小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昼休みの発作

■■■■■07年8月6日 闘病記より転載■■■■■


今日は、また心臓が止まりそうな事態になってました。
お昼休み、いつものように家に帰ったワタクシ。

蘭丸にお出迎えされ、部屋に入って、
キラをサークルから出してちょっと一息。
カムカムの様子を見て、ご飯を食べようと思った瞬間、
カムカムの様子に異変を感じました。

毛布の中にくるまって、少しだけバタンバタンしていた
カムカム…。もしかして発作!?ってあわてて
ケージから出してみると、予感的中…

この時はまだ意識はあったの。
ちょっとだけ、顔を振ったり手足を動かしたりしてた。
すぐさま砂糖水の用意。
まだ意識があると思っていたんだけど、
用意してる間に、意識は完全になくなってしまったみたいで、
グッタリと倒れてしまいました。
こうなってしまうと、シリンジでの注入は不可能。

またいつものようにゴテゴテの砂糖水(ほとんど砂糖な位)
を作って、口を無理矢理開けて、手で塗りこみました。
それをひたすらやってたんだけど、
一向に意識が戻らないの…。
もう泣きそうになった。どうしよー!!!って。

でもやるしかないので、ひたすら砂糖水を口に塗り塗り。
やっぱりグッタリして、完全に意識がないみたいでした。
いつもと違って、とにかくあせったのが、
昼休み時間中だということ。
このまま、症状が改善されないようであれば、
会社に戻れないーーーーって。だから余計にあせった。

ひたすら砂糖水を口に入れる行為を行っていたら、
急に自分から口を動かしたーーーー!!!
良かった。意識が戻ったーーーーーーー!!!!

でもまだまだ朦朧とした状態が続き、
床におろすとベッタリ横向きになって、
微動だにしない状態。
その後も、砂糖水を口に入れる行為を繰り返し
行っていたら、大分と意識が戻ってきたみたいで、
自分からペロペロ私の手を舐めてくれるようになった。

その時点で、自分から飲めるか確認するためにも
シリンジ注入を試してみたら、ゴクゴク飲んでくれた。

その後、フードを食べさせようと手から試みたんだけど、
一切無視…。これはダメだと思い、とりあえずまた
ミルクを濃い目に溶いて、カムに出してあげたら
自分から飲んでくれたので一安心。
その際、もう足のふらつきも大分とマシになってきたのか
ちゃんと4本足で立って飲めてたよ。良かった。

お昼休み、帰ってきてから30分くらいの出来事です。
その後、カムカムの様子を見ながら、自分のご飯を
かきこんで必死に食べた。なんか、今日のお昼ご飯、全然味わえなかった…

このまま様子を見るべきか、会社に戻るべきが
結構本気で悩んだんだけど、(というか、正直会社に戻りたくなかった)
今の段階で「ペットの具合悪いので、ちょっと遅れます」とかも
もう社会人としては許されないだろう…
というか、これからもっと酷くなってどうしても
休まざるを得ないとか、これからそういう可能性を考えると
今日みたいに、とりあえず症状が落ち着いた場合は
会社に戻るべきだと…、泣く泣く会社に戻りました。
会社に戻る前は、カムは落ち着いた状況に戻ってて、
眠りに入りそうなカンジだったん。
本当はついててあげたかった。でもそれを言い出すと
キリがなくなって、また「休業させて下さい」とかになりそうなので
ダメだ…と思い、会社に戻った。

ちょうど有給が更新されたところなので、
これからもっと酷くなった場合は、
ちょこちょこ会社抜けさせてもらうなりは、
させて貰おうとは思ってる。
普通に考えて他人から見たら「たかがペット」かもしれないけど
私にとっては家族だし、できるだけのことはしようと決めた以上、
もう何と言われようと、図太くなります。
と言っても幸い、うちの会社は、真面目に自分の仕事さえ
きちんとこなせてさえいれば、多少は大目に見てくれるので、
大分とラクなんだけどね…。
そのかわり、仕事に影響が出ないように、
今のうちにやれるべき仕事は前倒ししてでも完璧にこなす、
最悪家に持ち帰ってでも、きちんとこなそうと思ってます。

仕事終わってからは、カムカム落ち着いてました。
フードの食いつきがちょっと落ちてきた。
そろそろ強制給餌をしないといけないかな…
でもその前に、ふやかしフードにしようと思って
出してみたら、ムシャムシャ食べていたので安心。

明日にでも、近所の方の病院(蘭丸たちがたまに使ってる第二の病院)へ
カムカムを連れていって、いつもの病院に間に合わないとか
注射だけとか、そういった時に処置してもらえないか
相談してこようと思います。
いつもの病院も、定期的に通院があるし、今のところは
ずっとそこに連れて行ってるんだけど、
やっぱり移動距離や待ち時間を考えると、カムカムに
負担を掛けているような気がせんでもないん。
だから、ちょっとフードの食いつき悪いな…とかで、
比較的落ち着いてるような時とかに、注射にだけでも
通えないか?と。一度相談してきます。
いつもの病院と、先生同士が交流あるみたいで、
たまにそこでお世話になってるのは、知ってるのね。
距離的なことも考えて、そこで対応できることは
してもらっていいって言われてるので…
一度連れて行こうと思います。

今のところは、落ち着いてるんだよねーカム。
確かに発作さえなければいつものカムなのに。
今日はこのまま何もありませんように。
カムーーー!頑張ろうね。

って励ましてみるものの、本当に辛いだろうな。
苦しいだろうな…。カムの苦しさを変わってあげられなくて
本当にごめん。
発作の時に泣きたくなるけど、一番しんどくて辛い思いをしてるのは
カムカムなのに、私なんかが泣く資格はないと思って
なんとか耐えてる。
カムの前ではもう泣かないって誓ったから。
だから、これからもカムの前では笑顔でいれるように頑張る。
一緒に頑張ろうね、カム。カム大好きー大好きー大好きー


スポンサーサイト
  1. 2007/08/16(木) 13:12:19|
  2. インスリノーマ

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。