食べてるのはいつもカムだったり。
すごい食欲も出てきてるし、最高っす!
なので、私が今までつきっきりで食べさせてたご飯(a/d)もね、最近回数も量も減ったん。
今はなんと!お昼休みにa/d3分の1~3分の2程度を食べさせるのみで
後は自分でカリカリを死ぬほど食べてます。ちょっとすばらすぃ~。
で、発作は起こってないわ…心配ごともないわ…よく動くわよく遊ぶわ!!!
と、そんなカンジで、本当にね
「え?これがあのカムカム!?本当に?」
ってくらい、私もビックリです。マジで。

でもって、いつものように点滴をして終了しました。
点滴中もすごい力で暴れてて…先生も「こんだけ力あって元気で、いい調子ですね」って。
昔は点滴中もグッタリしてて動く力もなかったもんね、カム。

体重はいつもと変わらず1.2キロ。
もう見るからに絶好調なので、診察中も笑顔でほのぼの終れました。

でね、ここ最近ちょっと考えてたことを相談。
今日の検査でBUNが正常値に入ってたことと、今回点滴の頻度をいつもよりも
故意的に延ばしてみたのね。
いつもはだいたい1週間に1回、延びても9日に1回は連れてきてた。
でも今回は11日ぶりだったん。それでも、自分でガブガブお水飲めるから
BUNも正常値に入ってたし、バッチリじゃない?
でね、確かに点滴は必要なんだけど…必要なんだけど…
こんだけ元気になると、点滴に連れてくることの方がかわいそうかな…って気がして。
カムカムは病院までに車の移動で、いつも病院についたらヨダレが出てるん。
かなり負担になってるんだと思うんだよね。それにまた暑くなってきたし…。
だから、点滴の頻度をこのまままた少しずつ延ばせないかな~?と思って。
どんだけ延びても2週間に1回は絶対に連れてこようとは思ってるんだけど。
でも週1は、そこまでする必要があるのかな?って思うんだよね。
またBUNも上昇傾向になってくれば、また考えるけど。
今の調子の良い間くらい、カムカムにゆっくりさせてあげたいなーって思うん。
余計な負担はできるだけ掛けたくないん。
で、相談したら「OK」ってことで。様子みながら少しずつ間あけていいよって。
今のカムカムくんの状態ならOK出せます!ってことで。きゃはっ!
その代わり、お薬だけは何があっても飲ませてねって。それはもちろんッス!
というわけで、暫くは点滴も11~14日に1回程度にしようと思います。

今日は、カムちゃんのいつものお薬2週間分もらってきました。

今日はね、ちょっと個人的にすごく考えさせられることがあったので
なんか今気持ちはモヤモヤしてるんだけど。カムカムのことは最高に嬉しいけど、別のことでね。
ちょっとね、なんていうか。
重いので畳んでおきます。


治療ってさ、どこまでやるのが正しいのか?とか
何がその子の為で、何が良くて何が悪いんだろう…って
まぁそんなことを考えさせられる出来事があったんです。

私はね、周りから見ると「過保護!過保護!」って言われてるほうです。
動物の為にそこまでよく頑張れるなとかも言われます。
周りから見ると、「1日でも長く生き延ばすことに必死」なみたいに見えるんだって。
でもぶっちゃけると、私の思いは「1日でも長く生きて欲しい」って思いはあんまりないんだよね。
これね、上手く説明できないので誤解を生みそうだけど。

私は決して、「お金を掛けて治療をして、1日でも生き延ばしてあげる」ってことが
すべてだとは思わないし、それが絶対に良いことだとも思わないん。
治療を選択するも、しないも、それは飼い主さん自身が決めることで
周りが口出しできることじゃないと思うのね。
飼い主さんにだって、沢山の葛藤があるし、一番辛いのだって本人だと思うよ。
それを何も知らない周りが口出しできることじゃないと思うん。
例え短くても、その子と飼い主さんの毎日がすごく楽しくて幸せなものだったら
それはそれで幸せなんだよ、きっと。
私はそう思いたい…かな?


私は、自分が弱いからカムカムと離れたくない!って結局治療だってエゴだと言えばエゴ。
結果としてこうやって良い結果を得られたから…
今になってやっと「あの頃の選択は間違いじゃなかった」って思えるけど、
実際に究極の選択を迫られていた時は、本当に分からなかったし、
自分の選択に自信も持てなかったよ。
ただ、どんな結果になっても責任だけは取るって覚悟だけはしてたけど、その程度。

お金を掛けて、生き延ばすことができても、毎日調子悪くて
見てるほうがしんどいくらいなら、何の為にそこまでするのか分からなくなってただろうし。
だから、元気で楽しいこと、嬉しいこと、そういうのが詰まってる状況なら
例えその生涯が短くなったとしても、長く生きた子と同じだけ幸せなんじゃないかな?って。
私はそう思いたいし、そういう選択をしてあげたいと思ってる。
これは、カムカムの看病をしていてそういう気持ちになったのもあるけど、
蘭丸のこともあるかなー?ってカンジ。
蘭丸はご存知のように、先天性の肝臓疾患を持っています。もちろん完治もしません。
いかにこの病気と上手く付き合っていくか?なんですなぁ。
最初から、他の健康な子と違って長くは生きられないかもしれない。
そりゃ、病気と上手く付き合っていくことで、そこそこの年齢までは生きれるかもしれない。
でも可能性としては、健康なワンちゃんに比べると短い生涯になるかもしれない…。

やっぱり蘭丸の病気を知った時は本当にショックだった。
カムカムには悪いけど、カムカムが病気になった時の悲しさよりも遙かにショックだったよ。
だって、生まれつき病気なんだもん。なんで蘭丸が?なんで?ってやっぱり思ったし。
でももし、もしよ。
蘭丸の生涯が他の健康なワンちゃん達に比べて短いものになったとしても、
蘭丸にはその分、幸せを凝縮して詰め込んであげたいと思う。
だから元気なうちに、たくさん遊んでたくさん楽しい思い出作って、
蘭丸の犬生が幸せなものにしてあげようと思ってる。

先生も、今は若いからいいけど、怖いのはこれから5歳、6歳になった時っておっしゃってた。
先のことはどうなるかは分からないし、そうならない為に今できることは全てやってるけど
それでも運命には逆らえないかもしれない…。
でもその時に、後悔はしたくないから。

だから今を大切にしたい。


カムカムのことは、私は今まで自分の思いばかりで
カムカムがしんどそうでも、どんだけ苦しそうでも、生きていて欲しい…
私の傍で、呼吸して存在してて欲しいと思ってた。
でも今は違うかなー?

私も、カムカムに関しては、もう今後これ以上の治療が必要になったとしても
選択するつもりはないん。
今やってる治療はこれからも続けるし、カムカムの為になる治療なら採用するかもしれない。
でもまた大きな手術や、選択を迫られた時は、あとは私が傍で看取ってあげるって決めてるん。
例え、手術で助かる可能性があるって言われても、もう手術だけはしないって決めてる。
前回の手術が最後って決めてたから。
できることなら、もうこれ以上そんな選択を迫られないで、穏やかな生活が続くといいなぁーって思うけどね。

なんか自分でも何が言いたかったのかよく分からないんだけど…。
なんしかそういうことを考えさせられる出来事があったということです。

スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/27(金) 23:00:30|
  2. 通院(点滴)

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。