小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

休息日

■■■07年8月16日 ブログより転載■■■


今日は、カムの病院がお休みだったので
面会に行けなかったので、ゆっくり休んでました。
病院から連絡はなかったので、落ち着いてるんだと思います。
腎臓の負担を覚悟して手術をしたので、
術後3日は何が起こってもおかしくないことを
覚悟しておいてって言われてたんだけど、
なんとかその3日は持ち堪えてくれました。
これでちょっと安心です。

面会の時も、だいぶん調子良さそうだったので
本当に安心してます。
明日、退院できるといいなぁ。
明日1日仕事です。朝の面会に行けなくて寂しいけど、
もし退院できたら、土日は一緒にいれるもんね。
いっぱいいっぱいナデナデしてあげるからねー!
いっぱいいっぱいギュってしてあげるからねー!
退院した日は、あたしの膝の上でオネンネしようねー!

正直週があけて、通常通り仕事が始まることへの
不安でいっぱいです。カムに無理させるような結果に
ならないだろうか?って。
でも頑張る。もちろん、カム以外の子達にも
迷惑が掛からないように、ちゃんといつも通りの生活を
送ってみせる。とにかく、私がバテないようにしなくちゃ…
母は強し…
その言葉の意味を実感した自分がいます。
本当にそうだわ…この子達の為なら、何を犠牲にしても
頑張れる自信がある。
絶対に弱音は吐かないで、頑張ってみせる!!

といいつつ、今ちょっと蘭丸が大変なことになってて、
それでも頭を悩ませてます。
元々、超ビビリ病の蘭丸ですが、最近本当に酷くなってしまって、
キャッチボールの音を聞いてしまった
トラウマからいつもの公園に行くと一種のパニック状態になり
かなり皆に心配されてます。
確かに、花火とか雷とかの音を怖がるワンは多いけど、
蘭丸の場合、本当に酷くて、我慢ができなくて
すぐにパニックになる。
ドッグセラピーに通うとか、色々試してみたいことはあるんだけど
こんな時期なので、蘭丸の件は完全にストップさせてるので
それも気になってる。
近所の散歩友達のおっちゃんが、私の疲労を見かねて
土日だけでも、蘭丸預かったろか?っておっしゃってくれてて。
本当にその気持ちだけで泣きそうになった。
今までのカムの看病しながら、ゲッソリしながら蘭丸の
散歩につきあってる姿とか、病院へ行ったりで時間ない中、
慌てて散歩してたりとか、最近いつも涙目で散歩してるのとか
毎日会ってるから、かなり心配してくださってるん。
蘭丸の一種のパニック病も、ある意味私が甘やかして
過保護にしてずっといつも一緒にいることにも
もしかして原因があるんかもしれんし、1回この機会に
試してちょっと離れてみたら、蘭丸も強くなるんちゃう?って。
今の状態で、蘭丸の世話だけでもなくなったら
ちょっとはラクになるんちゃう?って。

私は、反対に蘭丸に負担が掛かるんじゃないか?って方が
心配だし、(蘭丸の性格上、預かってもらって、人様に
迷惑を掛けるようなこともないと思うけど、蘭丸自身が
結構繊細だから、ストレスになると思う)
今回のカムカムの件は、蘭丸には全く関係ないことなのに
そのせいで、蘭丸に寂しい思いをさせるのも
可哀相だと思うので、う~ん…って思ってるんだけど、
もし限界になったら、お願いするかもしれない。
言っても、徒歩3分ほどのお宅なので、何かあっても
すぐに対応できるし、安心だから…。
とりあえず、今はいけるトコロまで一人で頑張るつもりだけど
本当に限界が来て、私が倒れてしまったら
元も子もないので、その時はお願いしようと思います。
ただ、そうやって私を心配して声を掛けてくださる
気持ちが本当に嬉しかったです。
散歩友達も、最近ずっと話を聞いてくれて
いっぱい励ましてくださるし、自分のことのように
一緒に心配してくださる。

確かに、散歩とか、体力的には結構負担が大きい部分もあるけど、
でも散歩に行って、いっぱいのワンや飼い主さん達と
遊んでる時は、すごく楽しいし、その時ばっかりは
心の底から笑えてる気がする。
だから、そういう時間を与えてくれてる蘭丸たちや
周りの散歩友達には本当に感謝してます。アリガト
スポンサーサイト
  1. 2007/08/18(土) 10:24:48|
  2. 入院・手術

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。