小さくて強くて、とても優しい君

我が家の長男、フェレット:カムカムの腎不全、肝機能障害、心臓肥大、副腎腫瘍、インスリノーマ闘病記。闘病記は終了しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

好調カムカム

■■■■07年1月17日 闘病記より転載■■■■

カム、相変わらず絶好調ですよ。
脱毛を見ていると、なんだか切なくなってくるけど。
それ以外はぜ~んぜん元気♪
とっても逞しい~!!

昨日の放牧中も、とってもパワフルでした。
でも、パワフルすぎて、私が見る限りでは
ちょっと攻撃的な気がせんでもない。
ポロンちゃんも、コナンくんも(あのコナンがよ!!)
カムさんを避ける避ける…
カムが近づいてくると一目散に逃げていく。
今まで、とっても上手に遊べる子だったので
(カムがね…絶対本気にはならないし、いかにもお兄ちゃんって
 カンジで一歩下がって見ているような優しいカンジだったのになぁ)
そのギャップにちょっとビビッテます。
やっぱり、何かあるんだよね…

で、皆がカムさんの相手してくれないもんだから、
私がカムとマンツーマンで遊んでます。最近ネ。
カム、前から言うように、私の手の平を噛んで
(噛み癖も全然なかったのにね、また最近ひどいの。
 昔に逆戻り…でもなんかそれはそれで、懐かしかったり)
お気に入りの場所まで引っ張っていってくれるので、
私はされるがまま、カムカムに引っ張られていってます。
でね、お気に入りの場所(だいたい、部屋の隅っこだね)
に到着すると、すごい勢いで噛んでたのをピタって止めて、
今度はペロペロしてくれるん。
もうその姿が可愛くて可愛くて。癒される。
私の中では「そかそか~。カム、ママのこと大好きだから
お気に入りの場所まで運んでくれるんだよね~♪
で、ずっとお気に入りの場所にいてね~」って意思表示なんだよね?
ってプラス思考で受け取るようにしてる。
だってね、私がそのお気に入りの場所にいると満足みたいなんだけど、
ちょっとでも離れる(元の位置に戻る)とすぐに飛んできて
また手を噛んで、必死に引っ張っていくのサ。
もう可愛くて可愛くて…
カムカムが満足してくれるのなら、ママはお気に入りの場所で
大人しくしてるよ~♪って、
無駄に部屋の端で何をするでもなく、ボーっとしてる
私がいたりなんかして…
ほんと、客観的に見たらキモイよ、私。
だって、部屋の隅でちぢこまってるんだよ(汗
でも、カムが満足なら私も満足さ~♪カムー大好き♪

脱毛はね、特に変わったところはナシかな~(って私は思う)
これ以上、酷くなるような雰囲気でもないし(まだ分からんけど)
こないだの病院行った時とたいして変わらんような状態かな。
食欲も変わらず、便も普通だし、特に見てるカンジでは
変わったことはないカンジ。
お薬は相変わらず四苦八苦してますけど…
まぁ問題なく飲んでくれてますワ。
  1. 2007/08/16(木) 11:26:46|
  2. 肝機能障害

カム☆絶好調

■■■07年1月4日 闘病記より転載■■■


カムカム、あの後も絶好調で
今年も無事に4匹揃ってお正月を迎えることができました。
本当に良かったよ!!良かったよ!!

結局、療法食には戻せてないのだけど、
普通のフードでモリモリ食べてくれてるし、
調子も良いので、引き続きこのまま様子見しますヨ!
うっきょ~♪

やっぱりステロイド効果?
すごい元気になってる!!ヤッピー♪
放牧中もずっと飛び跳ねてるし、
元気に走り回ってる。

やっぱり攻撃的なところは相変わらずだけどネ。
友達が来ていてさ、カムカムの尻尾見てて
(もう毛がなくて、地肌見えてるから)
なんか切ないね・・・って話してたんだけど、
それでも今は全然元気だからヨシとするよ。

