小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カムカムの白内障

2008102614490000.jpg

カムカムの白内障のこと。
この写真でちょっと分かるかしらん?
眼球、よく見ると白濁してますよね?

でもこれ10月26日に撮った写真なので、今はこれよりももっと
進行してるカンジなんだけど。

2008102614480000.jpg

右目よりも左目の方がちょっと酷くて…。
今はかなり真っ白になってきてます。

うちの病院、犬の白内障の手術ができるってことで、転院して
手術を受けに来たっていう人にも実際に会ったことがあるんだけど…。
さすがにフェレットさんの白内障は、処置できるものでもなさそうだし、
これはどうすることもできないみたいです。
ぶっちゃけ、例えフェレットの白内障が手術で治る…とか言われても
私はそこまでする気はないんだけど。

2008102614470000.jpg

カム自身も、目が見えてなくてもそこそこ生活はできてるみたいなので
私は特に気にはしてないんだけど。

ただ、白内障が原因かは分からないんだけど、ちょっと前から
自分のゴハンが残ってるのに気付かずに、食事を終了する傾向があって。
今までは、流動食をつくって器に入れてカムの前に出してあげると
すぐにペロっと完食してたんだけど、
最近は、器の半分くらいしか食べなくて、ご飯を終了するようなカンジです。
でも本人は、ゴハンが残ってるって気付いていないだけで
口に持っていってあげると食べてくれるんだけどね。
だから、私の介護(?)が必要になってきたカンジ。

元々、目とは関係なく食欲も落ちてるので、これがどこまで関係してるかは
定かではないんだけど。

でも目の前に手をかざして、動かしたりしても
まったく反応がなくなってしまったので、やっぱりあまり見えてないんだと思います。

歳とともに色んなトコロが悪くなっていくけど、
それでも毎日精一杯、全力で生きてるカムを見てると私も勇気づけられます。

カム!たとえ、体はボロボロになっちゃっても、
カムの「清く正しく美しく」な精神は、ちっとも変わってないよ♪
カムは、本当に美しい!!!!!!!!!


スポンサーサイト
  1. 2008/11/12(水) 22:06:36|
  2. 観察日記

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。