小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

膀胱炎の為、ワクチン延期

20090328 016

↑3月28日の元気だった時のポロンちゃん。我が家のお庭で放牧中のヒトコマ♪

ポロンちゃんとコナンくんを病院に連れて行ってきました。

メインはポロン。
コナンはついでなので、一緒に連れて行ってフィラリアの検査だけ受けさせました。

ポロンちゃん、最近様子がおかしかった件(大人しい、よく寝てる、トイレを外す)、
先生に見てもらったら、お腹にかなり尿が溜まってるってことで。

膀胱炎の可能性があるので、ワクチンは中止になりました。
やっぱり今までトイレ完璧だった子がトイレ外すのが続くっていうのは
膀胱炎の可能性が高いそうです。
それプラス、触診でかなり尿溜まってます…ってことで。

トイレはね、本当に完璧な子達なんよ。ポロンもコナンも。
カムがいた頃は、最後らへん、糞尿垂れ流しになってたので掃除が大変だったんだけど。
カムがいなくなってからは、掃除が超ラクになってたんだけど。
ここ最近、ポロンがトイレ外してる…っていうのがすごい気になってました。
うち、サークルにトイレ2つ設置してるんだけど、なぜか(本当に何故か原因不明)
ポロンとコナンの使うトイレが完全に分かれてるんです(笑)
コナンは絶対に奥のトイレ、ポロンは絶対に手前のトイレを使います。
↑こんなんって珍しくない!?どこでもそうなのかしらん?
便利なのは、トイレ外したり、下痢したりするとどっちかすぐに分かるってことですなぁ。
我が家の場合。

だからねぇ…なんていうか、今までトイレ完璧だったポロンがトイレ外しだしたので
すごい気にはなってたんだけど。
私は、ちょっと歳取ってきたからなのかな…って勝手に思ってたわけですよ。
カムちゃんも昔は完璧だったのに、病気しだしてから、トイレ外すようになったからね。

そしたら、先生はその話聞いただけで、膀胱炎ちゃうかな?ってことで。
触診したらやっぱりかなり尿が溜まってた…ってカンジでした。
オシッコ自体は、一応トイレ砂も濡れてるし、してるにはしてたんだけど。
でもたまに、トイレに入って長いなぁ~ウンチかな~って思ってたのに、
少量のオシッコしか出てないことがあったな…って。

で、すぐにエコーで見てもらいました。
やっぱりボコボコしてるのが映像ではっきり分かったので、膀胱炎っぽい…ってことで。
そのまま尿検査になりました。

一応、その場で出る検査と、培養(かな?4~5日かかるやつ)をしてもらうことに。

尿検査の結果は、
GLU:-
PRO:3+
BIL:-
URO:NORMAL
PH:6.5
BLD:+- 0.03
KET:-

という結果でした。GLUは-なので、糖尿病とかでもないそうで。
PRO(蛋白?)は3+なんだけど、今回1回だけの結果ではなんとも言えないんだと。
で、この結果を見る限りでは、特にコレといった異常はないそうです。

後は培養の結果待ち。多分、培養でなんらかの結果が表れているそうです。
大腸菌とかかな~?多分。

というわけで、今回はワクチンは中止。
お薬2週間で、再診。
4日後に培養検査結果を聞くということになりました。

先生がカルテ見てくれたら、ポロン、2006年にも膀胱炎で病院通っていました。
思い出した!そういえば、突然血尿が出て、通ったわー!って。
お薬はその時と同じ薬になりました。
培養の結果で、また変わるそうです。今の薬はとりあえず…ってカンジみたい。
前回の血尿はね、膀胱炎っていう診察を受けたけど、その後に
「そういえば!血尿出る前に、肩から下に転落してた…それが原因かも」
って後で分かったのね。多分、それが原因やったんやと勝手に思ってたんやけど。
特に排尿困難とかも見られなかったし、血尿も一時的なものですぐに改善されたし。

コナンは、尿に関しては何度も繰り返してるんで、前立腺とか注意ってよく言われててね
(レントゲンでも前立腺肥大が確認されてるし)
だから、気をつけててんけど、ポロンはノーマークやったからなぁ…><
尿の病気って男の子のイメージやったんやけど、先生が言うには
女の子は、肛門と陰部が近いから、大腸菌とかに感染(?)しやすいんだって~。

というわけで、ポロンちゃんのここ最近の異常(元気がなかったり、大人しかったり)は
どうもこのせいみたいです…。
私は歳取ってきて、落ち着いてきたのかな~?と思ってたんだけど、
先生は「回復したら、また元気に走り回れるようになるよ」ってことで。

だから、しっかり治して、元気いっぱいのポロンちゃんに戻ってもらいたいと思います。
でも、膀胱炎は結構やっかいなので、軽くみないでねってことでした。

あと、…。
帰り、待合室でお薬待ってたら、先生が検査結果の用紙持ってきてくれはって、
ポロンダッコしてたんやけど、またそこでもポロンのこと見てくれはって。
待合室誰もおらんかったから、色々お話してたんやけど。
先生に「最近、ポロンがめちゃ甘えて寄ってくるんですけど、病気の時ってそんなんあります?」
って聞いたら「うーん。それはないですね(笑)」wwwwwwww
私はいつも病気の時は、みんなえらい甘えてくるなぁ~と思ってたけどwww
その「それはないですね」っていうのが、えらい即答やったら笑ってしまったwwwww

というわけで、2週間後に再診です。
本当は1週間後って言われたんやけど、車検で当分車なし生活なので
2週間後にしてもらいやした。
ちょうど蘭丸の肝臓の検査もその時期なので、一緒に連れていきます~。
4日後に培養検査の結果を先に聞きます。

でもって、蘭丸の処方食を頼んできました。
そういえば、キラが蘭丸のご飯しか食べなくなってて…普通のフード全く食べない!
先生に大丈夫か確認したら、「それで特に何か問題があるわけではないけど。」ってことでした。
ただ、処方食の方が高いし、キラくんは食事規制する必要がないから
普通のフード食べた方がいいよって。
2匹別のゴハンにすると、お互い相手のゴハンがおいしく見えるのかで、
いつも取り合い(交換)して食べてはるんよね(笑)
同じゴハンやっちゅうねん!!!!!って。

これはこれで、大問題なんですけど(私の中で)。

そんなわけで、今日の通院は終了。
ちなみに、コナンくんも異常なしで元気だったので、フィラリアの検査無事に通りました♪
コナン、一時熱が続いてたんやけど、綺麗に平熱になってました。
先生も「前(熱が出てた時)に比べて、元気になったね~」って。
コナンくん、まだまだ元気デス♪

ポロンちゃん、お薬飲んでしっかり治そうね~。

スポンサーサイト
  1. 2009/04/25(土) 21:14:32|
  2. ぽろんの病気

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。