小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いつもの病院へ報告に

■■■■07年8月12日 闘病記より転載■■■■


カムカムを近所の病院に半日入院で預けた後、
そのまま私一人で、いつもの病院へ直行しました。
本当はカムカムも連れていければよかったんだけど、
今はカムカムは少しでも栄養をつけてもらって
状態を回復させることが先だと思ったので、
また明日か明後日には、もう一度カムカムを連れて
行こうとは思ってます。
それまでに、なんとかカムの調子が少しでも
良くなってくれるといいなぁ。

前に取り寄せてもらってた、免疫サポートが入荷しましたって
連絡を貰ってたんだけど、その後に
カムの体調が崩れてそれどころではなかったので
取りにいけてなかったのね。
だからそれを貰いにいって、報告をしてこようと思って。

いつもの病院でもカムカムのことを心配してくださってたみたいで
「カムカムちゃんとこの飼い主さん来られました」って
看護師さんが、院長先生を呼びに言って下さって。

この間からのことを報告しました。
血糖値が16まで下がってしまったこと。
近所で応急処置(静脈注射)ができる病院をみつけられたこと、
その診察中に発作が起きて、発作が重いことを確認してもらったこと、
家でグルコースの注射をしてること、
今半日入院で点滴をしてもらってること。

先生同士が知り合いなこともあって、
今応急処置で使ってる病院の先生のことを
「熱心な先生だから安心ですね」っておっしゃられてたので、
本当に近所で処置してくれる良い先生がみつかって良かったって
思った。
やっぱり、今日カムカムを連れてこないで、半日入院させてでも
体調を回復させてあげた方がいいって判断は
正解だったみたいで、落ち着いたらまた連れてくるということに
なりました。今は頑張って、カムカムの状態を少しでも
よくすることになりました。

今後のことについて、近所の病院の先生から
いつもの先生とじっくり相談してくださいといわれてたので
それがメインだったんだけど。
ここでも言われるのは同じで、入院でずっと点滴していくか
家で看病を続けるか…。
ただ、可能性にかけて手術をするか…でした。
カムカムの場合、腎臓に負担がかかるのを恐れて
今まで手術という選択肢は取れなかったんだけど、
もうここまできてしまえば、それも最後の手段かも…と。
腎臓にはかなり負担が掛かると思う、でも手術して
インスリが取れたら(広がってて取れない場合は、体に負担を掛けて
お腹を開けるだけになってしまうん)多少は改善される
見込みはあると。再発はきっと防げないだろうけど、
一時的にも回復の見込みはあると。
かなり持って、1年近く生き延ばせる子もいるんだって。
先日、インスリで手術したフェレットさん(ちょうど前回の通院の
時に、その手術後に私も居合わせてたん)も
血糖値が30~20前後だったけど、インスリ取ったら
今は120くらいで安定してるって言ってた。
そういう可能性にかけてみるか…なんだけど。
カムカムの場合、もうこればっかりは本当にやってみなくては
分からないし、手術したことで、余計に寿命を縮めてしまう
リスクもある。最悪、手術中にってことも可能性がゼロじゃないみたい。

明日か明後日またカムカムが落ち着いたら連れていくつもりなので
一度じっくり検討してくださいって。
今の近所の先生にも相談してみてくださいって。
いろんな意見を聞くのも参考になると思うよって。

私も正直迷ってます。
これ以上カムカムに負担をかけるのも可哀相とか。
でも少しの可能性にかけてみたい気もする。
もう来るところまで来てしまったから、このまま手術しないでも
手の施しようがないのであれば、リスクはあっても
生き延びれる少しの可能性に、一か八かかけてみようか…とも。
もうカムは十分すぎるくらい頑張ってくれたと思うんだ。
手術が成功して、血糖値が上がって発作が起こらない状態に
もってこれれば、カムを発作の苦しみから解放してあげれる。
でもダメだった場合、最悪な結果になってしまった場合を
考えると、やっぱり躊躇してしまう。
どっちが、カムカムの苦痛を少しでも減らせることができるんだろう。
もう少しじっくり考えてみます。

とりあえず、今から仮眠して蘭丸たちの夕方散歩に行って、
7時頃にカムカムのお迎えに行こうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/17(金) 22:32:07|
  2. 入院・手術

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。