このまま、順調に回復しますように♪
てか、取りあえず私も今のところ安心してるのですが。
検査の結果がどうなってるか…だね?
また薬が切れたら病院に行って調べなくては…だね。

今回もお正月挟むので、薬長めに出してもらえたのね(28日分)
でも、異常があればすぐに病院へ!!って
言われてたんだけど、特に異常もなくよかったです。

長期休みは、結構広島のお姉ちゃんの家に
行くことが多かったんだけど(あたしの実家みたいなもん)
今年は、カムカムもどうなるか分からなかったし
ホテルに預けるのも心配だし、一緒に連れて行っても
広島で何かあっても病院分からないし…
ってことで、広島行きは叶いませぬでした。
多分もう当分行けないんだろうけど
(前は日帰り広島出張の時に、仕事終わってお姉ちゃんに会って
 ってカンジだったけど、もう出張自体が無くなったし)
それでも、一生会えない訳じゃないし、まぁいいやって。
今は、この子達との時間を大切にすることが優先だね。

という訳で、今のところ皆問題なく
順調に過ごしているのであります♪
来年も4匹一緒に健康にお正月を迎えられるとイイナァ♪


  1. 2007/08/16(木) 00:47:59|
  2. 肝機能障害

超元気☆超元気

■■■06年12月20日 闘病記より転載■■■

カムタン、ここのところ本当に超元気。
本当にヨカッタよ♪

昨日の放牧中は、すごい長い時間遊んでたよ。
やっぱり調子良いみたい。

療法食の件は、この間の腎臓の検査の結果が
よかったから、当分様子みてみようと思います。
でも、前回購入した療法食、結局全然食べないで
放置なので、もう次食べさせるとしても
傷んでそうなので、その際はまた新しいの貰いに
病院に行かなきゃですね…。
前回貰った分は、もったいないけどもう使えないから
捨てなきゃだね…。セツナス…。
最初はすごい食いつき良かったから、大きな袋で買って
しまったけど、この状況を見たら、500g入りくらいの
袋をこまめに購入する方が良いよね…。
まぁ、食べてくれたらの話だけど。

最近、見ていて気になることがあるとしたら
(でも、一時期を思うと気になることが減ってきたので
 本当に良かった。前は気になることだらけだったもん)
放牧中に、攻撃的なことかな??
これ、前から言ってるんだけどネ…
病院でも毎回報告してるけど、今のところ原因不明…というか、
数値も戻ってきたし、とりあえず様子見なんだけど…。

他の子と、プロレスごっこしてても、
結構本気モードになってることが多くて。
カムカムにしたらとっても珍しいことなのね。
いつもは、おっとりさんで平和主義なお方だから。
うちのギャングのコナンくんに、しつこく嫌なことされたりすると
その時ばかりは、カムたんもブチ切れて
本気でやり返したりすることもあったけど、
それ以外は本当に、おっとりさんだったのに。
最近、見てるとカムカムからちょっかいばかりかけてる。
別に何もされてないのに、一人で尻尾膨らませて興奮してて
他の子に攻撃したり…
今まで、上手く遊べる子達だったのに、
コナンくんもポロンちゃんも、鳴き出したりするから
すぐに止めに入るんだけど…
ちょっとそれが気になるんだな…
ホルモンバランス崩れてるのかな。

尻尾の毛も、前から本当に徐々に少なくなってきててね
(これも、もうずっと病院には報告済。今のところは特に
 おかしいことはないけど、これから副腎腫瘍とかにも
 注意&覚悟はしとかなきゃって感じなのだけれども)
その毛の少ない尻尾を膨らませると、本当に尻尾の地肌(?)が
丸見えで、見てるとやっぱり切ない…。

う~ん。今のところ、検査の数値も落ち着いてるし、
あんだけてこずってた下痢も改善されたし、
まぁフードも食べてくれてるし、体重も1キロキープできてるし
とりあえずは安心なんだけど。

