小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜中の発作

■■■■07年8月10日 闘病記より転載■■■■


9日はあんなに調子が良かったカムですが、
10日、日付けが変わって夜中に発作が起きました。
一度寝てしまうとなかなか起きれない私…。
でもこの日は、あまりのしんどさに9日の9時くらいから
寝てしまってたんです。寝るつもりは全然なくて
ちょっと床にゴロンってしたらそのまま寝てしまってたって状態。

夜中の1時半ごろにカムカムのケージから「バタン」って音が
聞こえ、それで目を覚ましました。
本格的に寝に入る時も、こうやって床でゴロ寝する時も
何かあった際に、ちょっとでも気がつけるようにと
カムカムのケージの真横に顔を持ってくるような
体勢で寝ることにしてるんです。それが良かったのか、異変にすぐに
気づくことができました。

ハって目を覚まして、カムカムを見たら発作が起きていました。
バタンっていう音は、カムがフラフラ~ってして後ろに
倒れていってしまった音だったんですね。
それを確認した時点で、カムの意識は完全に飛んでました。
いつもなら、そこまでくるちょっと手前の意識が朦朧としてる
状態くらいから気づいて、すぐさま砂糖水を用意するんですが、
今回は気づいた時点で、完全に意識がなくなってる状態。
砂糖水作る時間も惜しいので、ガムシロップで対応することにしました。
またいつものように、歯茎にシロップを塗りこみます。
今まではそれを大分と繰り返していると、ちょっと意識が戻り
その後、シリンジでの注入で飲ませることができたのですが
今回はいくらやっても一向に意識が戻りません。
夜間救急へ走るべきなのか…そう考えたのですが、
ぶっちゃけると、今の病院から紹介されてる夜間救急は
ちょっと距離があるんです。
私が一人じゃなければ、誰かに運転してもらって、移動の間も
カムに処置を取れたりするんだろうけど、
私の場合、自分が運転すると、その間何もしてあげられないし、
この状態のまま時間をかけて夜間救急まで運ぶよりも
ここでせめて意識が戻るまでやれるだけのことはやろうと思って。
この判断が正しいのか間違ってるのかは、私には分かりません。
でも、移動時間や、その間の処置ができないことを考えればと
自分で決めた選択でした。

今までは、発作が起きてもだいたい30分くらいで
改善されていたのですが、今日は長引きしました。
1時半に始まった発作ですが、やっと意識が戻って落ち着けたのが
3時前。一時間半もひたすら処置してました。
処置が遅れると、命取りになるとか、脳への障害が心配されるとか
色々心配なことがありますが、夜間救急に走ったとしても
時間的には結局同じようなカンジになるので、
もう仕方がないと思っています。
家のすぐ近所にも夜間救急があるんですが、(蘭丸も2回行ったことある)
フェレットさんの静脈注射ができるか…という部分の問題よりも、
そこの病院1時までで、どっちにしても
この時間帯では、遠くの夜間救急まで行かなくてはいけない状態だったんです。
この日は、カムカムが落ち着いた後も4時半ごろまで
カムの様子を見て、翌日の用意をして再び眠りにつきました。
正直、毎日の仕事がある中で、この状態が続くのであれば
きついものがあるけど、明日で仕事が最後なので(お盆休み突入)
気合で乗り越えることにしました。

翌朝の内容に続く。
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2007/08/17(金) 22:22:09|
  2. インスリノーマ

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。