小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

発作後の病院(カムカム)

書くの忘れてた。

今日の通院で、カムカム、ステロイドの筋注実施。
先生が一応念のために、今日はステロイド打っておきますねって。

ステロイドの筋注は、以前にこれが原因で肝臓+腎臓にかなりの
打撃を与えてたので、中止になったんだけど。
あの頃は、それこそ毎日、筋注してたら…なんだけど。

1回くらいなら、そんなに負担もないだろうし…と思って。

診察中はとっても元気なカムカムでした。
先生も「本当にこのコは、頑張りには驚かされる」っておっしゃってました。
うちの病院で、カムカムが記録更新中なので
(インスリで同じくらいの数値だった子達の中での生存期間)
これからも頑張ろうと思います♪

先生は手術で、実際にカムカムの膵臓の進行を目で見てるからさ…。
カムカム、インスリの親玉(組織検査で、インスリ確定された部分)は取れたけど、
結局、全体に広がってた部分は手がつけられてなくて…
これでどこまで持つか?みたいなカンジだったんだけど。
だから、外科手術したところで、GLUは改善されなくて
こうやって手術後もずっとステロイドで内科治療が続いてるんだけど。
でも、私はあの手術があったからこそ、今のカムカムがあるんだと思ってるし。
あの選択は正しかったと思ってる。
あの親玉を取れていなくて、内科治療だけだったら
カムカムは去年の夏に間違いなく亡くなってたんだと思います。

カムカムが頑張ってくれれば、
同じ状態になったフェレちゃんの飼い主さんの希望になると思うんだ。
カムカムが手術を受けた時に、私が説明を受けた内容は、
カムカムくらいの数値(その時は、GLU16とかだった)では、
もって3~4ヶ月…。頑張って1年生きた子もいるっていう説明だったのね。
でもカムカムは、1年どころか、1年2ヶ月経った今、あのころとは見違えるくらいに
元気になってますー♪

だから、カムカムの頑張りは、希望になると思うんだ。
これからもカムカムが頑張ってくれますように♪

頑張れ~~~~~~~~!!!!!!カムちゃん。

スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/05(日) 22:27:01|
  2. 通院

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。