これからも、一つ一つの行動を注意して見ていこうと思います。

私は、正直言うとフェレットの病気関係に関しては
自分なりには勉強してるつもりだけど、
それでも全然知識不足も多いし、努力も全然足りてないんだけど…
皆すごく詳しく勉強されてたりで、私も頑張らなきゃって思うんだけど。
その分、「いつもと何か違う」っていう部分だけは
見逃さないで気付いてあげたいと思ってる。
病気を特定(予想?)するまでの力はなくても、
「いつもと違う」っていう部分に気が付けれることで
それが結局のところ、早期発見・早期治療に繋がると思うんだ。
だから、気になることができたらすぐに病院っていう
考えだけはいつも持つようにしてる。
私には、そのくらいのことしかできないけど、
でも自分ができる「そのくらい」のことは
絶対に頑張ろうと思います。なんだか支離滅裂な文章で申し訳ない。
  1. 2007/08/16(木) 00:46:29|
  2. 肝機能障害

順調です

■■■■06年12月11日 闘病記より転載■■■■


昨日も今日も、異常なしで普通でした。
最近この「普通」「いつも通り」っていうことに
本当に改めてしんみり感動してしまいます。

やっぱりね、普通が一番。
特に何も変わらず、いつもと同じっていうのが
本当にとても素敵なことなんだと改めて実感。

結局のところ人間てさ、
(おぉ、かなり大きなスケールでの話になりますヨ!!ついて来て!!)
「当たり前」ってことに慣れてしまうんだよね。

健康⇒当たり前、今日もいつもと変わらず普通に生活⇒当たり前

そして最近しみじみ感じたのは、「当たり前」っていうことに
慣れてしまうことが一番悲しいこと。

その「当たり前」が当たり前じゃなくなった時、
その価値・大切さ・貴重さに気付くものなんだと思うんだ。
病気をして改めて気付く健康の大切さ、失って初めて気付く大切さ。
その時は、改めて「当たり前」なんかじゃないって
気付くんだけど、怖いものでまた少しすると当たり前の感覚に戻ってしまう。

『うちの子達が当たり前のように側にいる』
そんな感覚になっていた私。
うちの子達がこうしてココにいてくれることが
とってもとっても貴重で素晴らしいものなんだって
存在そのものに本当に大きな価値があるんだって
そんなことをしみじみ思い知らされました。


私が昔、落ち込んでいた時に言われた言葉。 

「幸せの中にいる人は、その幸せに慣れすぎて
 幸せなことが当たり前になってしまって、
 小さな幸せに気付けないでいるんだよ」って。

「反対に辛く悲しい想いを沢山経験した人は、
 その小さな幸せをひとつひとつ幸せだなって感じて
 生きていけるんだよ」って。

「皆には当たり前になってしまって気付かない、
 その小さな幸せを、何度も何度も幸せだって実感して生きれたら、
 それ以上に幸せなことなんてないんじゃない?」って。

今回のこととは全然違うことで、貰った言葉なんだけど。
その言葉を意味を、改めて考えました。

私はこれからも、そんな小さな小さな幸せを
毎回幸せだと感じながら生きていきたいなぁと思います。

カムカムがこうして私の側にいてくれることが幸せ。
ポロンちゃんも、コナンくんも、蘭丸も、
ただいつもと変わらず、私の側にいてくれること。
それだけで私はこの上ない幸せ。

これからも、そうやって幸せを感じて生きていきたいな。
  1. 2007/08/16(木) 00:42:21|
  2. 肝機能障害

今日も順調

■■■■06年12月9日 闘病記より転載■■■■


カムカム今日も順調でした。
体重は1.05キロ。
フードも相変わらず、自分からモリモリ食べてます。
これで、私の方ももうボチボチ安心しても良いかな?
また急に何かあったら怖くて怖くて堪らないけど、
とりあえずは今の現状に素直に喜ぶことにします。

