小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

また夜中に発作

■■■■07年8月11日 闘病記より転載■■■■


昨日は、病院から帰って少しだけ落ち着いてたカムカム。
少しだけ、本当に少しだけ元気があったカムカム。

ポロン&コナン組を放牧させていたら、
自分も一緒に外で遊びたいのか「出してくれー」って
ガチャガチャ始めました。
カムだけケージを分けてるので、カム兄がいない!って
ちょっと心配そうだったポロンとコナン。
最近は、ケージから出すと一目散にカムカムの
ケージにすっ飛んでいきます。
カム兄大丈夫??って言ってるように、ケージの周りを
クルクルしながらカムカムの存在を確認してます。

カムカムもちょっとだけ元気が出てきてたから
一緒に遊ばせてあげようかな?とも考えたんだけど
放牧するたびに発作を引き起こしてるので、
怖くなってしまい、ケージから出して私のひざの上に
乗せておくことにしました。
ポロンもコナンも、カムカムの匂いを嗅ぎに仕切りに
寄ってきてました。カムちゃんと離ればなれで寂しいね。

今日はこのまま落ち着いてくれるといいなーって思ってたんだけど、
結局フードは食べない、お水も飲まないで、心配になりました。
お盆休みに突入なので、私もちょっとくらいは
遅くまで起きて様子見ていてあげれるし…と、
夜中までつきっきりだったんだけど、
ちょうど夜中の2時を過ぎたくらいに発作が始まりました。
私がここのところ見る分では、発作の前に
口を開けてて、ちょっとだけハァハァ言い始める。
それが始まると、ヨダレが出て、意識が朦朧として
足が立たなくなって、バタンって倒れて意識が完全に吹っ飛ぶ状態。
今日はそのハァハァ言う時点で気づけれたので、
すぐさま砂糖水の用意、シリンジからの注入は少し嫌がったので、
先にいつもと同じように歯茎に塗りこんで、
そこから飲めるようになったのを確認して、シリンジで注入しました。
やっぱり、ハァハァ言う段階から処置を始めたのが良かったのか、
ちょうど処置をしている最中に、足が完全に立たなくなり、
グッタリ倒れこみました。でもまだ意識はある状態。
それから、40分ほどで、症状は改善されました。

病院から貰ったブドウ糖(今日病院行ったら、グルコースなんだって知った)
を使用するのに関しては、本当に意識が飛んでどうしようもない時に
しようと思ってたので、今日はなんとか砂糖水で対応できました。
正直言うと、注射器での処置は怖かったので、
砂糖水だけで対応できてよかったなーって。

そのまま暫くカムカムの様子を見てましたが、
落ち着いてたので、私も寝ることにしました。

11日の朝の発作へ続く
スポンサーサイト
  1. 2007/08/17(金) 22:28:44|
  2. カム写真

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。