小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金曜夜~日曜午前

■■■■■07年8月5日 闘病記より転載■■■■■

金曜の夜~土曜まで、安定した
状態が続いてて、発作などはおきず。

土曜は、前々から出かける予定があって、
状況によっては、お出かけ控えようと
思ってたけど、それまで落ち着いてたので
行くことにした。
その前にとりあえず、フードを手からたべさせて
結構いっぱい食べてくれたので、
発作は起きないだろうと、出発。
でも心配なので、ご飯だけにして
3時間ちょっとで帰ってきた。
ちょうど今日遊ぶのが、カムカムを飼ってくれない?って
私に持ちかけてきてくれた友達
(いってみたら、私とカムカムを出会わせてくれた子)
だったので、今現在のカムカムの状況の話を
聞いてもらって、ちょっと私の心が潤ったー。

帰ってきても、特に変わった様子はなく
落ち着いてて、一安心。

このままその日は何事もなく、1日を終えた。

でもって、今日…。
ついさっき…。
蘭丸たちの散歩から帰ってきて、蘭丸と
じゃれてたら、カムカムのケージから
「バタンバタン!!」ってすごい音が。
何事ーーーーーーーーーー!?って
めっさあせって確認したら、カムカムがひきつけ(痙攣?)を
起こしてた。

バタンバタンしてたのは、ほんの一瞬のことで、
そのまま意識がなくなったみたいに、
ケージの隅っこに倒れてしまって、
グッタリしたまま、全身が痙攣してた。
痙攣は初めてのことで、心臓止まるかと思った。

でも、オロオロしてる場合じゃないので、
すぐさま砂糖水の用意。
最初はシリンジで飲ませようとしたけど、
もう完全に意識がないようで、歯を食いしばったまま
口を無理やり開けることもできない状態だったので、
シリンジ注入はやめて、濃い目の砂糖水(ゴテゴテなカンジの)を
私の指につけて、歯のあたりに塗りこんだ。
それを数分続けていたら、ちょっと意識が戻ったのか
口を開けてくれるようになったので、
そこからもう一度シリンジでの注入を開始。

前回、先生から「自力で飲めるかを、症状の目安にして」って
言われていたので、とりあえず、自分から飲める力があるかを
確認することにした。
もし、全く自分から飲めない状況だったら
また病院へ走らなきゃと思ってたけど、
意識が戻ったからか、シリンジからゴクゴク飲んでくれた。
それを少しの間、続けていた。

発作はだいぶんおさまってきたみたいだけど、
足のフラツキが結構長引いていたり、
視点が定まらずに朦朧としている時間も
今までに比べると少し長くなったような気がする。

ある程度して、だいぶん落ち着いてきたので、
フードを食べさせようとしたけど、
フードは全く食べようとしなかった。
とりあえず、ミルクを結構濃い目に溶いて、カムの前に
出してあげたら、自分から飲みに行ってたので
ホっとした。
その後、またフードを食べさせたらちょっとだけ
食べてくれたので、安心した。

今のところは強制給餌はしてないんだけど、
そろそろ強制給餌も必要かなー?とも思う。
でも普段は食べているので、まだ大丈夫かなとも思う。
以前も強制給餌してた時期もあったけど、
すんごい嫌がりやるから、すごく切なくなってくるんよね。
できればこのまま自分から食べてくれればいいけど。

最初の発作とか、私もオロオロしすぎて
頭の中が真っ白になってたんだけど、
最近ちょっとなんとか冷静に対処できるように
なってきた。慣れって怖いね…
こんなことに慣れたくなんてないのに。
でもオロオロして処置をするのが遅れたりするんだったら
まだ冷静に対処できる方がいいよねーって思うことにする。

低血糖の発作は、最初の頃は、血糖値が高い状態でも
それに反応して起こるけど、だんだん慣れてくる
(フェレットさんがね)って聞いてたんだけど、
(最初の頃は血糖値が70切った時点で発作起こしてても、
 だんだん30~40とかまで起きなくなってきたりするとか)
カムはまだ結構頻繁に発作が起こるのでちょっと心配。
それでも酷い子は1日に2~3回起こったりするとかも
聞いたので、それに比べるとまだ大丈夫なのかな?
難しいね…というか、発作前の兆候とかをまだ
はっきり把握できてないから、もっと注意してみようと思う。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/16(木) 12:02:59|
  2. インスリノーマ

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。