今日は、相方さんが来てました。
思い返せば、本当の本当のところは
初めは相方さんが、カムカムを飼うっていう話で
進んでたのね。(当初、カムカムお迎え時だから4年前?)
ずっと犬を飼ってやって、動物がやっぱり好きな子で
会社を転職して、急に一人暮らしになって
実家を出ないといけなくなったから、一人では寂しいから
動物飼いたいって言ってやって。
そこに、友達から「フェレット飼えない?」って
話が来て…、カムカムお迎えすることになったんだけど。

お迎えするまでの間に、私と相方さんとで
本とかネットとかで、フェレットに関する情報を
調べまくってね、色々勉強したりしてました。
で、元々は、相方さんが飼うっていう方向で進んでたたんだけど、
仕事変わったところで、生活環境にも慣れてないだろうし、
残業の有無もはっきり分からない状態だったので
2人で相談しあったところ、それなら
一人暮らしでも、仕事にも慣れてて残業もなくて、決まった時間に
帰れる私が飼う方がいいんじゃない?って話になって
カムカムは私が飼うことになったのです。

まぁ相方さんとは、その間に別れたりもして音信不通になってたりも
したんだけど(その時ね、本当に私が飼って良かったと思った。
別れる話出た時、相方さんはカムカムに会えなくなるが辛いって言ってたもん)
なんだかんだで、カムカムを飼った当初からある意味、飼い主的な
視点でずっとカムカムに接してきていたもので、
ここ最近のカムカムの調子悪い姿とかを私と同じ感覚で感じてるんだけど。

やっぱり昔の元気な時に比べたら、細くなってガリガリで骨も出てて
びっくりするくらい年老いたよね…って話をしてたのよ。

でも、この時点ではカムカムも大分調子よくなってきてたから
体はちょっと心配だけど、元気だから安心したってw

昨日も放牧時間1時間半くらい起きて遊んでた。
すごい元気になったよ!!
クククク言ってたしね、飛び跳ねたりとかもしてた。
コナンくんや、ポロンちゃんともプロレスごっこしてたし。

ただ、最近ひとつ気になることがあるのね…。
怖いくらいに噛む!!
やっぱり具合悪いのかな…。
カムちゃんは、昔はそれはそれは大変なカミカミマシーンでしたが
噛み癖直ってからは本当に全く噛まない子になったのに
ここ最近すごい本気噛み。
しかも、アタシの手をずっと狙ってて、ちょっと隙ができると
噛んでくる。私も振り払ったりしないから(どのくらい噛むのかな?って
気になるから)
そのままずっと噛んでて、1回噛んだら離さないぞ!!みたいな。
そのまま自分のお気に入りのおもちゃを隠す場所まで
あたしを引っ張っていこうとするんよ。
↑この行動、今までもたまにあったのね。
 元気な時だったから、「そかそか、カムちゃん、ママのことも
気に入ってくれて、お気に入りの場所に運ぼうとしてくれてるのか??」
って親バカ前回で、素直にニヤニヤしてたけど…

ちょっと今これをされると、「何かを訴えてるんじゃないか?」とか
「体調子悪いんじゃないか?」ってすごく不安になる。
体調悪いと、攻撃的になったりすることが今までにも
チョコチョコあったから…。

私の手が噛まれるのは全然構わないんだけど、
カムカムの体調の方が心配で…。
今のところ順調そうなので、安心してるんだけどなぁ。
  1. 2007/08/16(木) 00:41:36|
  2. 肝機能障害
前のページ 次のページ

プロフィール

りー

Author:りー
管理人★りーちゃん

1柴+1チワワん+3フェレットと絶賛
一人暮らし満喫中♪
詳しいプロフは本館HPをご覧下さい。

カムカム★NSLフェレット
今まで小さい体で、色んな病気と一生懸命闘っていたカムカムは、
2008年11月21日、
6歳と6ヶ月+16日で
旅立っていきました。

カム、また逢おうね。
また逢えるから。
また家族みんなで逢えるから。
その時まで、少しの間だけお別れだよ。

カムカム、愛してる。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

気が向いたらポチっとお願いします♪ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。