小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リュープリン注射1回目

今日の通院で、ここ1週間が山場だと宣告を受けたカムカム。

かなり貧血になっていたので、危ないと判断されたんだけど。
貧血の原因で考えられることは、やっぱり右副腎腫瘍でした。

右副腎腫瘍疑惑は以前から浮上してて、
リュープリンでの治療も一度検討してくださいとは言われていたんだけど
私はカムカムにはもうこれ以上の治療はしないって決心していたので
ずっと見送っていたのね。

でもこうして貧血になって、これを改善する方法っていうと
リュープリンを使ってみるしか方法がないってことでした。
ただ、リュープリンを使ったところで反応しない子もいるし
こればっかりはやってみないと分からないって。
リュープリンもホルモンを抑えることはできるけど、腫瘍になってしまってた場合は
それには直接手を打てないから…って説明も受けてたのね。

カムカムもレントゲンでもエコーでも、触診でも右副腎の腫れは全く
確認されていない状態だったので、本当に右副腎かもはっきりとは分からないし。
それでも試してみますか?って。

今まで、カムカムの為に最善の治療はすべて取り入れてきたけど
今回私が始めて躊躇してしまってた理由は…。

まず1つ目は、もうこれ以上のことをしないって誓っていたから。
カムカムにどこまで頑張ってもらうか?ってことで、今やってる治療までにしようって
ずっと思ってきたから。
調子の良いカムカムを見てると、今までカムカムに負担かけてでも
諦めないでよかったって思えるけど、それでも実際にカムカムにかなりの
負担をかけてきてしまったのは事実だから。
カムカムはもうゆっくりさせて欲しいってずっと思ってきたのかもしれないとも思うし。
ずっと私がカムカムと離れたくない一心で、単なる私のエゴで
カムカムを無理矢理生かしてるような状態なんじゃないか?って
それはずっと思ってきた。
こんな小さな体で、何度も何度も注射を刺されたり、無理矢理ゴハンを食べさされたり、
入院させられたり、手術させられたり。
今までの私の選択肢が本当に正しかったのか、カムカムへの負担を考えると
正直疑問に思うこともあるから。

2つ目。
実際にやってみないと効果が出るかでないかが分からないこと。
そして、正直いうとかなりの費用がかかること。

今まではお金のことは、いくらでも出すつもりでやってきたり
実際にお金のことで躊躇したりしたことはなかった。
でも今回は、1つ目の理由もあるし、そこにかなりの金額がかかってくるので
どうしようってかなり迷ったんですよね。
治療にあてるお金は完全に切り離して管理してるので、やりくりできないことはないけど
ぶっちゃけると、蘭丸の合宿訓練にこれから長期的に
かなり莫大な費用が掛かっていくので、本音いうとちょっと苦しいかもって…。
これで、カムカムがもっと若かかったら…何が何でも!って気にはなってたんだけど。

3つ目。
リュープリン、うちの病院は何回か分をまとめて飼い主さんが購入して
注射する毎に別に処置料が発生する仕組みらしくて。
これは以前から説明を受けてたのね。
カムカム、ここ1週間が山場ですって言われてるのに
今から購入しても間に合わないんじゃ…って気もしてたりで。

でも、結局…なんだかんだ言い訳を並べても
いざカムカムがもしかしたら助かるかもしれない…って思うと
やっぱり試してみますって心境になってて。
私、ほんと諦めが悪いんだよね…きっと。
今までずっと頑張ってきてくれたから、後はゆっくり見送ってあげようとか
言っておきながら、結局カムカムの「死」が現実のものになってくると
アレやコレや…とあがいてしまうんだよ…。
どんだけ弱いんだろうね、私。

で、リュープリン試してみますって報告をしようと思ってたら
先生が、ちょっと院長先生と相談してみるのでちょっと待っててって言ってくださって。

これ、正直ここに書くのはどうかと思ったんだけど…内容的に。
ちょっと内緒な話で…。他の飼い主さんの手前…ちょっとね。
先生が「本当は最初に飼い主さんに購入してもらうんですが、
院長と相談して、今回だけ特別に処置料だけで対応します」って言ってくださって。
今までずっと一緒にカムカムの治療に当たってくださってて
何度も助けてもらったんだけど、本当にいつもかなりよくしてもらってるんですが
今回、病院側の好意でカムカムがリュープリンで良い効果が出るのか
試してみてもいいよって。

通常は初回に、まとまった金額が必要なんだけど、そういうことで
処置料数千円だけで、注射してもらえることになりました。

正直なところ、カムカムがいつまで頑張ってくれるか分からないので
2回目の注射を迎えられないかもしれないし、
打ったところで効果がないかもしれないし…。
でもそういうカムカムのことを想ってくださる先生達の気持ちに本当に
涙が出そうになりました。
ここまでしてもらっていいのかな…とも思う。

でもずっとカムカムの治療を、先生達を一緒にがんばってきて
先生達もカムカムのことをずっと気に掛けてくださってて。
本当にその気持ちが嬉しいですよね。

これで、どう効果が出るか分からないけど…。
せっかくここまでして頂いたんだから、できれば良くなって欲しいなと思います。

これからのことは分からないけど、最後まで諦めずに
頑張りたいと思います。

とりあえず、この1週間の山場をなんとか乗り越えられますように。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/18(火) 00:26:16|
  2. 副腎腫瘍

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。